ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ315話 | ルチフェロVS超巨大暴牛号

週刊少年ジャンプ2021年52号(11月29日発売)の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第315話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第314話第315話第316話

前回314話のおさらい

  • 古の魔神を倒すメレオレオナ
  • ヤミとウィリアム団長の元に次々と集まってくる仲間達
  • 動き出すルチフェロと黒の暴牛の反撃
  • 巨大化するウチフェロ
  • 黒の暴牛もアジトを超絶巨大暴牛号にして反撃

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー315話ネタバレ

ブラッククローバー315話ネタバレ|ルチフェロVS超巨大暴牛号

前回の超巨大暴牛号の拳がルチフェロに炸裂したところから始まり、黒の暴牛号の中ではみんなでいくぞぉぉぉ!!と気合を入れて叫んでいます。
しかしこの中にアスタだけがいないのでした。

ブラッククローバー315話ネタバレ|ナハト副団長は状況分析をする

まずラックが魔力感知によってヤミ団長とウィリアム団長を見つけます。

このときラックは金色の団長と言っているので、ウィリアム団長の名前を知らない可能性があるのでは?なんて思いました。

そしてナハト副団長は前回ダンテと戦ったとき同様に自分の悪魔エクサスと悪魔同化(ユナイト)をして、ルチフェロの重力魔法に耐えながら状況を分析していました。

ルチフェロはまだ完全顕現できていないけれど、クリフォトと一体化することで顕現しようとしているけれども、二人の団長を助けだすことができれば顕現は阻止できるといいます。

ブラッククローバー315話ネタバレ|崩れだす黒の暴牛号

ルチフェロの魔力量が多過ぎて、ヘンリーの吸収は追いつかずにバネッサのルージュでも仲間を守るのが精一杯なのでした。

そんな中でフエゴレオン団長とメレオレオナは立ち上がりルチフェロに反撃をします。
これにはもう重力魔法の中で動けなくなってしまったスペード王国の人たちも驚きますが、重力はどんどん強くなっているから、いずれこのままでは・・・と諦めそうになるのでした。

ブラッククローバー315話ネタバレ|黒の暴牛号優勢と思いきや・・・

重力魔法に苦しみながらもルチフェロの顔にマナコークスクリューパンチを入れたり全身から砲台をだして魔力の攻撃でルチフェロの全身を穴だらけにしたりするも、ルチフェロの反撃で黒の暴牛号は崩壊をしてしまいます。

ブラッククローバー315話ネタバレ|諦めてしまうスペード王国の人々

黒の暴牛号が崩れて行く姿を見て、「もうダメだ」「勝ち目がない」「誰か助けて」と諦めてしまいますが、黒の暴牛のみんなは大丈夫だといいます。
そしてアスタは少し離れた位置にいて、斬魔の刀を構えるのでした。

316話に続く

ブラッククローバー315話考察感想

最初に黒の暴牛号の中にアスタがいなかったので、アレ?どこいったんだろう?と思っていましたが、外で悪魔同化(ユナイト)をする準備をしていたのですね。

フエゴレオン団長はいつのまにか外に出ていたのでびっくりしました。

サラマンダーの力もいずれ必要になるはずなので、この後の活躍にも期待ですね。

しかし来週はまた休載のため次は12/13になってしまうのが残念ですね・・・

ブラッククローバー316話予想

まずはアスタがリーベと悪魔同化(ユナイト)をすることでルチフェロの重力魔法を無効にしながら戦うのでしょうね。

そしていよいよ斬魔の刀の出番がきますね。

以前リーベと従魔の儀をするために戦った時に、この刀の名前は斬魔の刀だと言っただけで、どんな力があるのかは不明のままでしたが、次回それも明らかになりそうですね。

ですが元はヤミ団長と一緒にダンテと戦っていた時にパスされて借りていただけの刀ですので、ヤミ団長を助け出したときには「人の刀を借りパクしてんじゃねー」とか言われるやりとりがきっとありますね。

それにしてもユノはどこに行ってしまったのでしょうか?アスタの戦闘中に飛んでくることは間違い無いですが・・・

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧