ブラッククローバー

ブラッククローバー ネタバレ316話 | 明らかになる斬魔の刀の力

週刊少年ジャンプ2021年54号(12月13日発売)の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第316話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第315話第316話第317話

前回315話のおさらい

  • ルチフェロVS超巨大暴牛号
  • 戦況を分析するナハト副団長
  • 攻撃を防ぐので精一杯な黒の暴牛
  • 崩れだす黒の暴牛号
  • 諦めてしまうスペード王国の人々
  • そして離れた位置から斬魔の刀を構えるアスタ

ブラッククローバーの最新話ネタバレはこちら

ブラッククローバー316話ネタバレ

ブラッククローバー316話ネタバレ|前回黒の暴牛号にいなかったアスタは…

ルチフェロがいよいよ顕現し始めてしまうというところで、アスタは目を閉じて集中を深めます。

そして前回黒の暴牛号の中にいなかったと思いきや、初めは中にいたのだけれども「自分とリーベの力を使うことで、ヤミ団長達にダメージを与えることなく、助け出せるかもしれない」と提案をしていて、黒の暴牛のみんなは声を揃えてアスタに「任せた」と言います。

そしてフィンラルはアスタの手を握り外にワープさせていたのでした。

ブラッククローバー316話ネタバレ|悪魔同化(ユナイト)するアスタ

みんなから思いを受け取ったアスタは目を開き斬魔の刀を構えてリーベに「あれくらいオレ達なら斬れるな?」と聞きます。

そしてリーベは「斬れるし斬ってみせる」と答え、二人はヤミ団長を助けるため、リチタの仇を取るためにルチフェロを止めると強く想います。

そして前回の戦いから30分のインターバルが経過したことによって、アスタとリーべは悪魔同化をして、第四の刀(つるぎ)”斬魔”を構えます。

ブラッククローバー316話ネタバレ|いよいよ斬魔の刀を振るう

アスタもリーベも魔(マナ)に選ばれなかった存在でした。

だからこそ、「自分で選びにいく」と斬魔の刀を一振りします。

すると、ヤミ団長の必殺技である闇纏・次元斬りにそっくりな、”斬魔・無限斬り”彼岸という技がルチフェロを真っ二つに切り裂きます。

これを見ていたスペード王国の人々やフエゴレオン団長はとてもびっくりし、メレオレオナは面白そうな顔をして興奮しています。

ブラッククローバー316話ネタバレ|

・救出できた二人の団長
そしてアスタの宣言通りヤミ団長とウィリアム団長は無傷で助け出すことができ、斬魔の刀は斬るものを自ら選び、護りたいモノを斬らない刀だと説明をします。

そしてヤミ団長とナハト副団長は声を揃えて、「やりやがったな」とアスタを讃えるのでした。

317話に続く

ブラッククローバー316話考察感想

久々にアスタが大活躍で、やっぱりブラクロはアスタの活躍するシーンが一番楽しみでもっと見たいって思いました。

そして長い間効果が分からないままであった斬魔の刀は斬りたいモノだけを斬る刀とは、これまたカッコいい能力です。

かつて黒の暴牛は任務では戦果よりも被害総額の方が圧倒的に多い問題児だらけのならず者集団と言われていたのに、そんないい能力を手に入れることができてアスタや暴牛はますます無敵になりますね。

ブラッククローバー317話予想

ヤミ団長とウィリアム団長を助けることができたのでルチフェロの顕現はもう進まないはずです。

しかしまだ完全に倒した訳ではなさそうなので、次回からはいよいよルチフェロとの最終決戦でしょうか?

ユノもそろそろ駆けつけてきそうですね。

ヤミ団長は意識を取り戻していますが、ウィリアム団長は以前金色の夜明け団のアジトが襲われて囚われて以降ずっと気を失っていますね。

なのでヤミ団長はすぐにチャーミーの食事で魔力を回復できるでしょうが、ウィリアム団長が参戦できるか不明ですね。

しかし冥府の門はまだ5つも残っています。

ルチフェロを倒してもナハトの弟であるモルゲンを殺した時間魔法の悪魔がおそらくラスボスなので、まだまだ続きそうですね。

ブラッククローバー キャラ解説(ネタバレ注意)

ブラッククローバーのネタバレ・解説一覧