ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ298話| メギキュラの前にノエル達は敗北か!?

週刊少年ジャンプ2021年31号(7月5日発売)の『ブラッククローバー』第298話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第297話 第298話 第299話

前回297話のおさらい

  • ノエルVSヴァニカの戦いはまだまだ続く
  • ノエルに一方的に友情を感じだしたヴァニカ
  • ヴァニカを通じて表に出てくるメギキュラ
  • メギキュラの魔力で悪魔と化してしまったロロペチカ

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー298話ネタバレ

ブラッククローバー298話ネタバレ|呪符魔法”邪神女呪音”と3人の生贄

冥府の門を全て開くことにによる復活はただの保険にすぎず、メギキュラの本命は呪符魔法”邪神女呪音による顕現が狙いであった。

この魔法の発動には3人の生贄が必要であった。

その3人の生贄がノエルの母親であるアシエ・シルヴァと自分と契約をして悪魔憑きになったヴァニカであり、そして3人目がハート王国の女王ロロぺチカである。

今ここでロロペチカ女王が死んでしまったら、メギキュラは現世に完全に権限できるということになってしまうのでした。

ブラッククローバー298話ネタバレ|悪魔となってしまったロロペチカ

ロロペチカはメギキュラの呪言によって悪魔になってしまい、魔法も水魔法から魔水魔法へと変わってしいました。

そして魔水魔法”暗黒深淵の邪水蛇”を放ちノエル達に襲いかかるのでした。

ブラッククローバー298話ネタバレ|とてつもなく強力な魔法を使うメギキュラ

メギキュラは呪符魔法”衰える世界”を発動させてノエルの海竜の咆哮を一瞬で消し去ってしまいます。

そこですかさず蒼の野薔薇団の団長シャーロットが半年の修行で身につけた、呪いの魔力を吸収する薔薇で対抗しようとする。

ブラッククローバー298話ネタバレ|魔法の応酬

水色の幻鹿団の団長リルは何がなんでもシャーロットを絶対に守り切らなければと彼女の前に立ちます。

リルの魔法は描いたものを実現させる絵画魔法で新たな魔法”黄昏のヴァルハラ”で城や女神の兵士を描き出す。

しかしメギキュラは呪符魔法”箍外れの奴隷”による無数の鞭状の攻撃でそれらを一方的に破壊していき、団長二人も倒されてしまうのでした。

ブラッククローバー298話ネタバレ|ガジャの想い

ロロペチカはとても膨大な魔力を持ちながらも優しい性格であるために、今まで攻撃魔法を覚えることができませんでした。

そしてそんな自分は女王失格だと悩んでいたのですが、だからこそ女王の側近でもあるガジャはハート王国最強の攻撃魔導士になり女王を守ると決めたのでした。

そしてロロペチカを止めるべく戦うも、悪魔と化してしまった彼女の手に身体を貫かれてしまうのであった。

そしてノエルの精霊同化も解けてしまい全滅となってしまうのであった。

299話に続く

ブラッククローバー298話ネタバレ考察

ブラッククローバー298話考察|水魔法から魔水魔法になったのは、パトリの時にも似ている

ロロペチカは悪魔にされてしまったことで、魔法が水から魔水魔法へと変わりました。

この現象は以前にもエルフのパトリが光魔法を使っていたけれど、悪魔に騙されていたことによる絶望からダークエルフへと変わってしまい魔光魔法へと属性が変わりました。

そしてこの魔光魔法は悪魔にも通用する冥域の魔法でもあります。

なのでこの戦いが終わったら、冥府の門からあと6回は出てくる悪魔達にロロペチカも魔水魔法で戦うかもしれませんね。

ブラッククローバー299話予想|勝つのは300話にあわせる?

パワーアップしたノエルが勝ってスッキリという展開になって欲しかったですが、大苦戦していますね。

次が299話ですので、もしかしたら300話に合わせて勝つようにしているのでしょうか?

そして今回はページ数が11ページであり、日に日に減ってきています。

作者さんの体調も心配になってきますね。

ブラッククローバー299話予想|今の戦力では勝てないかもしれない

ブラクロは以前だったら敵が強すぎて勝てそうにないって状況でも、「今ここで限界を超える」と何度でも立ち上がって勝つまで諦めないスタンスでした。

しかし最近は参戦するキャラも非常に増えて、今スペード王国の外には中級悪魔と戦っている仲間や、後から駆けつけた黒の暴牛のメンバーがいます。

やはり今回はメギキュラを倒すのはメレオレオナで、次回のメギキュラがトドメをさしにきたタイミングで登場してくれるのではないかと予想します。

ブラッククローバー キャラ一覧

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

クローバー王国

ユリウス・ノヴァクロノ
黒の暴牛

アスタ

ヤミ・スケヒロ

ノエル・シルヴァ

フィンラル・ルーラケイス

マグナ・スウィング

ラック・ボルティア

ゴーシュ・アドレイ

バネッサ・エノテーカ

チャーミー・パピットソン

ゴードン・アグリッパ

グレイ

ゾラ・イデアーレ

ヘンリー・レゴラント

ナハト・ファウスト

ネロ(セクレ・スワロテイル)
金色の夜明け

ユノ

ミモザ

ウィリアム・ヴァンジャンス

ランギルス・ヴォード

クラウス・リュネット
銀翼の大鷲団

ノゼル・シルヴァ
水色の幻鹿団

リル・ボワモルティエ
碧の野薔薇

シャーロット・ローズレイ

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧

29巻
284話 285話 286話 287話 288話
289話 290話 291話 292話 293話
294話
30巻
294話 295話 296話 297話 298話
299話 300話 301話 302話 303話
31巻
304話 305話 306話 307話 308話
309話