ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ304話 | メギキュラ戦が終わり、呪いは消えていくが・・・?

週刊少年ジャンプ2021年39号(8月30日発売)の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第304話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第303話 第304話 第305話

前回303話のおさらい

  • 母アシエにかけられた呪いを解く方法を探すノゼル
  • メギキュラの呪いはだれかに話をすることで本人と聞いたものも死んでしまう
  • 母の仇はひとりで討つと考えていたノゼル
  • メギキュラの身体を一瞬で消しとばすノゼル
  • ついにメギキュラにトドメをさしたノエル
  • 二人を抱きしめるアシエの魂

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー304話ネタバレ

ブラッククローバー304話ネタバレ|呪いが消えていくロロペチカ

メギキュラを倒したことでロロペチカ女王にかけられた呪いも消えたので、無事に悪魔から人間に戻れて残りわずかになってしまっていた寿命も取り戻すことができました。

そして意識を取り戻したとき魔力によって作られていた服は消えてしまっていて、ロロペチカ女王を抱えていたアスタはすぐに目をそらすも、ノエルに殴られてしまいました。

ブラッククローバー304話ネタバレ|素直になれない人たち

ノエルは久しぶりにアスタと再会できたことが嬉しいはずなのですが、前回彼が好きであることは認めることはできたことで余計に直視することができなくなってしまい、思わずアスタをもう一度殴ってしまい、ついいつもの調子になってしまいます。

そんな様子をノゼル団長も見ておりパッタリ顔を合わす兄と妹ですが、ノゼル団長も何か話をしたいのにいざとなったらどう接すればいいのか分からなくなってしまい、赤面してしまうのでした。

しかしそんなやりとりの一方で・・・

ブラッククローバー304話ネタバレ|戦いでの傷が致命傷になってしまった人たち

リル団長の魔法”黄昏のヴァルハラ”の効果が終わるときが近づいてきており、そろそろ自分たちは死んでしまうことをシャーロット団長に謝るリル団長ですが、シャーロット団長は最期まで戦えた事に感謝しさらにまだ戦いは終わっていないのだから死ぬわけにはいかないと言います。

そしてガジャもロロペチカ女王の元に歩いて行き、無事でよかったと言いかける途中で魔法は消えてしまい、3人とも力尽きてしまうのでした。

ブラッククローバー304話ネタバレ|回復魔法をかけるも

ロロペチカ女王は3人に回復魔法を使うも、傷が大きすぎて助けることができないと涙をながします。

そこへ黒の暴牛の副団長のナハトが現れるも、「彼らには手の施しようがない、最上位悪魔を倒せたから十分と思うべき」と冷たい現実を突きつけますが、内心では正しいものは報われるべきだと悔やみます。

しかしただそんな事を言いに来ただけではなく、ミモザも一緒に連れてきていたのでした。

ブラッククローバー304話ネタバレ|ミモザの究極魔法

ミモザは修行によって新たに使えるようになった植物究極魔法”花姫の夢想郷”によって3人の傷は塞がり命を救いました。

そしてロロペチカ女王はガジャに自分なんかのためにすみませんとペコペコし、ガジャはそれが責務という二人のやりとりを見かねたノエルは他に言う事あるでしょうといいます。

そしてガジャはロロペチカ女王に愛していると告白し、一同唖然となるのでした。

ブラッククローバー304話ネタバレ|そして場面は切り替わり

メギキュラ撃破から少し前に時は戻り、ユノと金色の元副団長ランギルスのタッグが最後の漆黒の三極性ゼノンとの戦い場面になり、ユノはランギルスに三分稼いで欲しい、次の一撃で決めると言うのでした。

305話に続く

ブラッククローバー304話ネタバレ考察感想

長かったメギキュラ戦も終わり束の間の休息かと思いきや、死んでしまいそうになった人たちもいて久々のギャグシーンが一瞬で緊迫の場になりました。

ロロペチカ女王は普通の水回復魔法を使っていましたし、呪いと一緒に魔水魔法も消えたようですね。

そしてノエルは今回初めてナハト副団長に会ったことになりますが、なんかキツイ事言う人がいきなり出てきたみたいに思ってそうですね。

ブラッククローバー305話予想

いよいよ漆黒の三極性(ダークトライアド)もあと一人となりました。

そしてユノとランギルスにとってゼノンは、金色の夜明け団のアジトを襲いウィリアム団長をさらって行った因縁の相手でもあります。

ユノはランギルスに3分稼いでもらうお願いをしました。おそらくは聖域の力を発動させるための準備だと思われます。

この戦いはメギキュラ戦と違って相手の悪魔は最初から出てきているのでそこまで長くならないと思われますね。

しかし問題はいつ次の冥府の門が開いて新しい悪魔が出てくるのかがわからない状況であるため、戦いの最中にさらに強敵が増える可能性があるということですね。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

クローバー王国

ユリウス・ノヴァクロノ
黒の暴牛

アスタ

ヤミ・スケヒロ

ノエル・シルヴァ

フィンラル・ルーラケイス

マグナ・スウィング

ラック・ボルティア

ゴーシュ・アドレイ

バネッサ・エノテーカ

チャーミー・パピットソン

ゴードン・アグリッパ

グレイ

ゾラ・イデアーレ

ヘンリー・レゴラント

ナハト・ファウスト

ネロ(セクレ・スワロテイル)
金色の夜明け

ユノ

ミモザ

ウィリアム・ヴァンジャンス

ランギルス・ヴォード
銀翼の大鷲団

ノゼル・シルヴァ
水色の幻鹿団

リル・ボワモルティエ
碧の野薔薇

シャーロット・ローズレイ

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧

29巻
284話 285話 286話 287話 288話
289話 290話 291話 292話 293話
294話
30巻
294話 295話 296話 297話 298話
299話 300話 301話 302話 303話
31巻
304話 305話 306話