ブラッククローバー

【ブラッククローバー】ランギルス・ヴォードとは?金色の夜明け団の副団長である攻撃的な空間魔法の使い手

ブラッククローバーのランギルス・ヴォードを解説します。

ランギルス・ヴォードの概要

金色の夜明け団の副団長を勤め、空間魔法で敵を削り取る

クローバー王国の魔法騎士の金色の夜明け団で副団長であり、黒の暴牛の一員であるフィンラル・ルーラケイスとは異母弟の関係にあります。

フィンラルの母が亡くなった後に後妻になった母と共にヴォード家に入り、魔法の才能もフィンラルよりも高かったため、ヴォード家の次期当主ともてはやされながら育ちます。

そのため自分の才能や実力を鼻にかけて他者を見下すような性格になってしまい、それとは対照的に温厚さと優しさで周囲の者から人望を集めるフィンラルに対して、コンプレックスと嫉妬が日々募っていき、次第に憎むようにもなってしまいました。

これにはランギルス自身も自分の性格や態度のせいであることを自覚しているようにも感じられるのですが、そんなときに将来ヴォード家の当主の婚約者となるフィーネスとフィンラルが会話をしているところを聞いてしまい、そのときにフィーネスはフィンラルの方を好意的に想っているを知ってしまい、よりコンプレックスと嫉妬が強くなってしまうのでした。

しかし白夜の魔眼との騒動が終わった後に、フィンラルに対してフィーネスを譲るつもりはないといった宣戦布告をされた後に、過剰なまでの女好きの性格を治すようにと指摘をするなど軽口を言い合える程の仲にはなりました。

ランギルス・ヴォードのプロフィール

年齢 20歳
生年月日 9月27日
血液型 O型
出身地 トータ
身長 166cm
等級 一等上級魔法騎士(副団長)
所属 金色の夜明け
好きな物 皮肉、チェリータルト
声優 石川界人

ファンブックでは他の貴族のキャラの出身地は皆王貴界と書かれている中、出身地はトータと記されており、おそらくは王貴界の街であると思われますが詳細は不明です。

ランギルス・ヴォードの魔法

空間魔法は本来、人や物を移動させるワープトンネルを作る魔法であるのですが、ランギルスの一族であるヴォード家は空間をまるごと削り取ってしまう攻撃魔法として使っています。

そして高い威力と攻撃範囲に街を壊してしまうこともあるのですが、本人はあまり気にする素振りはありません。

そして国民が人質に取られてしまっている際にも、見捨てて敵ごと攻撃しようとする一面もあります。

自動追尾の玉としても飛ばせる

基本的な攻撃は手を振りかざすだけでその方向の空間を削りとる攻撃をしますが、この”大天使の撃墜”による自動追尾をする玉には触れるだけで身体は削り取られてしまい、全身を穴だらけにされてしまった者もいます。

属性の相性や防御魔法を無視した強力な攻撃魔法であり、アスタの反魔法での無効化や、罠魔法による魔法の反射、そして空間魔法同士による相殺と対策する方法は限られたものとなります。

ランギルス・ヴォードの生い立ち

ヴォード家に婿養子として入る

フィンラルの母が亡くなった後に後妻になった母と共にヴォード家に入り、魔法の才能もフィンラルよりも高かったため、ヴォード家の次期当主ともてはやされながら育ちます。

そのため自分は全てにおいて兄に勝っていると思い、自分の才能や実力を鼻にかけて他者を見下すような性格になってしまます。

そしてそういった日頃の振る舞いから従者達からも評判が悪く、誰にでも優しく接するフィンラルに対して嫉妬や憎しみを募らせてしまうのでした。

婚約者としてフィーネスを紹介される

婚約者として国王が大叔父となるフィーネスを紹介されるも、ランギルスは病弱でつまらなそうと思ってしまいます。

そしてある日、フィンラルとフィーネスが会話をしているのを聞いてしまい、フィンラルは自分より優秀な弟が家を継いで幸せにしてもらえるというも、それを否定しフィンラルの方が優しい魔法騎士であるといったことを聞いてしまい、ランギルスはのコンプレックスや嫉妬はより深いものになってしまうのでした。

ユノに金色の団長になると宣言される

クローバー王国の国境付近にあるキテンの街がダイヤモンド王国に責められた時に、金色の夜明け団はすぐに駆けつけ瞬く間に敵を撃退しました。

そのときにアスタ達黒の暴牛も数人応援にいき、そのときに久々に兄であるフィンラルと再開をします。

その際にフィンラルからは個人ではランギルスに勝てなかったとしても、黒の暴牛は金色の夜明けを超えると宣言をされます。

その後にアスタと親しく話すユノを見て魔法帝を目指しているライバル関係絵あることをバカにするも、まずは金色の団長になると言い返されるのでした。

試合中にフィンラルを手にかけようとする

ロイヤルナイト選抜試験の2回戦いにて、ランギルスとフィンラルのチームによる兄弟対決となりますが、試合中に突然ランギルスの体からおぞましい魔力が出てきてフィンラルに重傷を与えます。

しかし試合が終わったにもかかわらず、ランギルスは攻撃をやめずにフィンラルのことを消そうとするのでした。

しかしその瞬間に同じく試験に参加していた黒の暴牛達は瞬時に二人の間に割って入り、ランギルスを止めます。

そして黒の暴牛達の態度に腹を立て、アスタのことを特に気に食わないでいたランギルスはそのままアスタ達のチームとの試合を始めるのでした。

戦いは引き分けに終わる

両者の激しい攻防の中、試合はアスタ達の勝利で終わったと思いましたが両者のクリスタルの破壊のタイミングは同時であったため、引き分けとなりどちらも敗退となってしまいます。

そしてランギルスは「勝ったものが正しいと言っていたのだから、下民に勝てなかったのならばもう誰も副団長とは認めない」と言われてしまいます。

一方で力を使い果たして倒れてしまいそうになったアスタの元には、戦いを見ていた魔法騎士達はみんな彼の元に駆けつけてアスタを支えます。

さらに「魔法騎士の仲間として一緒に戦おう」と皆の心を一つにするのでした。

エルフに魂を乗っ取られてしまう

白夜の魔眼の頭首であるリヒト(パトリ)の発動させた禁呪の転生魔法によって、ランギルスの身体にパトリの従兄弟であるラトリというエルフ族の魂が入り、国王の命を狙って動き出します。

そしてフィンラルはランギルスが誰かを殺してしまうことを阻止するために、兄として戦います。

戦いはヤミ団長と、翠緑の蟷螂団のジャック団長の二人の助けもあり暴走状態となったランギルスをフィンラルは無事に止めることができたのでした。

フィンラルとの溝は次第に減っていく

白夜の魔眼の騒動も終わり、フィンラルはケガのお見舞いにきてくれたました。

そのときランギルスはいままでのことを申し訳なく思うも、完全に認めることができない様子を見て、フィンラルはヴォード家を継いでフィーネスを幸せにするのは自分だと宣言します。

しかしフィンラルの重度な女好きである悪癖を知っているランギルスは、そのことを指摘し直さないのならば自分がフィーネスをもらうと、お互いに恋のライバル関係にもなるのでした。

金色の副団長を辞めようとする

アスタ達がハート王国で修行を行ったいた半年間の間に、金色の夜明けからも脱退しようとしました。

こちらのエピソードはアニメ版の154話にてその過程が描かれており、ユノが一等上級魔法騎士に昇進したことで、金色の夜明けの副団長に相応しいのかはどちらかハッキリさせるために、なんと「負けた方は団を辞める」と言う条件で決闘を申し込むのでした。

そして戦いはとても激しかったのですが、ランギルスは初めから勝つつもりがなかったことをユノに見抜かれ、ウィリアム団長からも除名はされずに自分を見つめ直す旅に出たのでした。

その後金色の夜明け団のアジトがスペード王国の襲撃に会い、攫われてしまったウィリアム団長を取り戻すために修行するユノを手伝います。

ユノと共にゼノンと戦う

スペード王国に攻め込み、囚われたヤミとウィリアム団長を取り戻す精鋭部隊としてユノと一緒に金色の夜明けのアジトを襲ったゼノンと戦います。

ゼノンは自信の骨魔法に加えて、空間魔法の悪魔の力で領域の絶対支配を行ってくるのですが、魔力の差が大きすぎてランギルスは空間魔法の相殺ができないと苦戦を強いられてしまっております。

ランギルス・ヴォードと親しい人

フィンラル・ルーラケイス

母親が違うため血のつながりはありませんが、ランギルスの兄にあたります。

そして暴力を嫌う優しい性格の持ち主なのですが、両親はそれを軟弱者といい優秀な弟ばかりが両親から可愛がられてしまいます。

ヴォード家を継ぐのもランギルスだとほぼ決まっていることなどもあり、家を出て亡くなった母の旧姓であるルーラケイスを名乗り現実逃避のさながらナンパに明け暮れるのでした。

その後ヤミ団長から空間魔法は便利だからという理由で黒の暴牛にスカウトされて、日々運び屋としてコキ使われるのでした。

しかし一方でランギルスは金色の夜明けの副団長にまで上り詰めているため、やはり両親からは比較されてしまい、家を継ぐのはランギルスだと決められてしまうもフィーネスのためにも自分の実力を両親に認めさせると奮起するのでした。

そしてアスタの頑張る姿を見て、自分が最強になるのではなく、常に戦況を見極めて仲間達を最強にするサポート役となる戦い方を身につけます。

フィーネス・キーラ

ヴォード家の許嫁としてやってきます。現国王が大叔父に当たるため強力な魔力を持っていると思われますが、魔法属性などは不明です。

本人は病弱でありあまり動くこともできないこともあり、ランギルスは第一印象でつまらなそうな人とも思っていました。

そして自分よりもフィンラルの方に気があることも、ランギルスの嫉妬やコンプレックスを増長させる原因になってしまいます。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)