ブラッククローバー

【ブラッククローバー】ヤミ・スケヒロとは?日ノ国からクローバー王国へ漂着して、黒の暴牛の団長にまでなった男

ブラッククローバーのヤミ・スケヒロを解説します。

ヤミ・スケヒロの概要

クローバー王国の魔法騎士団、黒の暴牛の団長である闇魔法の魔法騎士

黒の暴牛の団長としてとても高い戦闘力を持ち、団員達からも団長、ヤミさんと慕われています。

そして強敵との戦いや日々のやりとりでも「今ここで限界を超えろ」と団員達に発破をかけることも多いが、本人も限界を超えて新魔法を覚えて逆転の道を切り開いたりと口だけでは無く行動で強さを示してくれます。

ヤミ・スケヒロのプロフィール

年齢 28歳
生年月日 9月17日
血液型 O型
出身地 日ノ国
身長 183cm
等級 大魔法騎士(団長)
所属 黒の暴牛
好きな物 タバコ、威圧、面白いヤツ
声優 諏訪部順一

ヤミ・スケヒロの魔法

名前通りの闇魔法の使い手であるが、闇魔法にはスピードが無いため闇の魔力を刀に纏わせながらさらに魔力で筋力と身体能力を強化しながら戦う、魔法剣士の戦闘スタイルを得意とします。

氣(き)の感知

「氣(き)の感知」の技術によって戦いでは相手の動きを読みながら動くことが可能で、自然物の氣にも敏感になることで不意な落石などに当たることがありません。

さらに普段の生活の中でも相手の考えをなんとなく読み取ったり、相手がどこに隠れて居るかも察知できるます。

なお戦いでは相手の考えを読み取るのが得意ですが、ギャンブルの時は氣の感知使っていないのかよく負けてしまっている様です。

また、青の野薔薇団の団長シャーロットからはとても強く好意を向けられているのですが、そちらに関しても疎い様子です。

闇纏・次元斬り

海底神殿の戦いにて、倒したと思った敵が突如自爆をしようとして団員達が窮地に陥った時に、ヤミ団長は限界を超えたことで次元ごと切り裂いてしまう新魔法を編み出すのでした。

後にマナゾーン”闇纏・次元斬り”彼岸へとパワーアップし、悪魔ザグレドとの戦いで勝利のカギの一つになりました。

マナゾーン

ヤミ団長は元からマナゾーンを使うことができていましたが、スペード王国との戦いに備えて半年の修行をしていたことで、さらに技術を発展させる事に成功しました。

この黒月は自分の周りにいる者の魔法をかき消しながら、さらにマナゾーンによる特性で魔力を足場にしながら空中を自在に動き、そこに氣(き)の感知を加えることでまるで未来予知のように相手の動きを読む事も可能になります。

冥域の魔導士であった

闇魔法は悪魔の世界である冥府に干渉することができる冥域の魔法であるため、アスタの反(アンチ)魔法以外の悪魔を倒すことができる力となります。

しかしこの冥域の力を狙っていたスペード王国の敵に、囚われてしまうのでした。

ヤミ・スケヒロの生い立ち

クローバー王国に漂着する

日ノ国で生まれ小さい時から漁にでていましたが、ある日船が難破してしまったことでクローバー王国に漂着してしまいます。

そして見知らぬ土地でしばらくの間、一団のボスとしての生活を続けていたのでした。

ユリウス・ノヴァクロノに出会い魔法騎士団に入る
ならず者の様な生活を続けていたある日、まだ灰色の幻鹿団の団長であったユリウスに出会い、魔法騎士団にスカウトされました。

ヤミは初めはめんどくさいからと嫌がるも、ごはんを奢ってくれるからという理由であっさり承諾し入団をしました。

そして任務の途中で同じく灰色の幻鹿の一員であるウィリアム・ヴァンジャンスと出会い、たまに一緒に任務をしていくうちにお互いをライバルとして認めて、どっちが先に騎士団の団長になるのかを競い合っていたのでした。

黒の暴牛の団長になる

初めは異邦人という理由で周りからが煙たがれていたものの、任務を通して実績を積み重ねていくうちに周りか次第に強さや人柄を認められて行きました。

そして魔法騎士団の中にいた裏切り者の調査の任務を経て、ついに団長にまで上り詰めることができ、黒の暴牛を立ち上げたのでした。

なおこの時はウィリアムも同時に団長へと昇格し、金色の夜明け団を作りました。

よって、どっちが先に魔法騎士団団長になるかの勝負は引き分けとなります。

スペード王国へ攫われてしまう

スペード王国は冥府の門を開き、世界中に悪魔を解き放つことで人類を滅ぼそうとしています。

そしてその冥府の門を開く鍵の一つがヤミ団長の闇魔法であり、スペード王国からの刺客であるダンテはヤミ団長を狙って黒の暴牛のアジトを襲撃しました。
その時はアスタと二人で限界を超えたコンビネーションでダンテを倒すことができました。

しかし戦いが終わったと安心した瞬間に同時刻に金色の夜明け団を襲ったもう一人の敵のゼノンが、突如現れヤミ団長を連れ去ってしまうのでした。

そして攫われてから3日後にヤミ団長とウィリアム団長がクリフォト降臨の生贄として死んでしまう前にスペード王国の悪魔憑き達を倒して二人を取り戻す戦いが始まります。

ヤミ・スケヒロの血縁者

日ノ国出身の漁師の息子として生まれたこと以外全てが不明であり、本編では両親は299話時点では登場しておらず、両親に関しても特に語られていません。