ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ302話 | 駆けつけてくる仲間達。勝利は目前か!?

週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号(8月10日発売)の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第302話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第301話第302話第303話

前回301話のおさらい

  • 悪魔同化無しでは勝てないとアスタに告げるリーベ。
  • 二人の団長もまだまだ健在でした。
  • リルの新魔法黄昏のヴァルハラは仲間を強化しながら、発動中はどれだけダメージを受けても死なないというすごい魔法でした。
  • 100体の死体の兵士が襲いかかる
  • アスタへの想いに気づいたノエル

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー302話ネタバレ

ブラッククローバー302話ネタバレ|敵に立ち向かうノエル

メギキュラの出した100体の兵士達全てを相手にできるほどの力は残っていないノエルですが、リル団長は状況を瞬時に判断しメギキュラに通用する力を持つノエルとシャーロット団長の二人を全力でサポートします。

ブラッククローバー302話ネタバレ|さらにでかくなる敵

戦いの中で進化し続ける人間を弄ぶのは最高だというメギキュラは、死体の兵士に魔力を送り込み、巨大化した数体の敵がノエルに向かって来ます。

しかしそこに黒の暴牛の仲間ラックが飛んできて、巨大化した敵を一撃で倒すのでした。
・立ち上がるガジャ
ラックはノエルのために道を作ります。そして雷魔法を使えるのがもう一人いればいいのにって思うところに、なんとリル団長の魔法”黄昏のヴァルハラ”の発動中は死なない効果がガジャにも届いており立ち上がるのでした。

すでに自分は助からないことを理解しているガジャでしたが、それでも残った力をロロペチカ女王のために使うために戦うのでした。

ブラッククローバー302話ネタバレ|メギキュラへの猛攻

ラックとガジャの二人の同時攻撃によって死体の兵士たちは一気に吹き飛ぶだけでなく、メギキュラの身体もほぼ全部消し飛びました。

そこへノエルが前回同様に残った相手の弱点である核を目掛けて聖域の力による攻撃でとどめを狙いますが、やはりメギキュらの魔力に止められてしまい攻撃が届きませんでした。

そしてメギキュラの反撃がノエルに向かってくるのでした。

ブラッククローバー302話ネタバレ|更なる助っ人が現れる

メギキュラの攻撃がノエルに襲い掛かろうとしたときに、複数の盾がノエルを囲み身を護りました。

なんと銀翼の大鷲団の団長にしてシルヴァ家の長男でもあるノゼル・シルヴァが戦場に駆けつけるのでした。

そして母の仇でもあるメギキュラがノエルを襲っていることに凄まじい怒りを向けながら、「この時をどれだけ待っていたか」と言うのでした。

303話に続く

ブラッククローバー302話ネタバレ考察感想

メギキュラはシルヴァ家にとっては母親の仇であるため、その敵討ちをノエル一人でやるとは思っていませんでした。

そこへついにノゼル団長が到着しました。

ここへ来るまでに他の敵からダメージを受けた様子も見えなく万全な状態のようですし、事態は一気に好転しました。

アシエの仇のためにメレオレオナもこの戦いに参加して欲しいですが、このまま勝てそうですね。

そしておまけの番外編では最近すっかり出てこなくなってしまったヤミ団長がカイパン姿でポーズをとるという謎のサービスシーンがあり、ノエルは「誰需要だ」と言うも、ヤミ団長のことが好きでたまらないシャーロット団長は鼻血を噴くのでした。

ブラッククローバー303話予想

ブラッククローバー303話予想|騎士団長の実力を見せつけるか?

序盤の魔法騎士団長達は別格すぎる強さでいつも圧勝していましたが、スペード編が始まってからはいまいち活躍できていませんでした。

しかし母の仇をついに目の前にしたノゼル団長はいつも以上にホンキを出すことでしょう。

以前ダークエルフと化したパトリを一人で圧勝したことがありますが、その時のような強さを期待しちゃいますね。

ブラッククローバー303話予想|いつの間にかちゃん呼びになってるラック

ラックは初めはノエルのことは呼び捨てだったのですが、白夜の魔眼との戦いの途中からいつのまにかノエルちゃんと呼ぶようになっていきました。

前から気になっていましたが、ラックはノエルに気があるようにも見えますね。

しかしノエルはアスタ以外は意識して無いですし、困難な道になりますね。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧