ブラッククローバー

【ブラッククローバー】ウィリアム・ヴァンジャンスとは?世界樹魔法を使う金色の夜明け団の団長であり、もう一つの姿を持つ。

ブラッククローバーのウィリアム・ヴァンジャンスを解説します。

ウィリアム・ヴァンジャンスの概要

クローバー王国最強と呼ばれるの魔法騎士団、金色の夜明けの団長である世界樹魔法の魔法騎士

クローバー王国最強の魔法騎士団と呼ばれる金色の夜明け団の創設者であります。

金色の夜明けに入団した団員のほとんどが才能をどんどん開花させていくようになり、圧倒的なスピードで最強の団と呼ばれるようになり、魔法騎士団の功績ランキングでは毎回1位を取っています。

また常に仮面で素顔を隠しており、アスタからは「変な仮面のボスの団」などと言われたこともありますが、本人の人格と強さから国民や団員達からの信頼はとても厚く、中には心酔する者もいます。

そして彼には金色の夜明けの団長意外にも、もう一つの顔があるのでした。

ウィリアム・ヴァンジャンスのプロフィール

年齢 26歳
生年月日 12月24日
血液型 O型
出身地 王貴界
身長 172cm
等級 大魔法騎士(団長)
好きな物 小鳥
声優 小野大輔(幼少期:小若和郁那)

ウィリアム・ヴァンジャンスの魔法

ウィリアムは世界樹魔法の使い手であり、街一つを埋め尽くすほど巨大な樹を生み出す魔法を使います。
無数の蔦を操り敵の動きを封じるだけでなく、民の救助や避難も同時に行うことが可能です。

また、攻撃対象となった者は足がこの樹に触れているだけでも魔力がどんどん吸い尽くされてしまう効果もあり、魔法の発動ができてしまえば勝ちとも言えるほどに強力です。

攻撃や回復と多種多様な魔法を使える

敵に魔力を吸い取るタネを投げつけて樹の糧にしたり、近くにいるものを回復させる樹をはやすといった魔法を使うこともできます。

ウィリアム・ヴァンジャンスの生い立ち

貴族に産まれるも、呪いによって顔に痣を持つ

貴族の生まれではあるものの顔のある痣を気味悪がられてしまい、恵外界で暮らしていたけれども8才のときに跡取りのいない貴族に引き取られます。

しかし顔の痣を気味悪がられそこでも虐待を受ける日々を過ごしていました。

なお、この顔の痣はウィリアムの母が悪魔よって一族にかけられてしまった呪いによるものと言われています。

ユリウスから魔法騎士団にスカウトされる

そんなときにまだ灰色の幻鹿団に所属していたユリウスに出会い、ウィリアムの優しい性格を見込まれて魔法騎士団にスカウトされます。

しかしウィリアムは自分の顔を見て嫌がる人がいるのではないか?と気にするウィリアムに、ユリウスは手作りの仮面をプレゼントするのでした。

そしてウィリアムはこの人のためにグリモワールを捧げて恩返しをすることを心に決めるのでした。

任務中にヤミに出会う

後にヤミ・スケヒロもユリウスによって同じく魔法騎士団にスカウトされており、お互いに任務の中で出会い、その後も度々共闘するようになりました。

そしてお互いにライバル関係ともなり、どちらが先に魔法騎士団の団長になるかを競いあうのでした。

その後魔法騎士団の裏切り者の調査を二人で遂行したときの実績によって、二人は同時に団長へと昇格をしそれぞれ金色の夜明けと黒の暴牛を立ち上げるのでした。

そして実はウィリアムにはもう一つの隠された顔があり・・・

エルフ族の少年パトリの魂が身体に入っていた

500年前の初代魔法帝であるルミエルとエルフ族は秘密の交流をしておりましたが、悪魔ザグレドの陰謀によって人間の王族達に虐殺されてしまいました。

そのときにエルフ達の魂は人間にとても強い恨みを抱えながら現世を500年以上もさまよい続けていたのです。

そしてそのエルフの少年であるパトリの魂がウィリアムの身体の中に入っており、一つの身体を二つの魂で共有してるのでした。

16歳になる頃には互いに意思疎通と身体の切り替えが可能になっていき、パトリの魂が表に出ている時は、顔にある痣は消えて自分が憧れていたエルフの長リヒトを同じ顔になり、人間達に復習をして滅ぼすために「白夜の魔眼の党首・リヒト」を名乗るのでした。

ヤミからもリヒト=ウィリアムと疑われる

ウィリアムは王都が襲撃された際も不在だったり、一度リヒト(パトリ)と戦ったときに感じた事からヤミは、ウィリアムはリヒトを同一人物ではないかと疑いを持ちます。

しかし仮面を外した時の顔の痣が魔力による細工ではないことと、本人の氣(き)が似ているが嘘をついてる様子は無いという理由で、疑ったことを申し訳なく思うのでした。

魔法帝ユリウスを手にかける

リヒト(パトリ)は計画の実現のためにユリウスの持つ魔石を狙って、ウィリアムとして近づいたあとに正体をあらわしました。

二人の戦いはとてもはげしく、パトリは国民全員を同時に狙った大規模な攻撃を放ちそれを止めるために動いたユリウスの隙をついて、ついに恩人であるユリウスを手にかけてしまうのでした。

ウィリアムの魂は眠りにつく

ユリウスから奪った魔石によって、パトリはさまようエルフ達の魂を強制的に人間の身体に乗っ取らせる禁断の転生魔法を発動させます。

この転生魔法によってウィリアムの魂も身体の奥深くへと眠りにつき、身体は完全にパトリのものとなります。

さらにクローバー王国の半分ほどの魔法騎士達はエルフ達に身体と魂を乗っ取られてしまい、現代の人間達に襲いかかるのでした。

そして人工的に作った身体に本物のリヒトの魂を定着させて復活もさせるのでした。

しかしこの転生魔法は邪念や恨みを増幅させるものであり、エルフ達の魂は苦しみながら暴走してしまうものだったのです。

ダークエルフになってしまう

500年前の人間によるエルフ族の虐殺も、今回の転生魔法の騒動も全て悪魔ザグレドによる計画であり、全員利用されていただけの事実を悪魔から聞かされたパトリは深い絶望によってダークエルフに変わってしまいました。

しかしアスタのおかげで正気を取り戻すことができ、真の敵を倒すためにアスタ達と強力をすることになります。

パトリの魂は成仏しようとする

全ては500年前から悪魔ザグレドによってエルフ達が人間達を恨むように仕組まれていたという真実を、まだ復習に囚われて人間を襲い続けている全てのエルフ達に知らせるためにはウィアムの世界樹魔法と、リヒトの持つ宿魔の剣の力が必要でした。

そのためにパトリは身体をウィリアムに返すために一足先にアスタの滅魔の剣で転生魔法を解除してもらうのでした。

そしてウィリアムの魂は再び目覚めて、生き返ったリヒトと二人で合体魔法”霊光樹”を発動させてエルフ達全員の魂に真実を伝えることができ、アスタの滅魔の剣の力で全ての転生魔法を解除するのでした。

パトリだけ蘇らせられる

白夜の魔眼の一員は全員、転生魔法を発動させる時の生贄として集められて利用されていたのですが、死霊魔法の使い手であるラデスは死の直前に、魂を呼び戻す蘇生魔法に目覚めて復活をしていました。

そして自分と近くにいた仲間を生き返らせるときに使った魔法をパトリの魂にも使い、抜け殻となったリヒトの身体に無理やり呼び戻すのでした。

ラデス本人も王都の中に大量のゾンビを放ち街や人を傷つけるといったことをしてきた悪人なのですが、自分が利用されていたことが許せなかったという逆恨みから償いをしながら生きろと思ったのでした。

こうしてウィリアムとパトリの魂はそれぞれ別の身体でそれぞれの人生を歩むのでした。

再び魔法騎士団長として戦う決意をする

ユリウスを裏切り手にかけてしまいましたが、なんと奇跡の復活をしていることにとても驚きました。

ウィリアムは謝罪をしたくても言葉の出なくそれに対してユリウスは、魔法騎士団に誘ったこと、団長に任命したこと、そして戦いに負けてしまった責任は自分にもあると言い、ウィリアムが再び魔法騎士でいることを赦すのでした。

そしてウィリアムは今度こそ王国と魔法帝のために戦い生きると誓うのでした。

ちなみにこの後、王国の復興には大量の資金が必要になるため、全ての団長達だけはしばらくの期間は給料が半減されることになることがアニメで明らかになりました。

スペード王国に囚われてしまう

スペード王国は冥府の門を開くカギの一つとして、世界樹魔法のウィリアム団長を狙い金色の夜明けのアジトを襲撃します。

ウィリアム団長は団員達を護りながら戦うも敗れてしまい、その結果この戦いによって金色の夜明けの団員達の半分は命を落としてしまい、ウィリアム団長も連れ攫われてしまうのでした。

パトリはエルフの隠れ里に移住する

現世に残ったパトリ達数名のエルフは秘境エリュシアに移り住み、守り神ドリアーデの神託により、ハート王国での戦いに敗れたノエル達を救助するのでした。

そして悪魔に勝つための究極魔法を覚えるための修行をつけてくれるのでした。

ウィリアム・ヴァンジャンスと親しい人

金色の夜明けの団員達

最強の騎士団を作り王国のために戦うことこそが、魔法騎士団に誘ってくれたユリウスに対する恩返しだと思っていたウィリアムは、魔力の高い貴族のなかでもよりすぐりのエリートを集めて金色の夜明けを作り上げました。

そして団員達のことは転生魔法によるエルフの魂の器として利用してしまったけれども、それでも全員がウィリアム団長に対する信頼や想いを変えずに、国を護るために戦うのでした。

パトリと親しい人

エルフ族のみんな

エルフの長であるリヒトは誰にでも優しく接してみんなから愛されておりました。そしてまだ少年であったパトリはリヒトに対して強い憧れを持ち、いつもリヒトのそばにくっついていました。

そして500年後、ウィリアムの身体に転生したあとは禁術の転生魔法によってライア、ファナ、ヴェットの3人の魂を呼び戻し白夜の魔眼として活動をするのでした。

また転生によってリヒトと同じ顔になったパトリを見た仲間の一人は、「ついに顔までリヒトと同じにしたのか」と言われることがありました。