ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ314話 | 開いてしまう第二の門。完全顕現するルチフェロ

週刊少年ジャンプ2021年51号(11月22日発売)の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第314話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第313話第314話第315話

前回313話のおさらい

  • 若き日のヤミ・スケヒロの回想
  • 魔法騎士団に入り仲間ができるヤミ
  • モルゲンに思いを打ち明けるヤミ
  • 黒の暴牛のみんなに居場所をもらっていたと思うヤミ団長
  • みんなでヤミ団長に大好きですと叫ぶ
  • 開き始める第2の門

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー314話ネタバレ

ブラッククローバー314話ネタバレ|古の魔神を倒すメレオレオナ

スペード王国に乗り込んだ274話の時からずっとメレオレオナは王城外で古の魔神と一人で戦闘をしていました。

そして魔神を圧倒するメレオレオナを見てスペード王国の人々はこんな魔導士がいることが信じられないと驚きます。

メレオレオナが使う魔法”業火の化身”は戦えば戦うほどに火力が上がっていく魔法であり、ついに魔神の頭を吹き飛ばして斃してしまうのでした。

そしてそのまま地上に現れた残りの悪魔も倒そうとします。

ブラッククローバー314話ネタバレ|次々と集まってくる仲間達

戦いの場にノゼル団長、ランギルス、そしてパトリが駆けつけてウィリアム団長を心配します。
ドロシー団長は彼らをおつかれサマーと座りながら迎えています。

そしてアスタ達もヤミ団長の元に向かうのですが・・・

ブラッククローバー314話ネタバレ|動き出すルチフェロ

魔力を吸い尽くされて気を失っているモリスの頭からルチフェロがご苦労だったなと喋り出し、冥府の第2の門が開き、また大量の悪魔達が溢れ出てきます。

さらにルチフェロは第一階層から出てきた悪魔も含め、今外にいる全ての悪魔を自分の依代につかって城よりも巨大な怪物の姿になります。

そのままルチフェロは重力魔法でスペード王国を攻撃し始めました。

ブラッククローバー314話ネタバレ|黒の暴牛の反撃

バネッサはルージュの力で運命操作の絶対回避を、ゴーシュはミラーズブリゲイドによってグレイを増やし、グレイはスペード王城を黒の暴牛アジトへと変換、ゴードンとヘンリーは二人で魔力吸収をし、チャーミーは食事でみんなの魔力を回復させていきます。

そして出来上がったのが、巨大化したルチフェロと同じくらい大きさである超絶巨大暴牛号であり、「最強の悪魔だかしらないが引っ込んでろ!」と流血フェロの顔に右ストレートを食らわせます。

315話に続く

ブラッククローバー314話考察感想

メレオレオナが戦いを始めたのは274話のときであり、その時からこの人は負けないだろうとは思っていましたが、本当に勝ってしまいました。

そしてこの魔神は初代魔法帝と呼ばれるルミエル王子が倒したものと同じものであり、それを一人で討伐したということは、メレオレオナの強さは魔法帝クラスということになりますね。

そしてパトリはやはり近くにいるのだろうと思っていましたが、今回駆けつけてくるとは思いませんでした。

そして先週ヤミ団長の横で一緒に捕まっていたのに誰も触れなかったウィリアム団長をやっと心配してくれる人が出てきてよかったとも思いました。

ブラッククローバー315話予想

黒の暴牛全員VS完全顕現したルチフェロとの決戦がいよいよ始まりますね。

以前エルフに襲われているクローバー城に向かう時に黒の暴牛号に乗りながらみんなで戦ったことがありますが、そのときのように様々な連携を見る事ができそうで楽しみです。

それにスペード王国に乗り込んでからほぼ何もしていないゾラやセクレも新しく覚えた魔法を披露するでしょうから、それがどんなものか楽しみです。

とくにセクレは悪魔の力を封印できる冥域の魔導士ですので、ルチフェロの能力を封印するかもしれません。

さらに他の場所で待機中の仲間達もどんどんやってくるでしょうから、もう負ける気がしないですね。

しかし、メレオレオナの後ろにいたハート王国の精霊守のあとの4人はアニメだと名前が出ているのですが、本編の方では全然出ないため大体の人にはこの人たち誰?ってなってそうなのが気になりますね。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧