ブラッククローバー

【ブラッククローバー】ノゼル・シルヴァとは?銀翼の大鷲団の団長である水銀魔法の使い手。

ブラッククローバーのノゼル・シルヴァを解説します。

ノゼル・シルヴァの概要

クローバー王国3大王族シルヴァ家の長男にして銀翼の大鷲団の団長を勤める

王族シルヴァ家の長男であり魔法騎士団「銀翼の大鷲」の団長を務めています。

国民達からはとても慕われておりクローバー王国の男女どちらからもイケメンであると認められていますが、前髪を編んだ先に十字架を付けるという特徴的な髪型はヤミ団長からはたびたびいじられるネタにされてしまっています。

王族ならではのプライドがとても高く、自他共にに厳しくも王族の中ではでは珍しい「上に立つ者には国と民を守る責任がある」と言う価値観もあります。

そして身分に関係なく実力や実績を認める公正さも持ち合わせており、主人公のアスタに対して初めは魔力の無い虫けら呼ばわりするものの、戦場での活躍を目にする機会が多く次第に「大事な戦力」と認めていきました。

また同じく王族であるフエゴレオン・ヴァーミリオンとは、魔法帝の座をかけて競い合うライバル関係を幼い頃から築いています。

ノゼル・シルヴァのプロフィール

年齢29歳
生年月日12月30日
血液型B型
出身地王貴界
身長177cm
等級大魔法騎士(団長)
所属銀翼の大鷲
好きな物鴨のロースト、秩序
声優鳥海浩輔

ノゼル・シルヴァの魔法

水銀魔法には鋼の剛と水の柔の二つの特性を持つ特殊な魔法です。

ノゼル団長は王族の中でもさらに高い魔力を持ち、それを精密な操作によってあやつる水銀魔法は、攻防一体の変幻自在でありどのような敵にも対応し必ず戦果を上げることから、一騎当千な万能の魔法と呼ばれています。

銀の雨が基本的な攻撃魔法ですが、ただの玉を飛ばすだけでなく、複数の剣やヤリと盾を同時に操る、敵を水銀で固めて拘束するといったことも可能です。

止血もできる

敵の攻撃によって身体を貫かれたときに、水銀で傷口を塞ぎ戦いに復帰するということをやりました。

このとき自分の体内に水銀を入れていたわけですが、身体への悪影響が何故無かったのかについての説明は特にありませんでした。

の生い立ち

母アシエが悪魔に殺されてしまう。

末妹のノエルが産まれた頃にスペード王国からヴァニカが悪魔メギキュラの力を試すためにクローバー王国最強と噂されるノゼル達の母のアシエを襲撃してきて、戦いの中でノゼルとノエルは人質に取られてしまいます。

アシエの渾身の力でヴァニカを撃退することはできたものの、このときにアシエはメギキュラから呪いを受けてしまい、残り1年ほどの命となってしまうのでした。

さらにノゼルとノエルもメギキュラに関することを誰かに話すことで、死んでしまう呪いをかけられてしまうのでした。

事実を知らない周囲の人々は皆、ノエルの出産によって身体が弱ってしまったことで死んでしまったと思っており、さらにノエルはいつまでも魔力のコントロールができないことからも母を殺したできそこないという扱いを受けてしまい、ノゼルは一人で事実を伝えることができずに日々葛藤をしていくことになってしまうのでした。

団長として活躍をする

メギキュラを倒すことと家族を守り抜くことを誓い日々実力を磨いていきました。

そのときに同じく王族であるフエゴレオン・ヴァーミリオンとはライバル関係になり、魔力は互角でも自分の水銀魔法とは相性の悪い炎魔法を使う彼は実力を高め会うのに打って付けな相手でした。

そして白夜の魔眼が王都を襲撃した際に、敵の罠によって片腕を失い昏睡状態になってしまったフエゴレオン団長をみて、弟のソリドがフエゴレオンや紅蓮の獅子王団を馬鹿にした発言をした際には「魔法騎士は勝たなければ存在する意味は無い。しかし戦いの場にいなかった我々はそれ以下だ。」と厳しく咎めました。

さらにフエゴレオンをこのような目に合わせた相手の仇も必ず取ると誓いました。

ロイヤルナイトに参加する

白夜の魔眼のアジトに攻め込む精鋭部隊であるロイヤルナイトの部隊にも加わりました。

このときのノゼル団長はフエゴレオンの敵を取れるまたと無い機会であったため、銀翼の大鷲の団員達も見たことのないような本気の攻め込みに驚いていました。

ノエルの成長を認め謝る

ノエルのことは妹であるだけでなく、母親に似ているノエルに傷ついて欲しくない、また魔力のコントロールが上達する見込みもないと思っていたことから、戦場から遠ざけるようにしており、さらにノエルへのあたりもキツイ態度になってしまっていました。

しかしロイヤルナイトに選ばれたことや戦場での活躍を目にして、妹の成長と実力を認めて
王族として人々を一緒に守るために戦うように指示をしました。

そして今までの考えやノエルにしてきた態度を兄妹達の前で謝るのでした。

スペード王国に乗り込み母の仇をうつ

スペード王国に囚われたヤミとヴァンジャンス団長を取り戻すための精鋭部隊として、スペード王国に乗り込みます。

そしてノエルとメギキュラの戦いの場に辿り着き、ノエルがメギキュラの攻撃にやられそうなった瞬間にノゼル団長は戦闘に乱入します。

宿敵であるメギキュラとの戦いができる事を、ここまで戦っていてくれた仲間全員に感謝して猛攻撃をしていきます。

しかし冥域ではないノゼル団長の水銀魔法では最上位悪魔のメギキュラを心臓だけの状態にするのが限界であり、トドメを刺すことができませんでした。

しかしわずかに残った聖域の力を振り絞り作り出したノエルの剣によってメギキュラを倒すことができ、戦いから遠ざけるよりも共に強くならねばならなかったことを実感しながらシルヴァ家の長い因縁を終わらせたのでした。

ノゼル・シルヴァの血縁者や親しい人

ネブラ・シルヴァ

シルヴァ家の長女であり、銀翼の大鷲団に所属してます。

霧魔法による幻で自分の分身を複数作り出して、相手を撹乱している隙に攻撃をするという戦闘方法を得意としています。

ノエルに対してはバカにしている発言を多くしているけれども、直接手を出すことはしていないようです。

またエルフの襲撃に遭い動けなくなっていたところをノエルに助けられた際には、「いつのまにかすごい魔法を覚えた。」と実力を認めており、足手纏いにならないように負傷した弟を連れて撤退しようとしました。

ソリド・シルヴァ

シルヴァ家の次男あり、銀翼の大鷲団に所属してます。
任務では兄妹3人で行動することが多いと考えられます。

高い魔力で水魔法による力押しを得意としています。基本的に魔力で水の蛇を作り出しそれで攻撃をするという場面しかないため、防御や補助魔法が使えるかは不明です。

王族故に高い魔力を持つことから誰にでも高圧的な態度をとり、特に妹のノエルには日々バカにしながら暴力を振ることで一番辛辣に当たってことで恐れられていました。

しかし、ネブラ同様に実力は日々上がってはいるもののスペード王国の悪魔相手には到底通用しないと判断されてしまいクローバー王国の防衛にあたっております。

ドロシー・アンズワース

珊瑚の孔雀団の団長ですが、普段はずっと眠りながら行動をしており団のほとんどは副団長のキルシュに任せていると言われています。

そして彼女の使う夢魔法”グラマーワールド”は本人のイメージした通りの出来事が起きる現実とは隔絶された世界を作り出すというすごい魔法を使います。

この世界の中でならばメギキュラの事を他言しても呪いは発動しないため、ノゼル団長はここでドロシー団長にメギキュラや呪いの事を話を聞いたことをノエルに伝えました。

そしてこのときにノゼルは妹のことをとても愛しているということを察し、夢魔法によって作られたイメージのノゼル団長は、ノエルのことをとてもかわいながらスキンシップをとるといった普段は絶対にしないであろう言動をとっていました。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)