無料漫画

『ブルーピリオド』電子書籍を全巻無料で読む方法!おすすめの漫画配信サイト・アプリを発見!

『ブルーピリオド』を全巻無料で読みたい!
という方のために、漫画バンクや漫画Playを始めとする違法サイトや、電子書籍サービスでの無料配信状況を調査しました!

『ブルーピリオド』を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

『ブルーピリオド』は講談社 のアフタヌーン で連載中、作者山口つばさ さんの青年マンガ です。

単行本は11巻まで発売されていています。

あらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!

『ブルーピリオド』はそんなオトナコミックです!

結論として『ブルーピリオド』は合法的にコミック.jpが1番お得に読むことがわかりました!

\合法的に2巻無料で読んでみる/
『ブルーピリオド』作品情報
漫画名ブルーピリオド
作者山口つばさ
出版社講談社

『ブルーピリオド』を全巻無料で読める電子書籍サイト

『ブルーピリオド』を全巻無料で読める電子書籍サービスはありませんでした。
しかし、

  • 試し読みなどを利用して無料でできるだけ読む
  • 無料会員登録キャンペーンの利用で、実質無料で読む
  • キャンペーンでお得なセール価格で読む

といったキャンペーンを利用することで、数巻分を無料で読むことや、全巻をかなりお得に読むことができます!

『ブルーピリオド』を配信している電子書籍サイトがこちらです。

漫画配信サイト配信状況/
おすすめ
特徴

1~11巻配信
【一旦無料で楽しむなら】
・会員登録で1350ポイント無料!
2巻無料で読める
今すぐ無料で試し読み

1~11巻配信
【全巻一括購入するなら】
・初回登録で100冊まで40%OFF
・7冊以上の場合はお得
今すぐ無料で試し読み

1~11巻配信
【たくさんの漫画を読むなら】
・会員登録時70%OFFクーポン
・漫画の品ぞろえが業界最高レベル
今すぐ無料で試し読み
×
1~11巻配信
【いろんなマンガを少しづつ購入するなら】
・毎日2枚10~50%OFFのクーポン配布
今すぐ無料で試し読み

『ブルーピリオド』の漫画を読むのに特におススメできるのは、
2巻無料で読める「コミック.jp」です!

  • 会員登録で2巻無料で読める!
  • 無料期間は30日間!途中解約する場合は費用がかからない!
\2巻無料!/

コミック.jpで2巻無料で『ブルーピリオド』を読む

『ブルーピリオド』を1番お得に読む方法はコミック.jpです!

コミック.jpなら、会員登録した後、すぐに1350ポイントがもらえるので、『ブルーピリオド』を2巻無料で読むことができます!

  • 会員登録で2巻無料で読める!
  • 無料期間は30日間!途中解約する場合は費用がかからない!
・30日間の無料期間が過ぎた後は、月額1,100円(税込)がかかる
\2巻無料!/

Amebaマンガの全巻一括購入で40%OFFで『ブルーピリオド』を読む

『ブルーピリオド』を全巻一括購入するならAmebaマンガが一番お得です!

Amebaマンガに会員登録すると、なんと最大100冊まで40%OFFになるクーポンがもらえます!
漫画の種類・ジャンルに関係なく100冊まで40%OFFで購入ができますが、注意点があります。
100冊まで40%OFFのクーポンは初回購入時の1度のみの使用で適用されます。

もし他に気になる漫画がある場合は、ほかの漫画も合わせて大人買い・一気買いで購入するのがおすすめです!

・初回登録で最大100冊まで40%OFFクーポン
・頻繁に最大50%OFFクーポンが配布される
・100冊40%OFFクーポンは初回購入時の一度しか使えない
\まとめ買いで100冊まで40%OFF!/

コミックシーモアの1巻70%OFFで『ブルーピリオド』を読む

コミック.jpもAmebaマンガも既に会員だったという方で、『ブルーピリオド』をお得に読みたいという方は、コミックシーモアがおすすめになります!

コミックシーモアに会員登録すると、1冊70%OFFになるクーポンがもらえます!

\1巻70%OFF!/

『ブルーピリオド』は、漫画PLAY・漫画バンクなどの違法サイトで全巻無料で読める?

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。
『ブルーピリオド』は違法サイトの漫画バンクや漫画PLAYやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行った結果、
違法サイトの漫画バンクや漫画PLAYなどやrawダウンロードで全巻無料で読むことは不可能ではありません
※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

漫画バンクはもう見れない?後継サイトは漫画Play?危険性や大丈夫なのかを検証「漫画BANK(マンガバンク)」は無料で漫画をダウンロードできるとされていたサイトです。 無料で漫画が読めると謳っていますが、その実態...

しかし、漫画PLAY・漫画バンクのような違法サイトを利用は、非常に危険です!絶対に止めましょう。
違法サイトは、タダほど怖いものはないというくらいリスクが一杯です。

違法漫画サイトを利用するリスク1:逮捕される可能性

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるんです。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

違法漫画サイトを利用するリスク2:コンピューターウイルスにスマホPCが感染し、詐欺やクレカの情報を抜き取られる

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

『ブルーピリオド』のあらすじネタバレとみどころ

『ブルーピリオド』の1巻から最新刊までのあらすじネタバレとみどころを紹介します!
みどころ・あらすじには、一部ネタバレが含まれますなにも知らない状況で読みたいという方は、この先は読まないようにご注意ください!

『ブルーピリオド』のみどころ

『ブルーピリオド』のみどころは…

『ブルーピリオド』のあらすじ・ネタバレ

『ブルーピリオド』の1巻あらすじ・ネタバレ

1巻あらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!

『ブルーピリオド』の2巻あらすじ・ネタバレ

2巻あらすじ

成績優秀、世渡り上手なリア充高校男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す! 膨大な夏休みの課題を終えた八虎は、ついに「美大専門の予備校」に足を踏み入れるが、そこで初めて「天才」と出会う。自分の身の丈を思い知らされた八虎の決意とは。話題沸騰のアート系上昇志向漫画、2巻登場!

『ブルーピリオド』の3巻あらすじ・ネタバレ

3巻あらすじ

成績優秀、世渡り上手なリア充高校男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す!受験を目前に控えヒリヒリとした日々を送る八虎は、美大予備校でより受験に実践的な課題を取り組み始める。“対応力”が足りないことを知った八虎は突破口を見つけるため、あることに挑戦するが…!? 各界で話題騒然のアート系スポ根漫画、第3巻!

『ブルーピリオド』の4巻あらすじ・ネタバレ

4巻あらすじ

成績優秀、世渡り上手なリア充高校男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す! センター試験も終わり、実技に向けた課題に集中して取り組む八虎。しかし藝大試験を一週間後に控えたある日、予備校の講師・大葉から自分の足りないものを指摘され迷走してしまう…。絵を描かない人もアツくなれる、話題沸騰のアート系上昇志向漫画、待望の第4巻!

『ブルーピリオド』の5巻あらすじ・ネタバレ

5巻あらすじ

成績優秀、世渡り上手なリア充高校男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す! 藝大実技1次試験、ハプニングがあったもののなんとか乗り切った八虎。そんな中、龍二が試験を放棄したことを知り2次試験への準備に集中できなくなってしまう…。 読めば何かを始めたくなる! 超話題の伝染性青春漫画、待望の第5巻!

『ブルーピリオド』の6巻あらすじ・ネタバレ

6巻あらすじ

2次試験当日、目に激痛が走り動けなくなってしまった八虎。痛みに耐えながら試験課題に臨むも、集中して作業ができない…。そこで予備校講師・大葉が提案したのは「飛び道具」!?――そして試験2日目にしてテーマを決めた八虎は他と差を付けるため豪快な秘策に打って出る! 藝大受験編クライマックス第6巻!

『ブルーピリオド』の7巻あらすじ・ネタバレ

7巻あらすじ

日常にどこか物足りなさを感じていた少年は一枚の絵と出会い、絵画の世界へと足を踏み入れた。初めて抱いた自分自身の熱望は人生を変えるーー!!快感、好奇心、劣等感、興奮・・・絵を描かない人にもグサグサ刺さるスポ根美術漫画、新章スタート!!

『ブルーピリオド』の8巻あらすじ・ネタバレ

8巻あらすじ

高2で絵を描くことの楽しさに目覚めた矢口八虎は超難関美大の東京藝大に現役合格した!!課題『東京の風景』制作のため博物館を訪れた油画専攻メンバーたち。
モチベが低かった八虎だったが東京の歴史を知れば知るほど楽しくなっていく。
渋谷を描くことに決めた八虎だったが情報量の多さから作品にまとめられず苦戦を強いられる…!
藝大の学祭『藝祭編』もスタート!!

『ブルーピリオド』の9巻あらすじ・ネタバレ

9巻あらすじ

京藝術大学美術学部絵画科油画専攻。高2で絵を描くことの楽しさに目覚めた矢口八虎(やぐちやとら)の新しい生活が始まった。新しく出会った仲間たちと受ける講義、課題、講評は……厳しい。つらみ。「受験絵画」が終わっても今度は「美大絵画」の壁が八虎を悩ませる。「それ絵画でやる意味ある?」 凹んでモチベーションすら無くす日々は八虎を成長させるのか、それとも……。くせ者ぞろいの講師、教授陣に振り回され、八虎苦悩の藝大1年生時代は続き、そして盛夏、藝大祭名物・「神輿(みこし)」製作が始まる。自分の悩みで手一杯の八虎にとって、初めての「チームプレイ」は救いとなるか!

『ブルーピリオド』の10巻あらすじ・ネタバレ

10巻あらすじ

高2で絵を描くことの楽しさに目覚めた矢口八虎の新しい生活が始まった。新しい仲間たちと受ける講義、課題、講評は厳しく…。凹んでモチベーションすら無くす日々は
八虎を成長させるのか、それとも…。そしてそれは八虎のライバルの世田介にも訪れる。
猫屋敷教授から厳しい指摘を受けた世田介。自信をなくしてほしくない八虎は
世田介くんには才能があるから…と励ますが「才能」と「努力」の考え方の違いでさらに険悪な空気に。
2人の会話を聞いていた鉢呂から客観的な意見を聞いた八虎は自分の視野の狭さを痛感する。
そこで改めて世田介と向き合うため「絵は好きか」と問うが……。
2020年数々の漫画賞を受賞し、2021年TVアニメ化が決定した超話題作のスポ根美術漫画最新刊登場!!

『ブルーピリオド』の11巻あらすじ・ネタバレ

11巻あらすじ

高2で絵を描くことの楽しさに目覚めた矢口八虎の新しい生活が始まった。金欠に悩む八虎がたまたま応募したバイト先は高校の恩師・佐伯先生が開く絵画教室だった。
佐伯先生のもとで働くことになった八虎は小さな子供たち相手に四苦八苦。
中でも問題児の翔也くんに「ピカソはなぜすごいのか?」と問われるも答えられず…。
躍起になって調べるが、深く理解できない八虎は博識なある人物に相談する…!
TVアニメ化も決定した超話題の美術系青春漫画、早くも最新刊登場!!

『ブルーピリオド』の口コミ・感想

現代をとらえて、感動につなげるのがうまい作品
ブルーピリオド(山口つばさ)の第1巻を読みました。

講談社のアフタヌーンで連載されていた作品。

一時期やたら話題となったマンガで、

みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2018

ネクストブレイク部門大賞
や、

このマンガがすごい!2019オトコ編

4位に選ばれました。

結構すごい人気みたいなので、

ハードル高めで読み始めましたが

その上で、面白かったです!

主人公は矢口八虎(やぐちやとら)、男子。

高校2年生から物語はスタートします。

友人ともうまくやり、勉強も出来るやつ。

出来杉君かよ。

現代の若者。くだけた言葉、スマホでメッセージ
最近よく使われる言葉がたびたび登場します。

「それなー」(確かにそうですね、お気持ちよくわかります、的な同意)

「ゆーて」(試しに言ってみますが、とは言っても、的な意。意味なく話し始めにつけたりもする)

「ほん」(本当に、の略)

スマホでメッセージを送り合うシーンもあります。

若者が集まる街、渋谷周辺の景色も出てきます。

[伝わった瞬間、「作者」は感動する]
八虎がきっと生まれて初めて

「作者」になるシーンがあります。

「想いが伝わった瞬間」です。

正直そんなに感動するシーンじゃないのかもしれませんが、

ぼくは泣きそうになりました。笑

なんでしょうね、

そのシーンまでに描いた虚無感と

「伝わった瞬間」に

共感したんですかね。多分。

[話数カウントは「○筆目」]
ストーリーのカウントが

一筆目、二筆目…

と筆(ふで)でカウントされます。

美術画のストーリーならではですね。

そこに気づいて改めて、このマンガ新しいなーと思いました。

[有名芸術大学の特徴がわかる]
東京藝術大学(とうきょうげいじゅつだいがく)

という美術系の大学があります。

国内で唯一の国立美術大学で、

ものすごく倍率が高くて現役合格は困難、

何年も浪人する人も多数いるそうです。

…など、芸術大学の特徴がわかります。

[名言がやたら多い!]
この漫画、ブルーピリオドって

やたら名言が多いです。

言い得て妙なことだったり

シンプルにグサッと刺さることだったり。

情熱だー感情だーって感じの表現がきたかと思いきや

打算的なロジカルに裏打ちされた描写もあり。

[感想、現代をとらえて、感動につなげるのがうまい作品]
ブルーピリオドの主人公は高校2年生。

ぼくはもちろんいま高校生じゃありませんが、

「あーきっとイマドキの高校生はこんな感じかもなあー」って思えました。

その上で名言を大量投下してきたり

もがく姿を描いたりして、ガシガシ感情を揺さぶってきます。

結果、感動。

この作品の感動のカラーは…

同系色が浅野いにおさんの「ソラニン」で

補色(反対色)はドラゴンボールかな。

ノンフィクションっぽいフィクションと言いますか。

読んだほうがいいですよ。

面白かった。今まで芸術とは無縁の世界で生きてきたため美術部に入部する前の八虎のように芸術に対する偏見があった。天性の才能をもった人、他の人とは全く違う価値観を持つ異端児、藝大一家のサラブレッド…そんな一握りの人しか生き抜けない世界だと。凡人が努力したところで一生手の届かない場所であると。
でもこれはきっと半分正解で半分間違いだ。事実そういった特異な人は一定数いるだろう。ただ勘違いしてはいけないのは、凡人でも努力次第では天才の領域にも近づけることだ。そしてその時雲の上の存在だった天才たちも、あらゆる技法、工夫を凝らして作品を創っていたことに気づく。数学で多くの公式を知っていればそれだけ様々な問題を解けるように、芸術においても表現するための手段が多いほど他人の作品が理解できるようになるし、自身の作品の幅や深みも増していく。
でも、ここからなんだなあと思った。当たり前だけど学問と芸術の大きな違いの一つは一般的な正解の有無だ。どれだけ努力してあらゆる技術を手に入れたとしても、最終的な作品に正解はない。これは本気であればある程きっとすごく辛いことだ。でもきっと同時に、芸術が終わりのない学問である所以だ。雪一つにしても、北国の人が見れば故郷を思い出したり、子供の頃よく遊んだ雪合戦の思い出が蘇ったり、南国の人なら珍しく思ったり、触ってみたいと思ったり、白くて綺麗だなと思ったり…きっと凡人を10人集めたとしても、全く同じ感想を持つ人はいないと思う。つまり、実は凡人でも芸術においては唯一無二になり得る。そんな可能性を秘めているのも芸術だ。
6巻まで一気読みして熱っぽいので意味がわからないことを書いてしまいましたが、とにかく色んなことを考えさせられました。八虎は圧倒的な努力の天才だけど、彼の悩みや葛藤は共感できるものがすごく多くて驚きました。そして彼の姿に元気づけられました。
要は何が言いたいのかと言うと、芸術ってめちゃくちゃかっこいいと思ったってことです。本気でやるってめちゃくちゃかっこいいと思ったってことです。もう語彙力の限界なのでここまでですが僕はすごくこの漫画好きです。
1?4巻をまとめての感想。
ここ最近見た漫画の中で飛び抜けて面白かった。
ポイントとしては2つ。
①主人公の巧みな心理描写
②(自分にとっては程遠い)美術の世界への入口

①主人公の巧みな心理描写
様々な登場人物の視点に移り変わる他の作品と比較すると、主人公から見た世界描写の場面が多い。
元々程よくDQNながら勤勉で誰とでも仲良くできる八方美人で””マジメ””な主人公。そんな彼が美術の世界に触れ、今までの自分を見つめ直す過程が巧みに描かれている。
作中の表現を抜粋すると、””マジメ””に生きることで評価されるのは義務教育まで、美術は自分の見える世界を表現する””自由””な場所である。
“”マジメ””と対極にあるものが””自由””なのかと問われれば必ずしもそうではない。が少なくとも””マジメ””な人間はどこかしら空気を読むのが上手で、気づかぬうちに規定のルールに従って生きている。
だが美術、ひいては芸術の世界は””自分の価値観””を曝け出し、その人にしか見えないものを表現する。
それは””マジメ””な人間にはとても恥ずかしく、勇気のいる一歩。主人公は高校生という多感な時期に、辛く苦しくも新たな世界へと足を踏み出す。

きっとこの漫画は社会人により響く作品なのかもしれない。退屈な日常に落胆しながらも、社会の歯車として動き続ける。そこに何か違和感を感じたとき、この作品が心に響くものになるのかもしれない。

②美術の世界への入口
多くの人にとって義務教育でその学習を止めている美術の世界。
この漫画は素人が藝大を目指すというストーリーに沿って、絵の構図や画材の種類など、分かりやすい解説を加えている。
少なくとも私は絵を描くということがここまで緻密に計算されているものだと思わなかった。美術はセンスが全て、恥ずかしくもそう考えていた自分にとっては衝撃を受ける内容であった。
美術の裏側にある技巧や作法に触れることで、間接的に自分が歩むことのなかった別の生き方を垣間見れるような読感がある。

是非多くの人に手にとって欲しい作品。

この漫画の特徴として「美大についてよくわかる」「絵画芸術が身近に感じられる」という事が語られがちですが、実はとってもヒューマンドラマ。
矢口くんの絵の上達ぶりに、嘘だろ?!漫画か?!と思ってしまいそうになる事もあるのですが、それについては1巻でたっぷり説得力を見せつけられていて「まあそりゃあそうだよな」と思わせてくれる丁寧さがニクい。
矢口くんを含め登場人物達はそれぞれ他人が解決してくれない自分だけの苦悩を抱えていて、でもだからこそ各々他人が見たら羨慕でしか語れない引力も持っていて、もどかしいし切ないけど「この子達ならきっと乗り越えられるだろう」と信頼もできる逞しさが魅力的。

人の才能と欠点は表裏一体であり、劣等感と努力は因果であり、畏怖と親睦は同列なのかあ!と納得したくなるけど、それはこの登場人物達が皆素晴らしく頑張り屋さんで心が美しいからですね。安易な意地悪の登場しない、高尚な世界というのは読んでいて素直な気持ちで物語に集中出来て大好きです。

作中の登場人物達の描く作品に、実際の美大の生徒さん達の絵を使用しているところも堪らない。この漫画に血が通わす大事な血液の役を担っていながら、現役の生徒さん達にとっても「自分の作品が自分の名前と共に漫画に掲載されてコミックスにもなる」というのは素敵な経験だと思います。しかしあれ漫画の欄外に名前載せないで巻末とかじゃダメかね、気が散るんだが…とも少し思いますが。

あと実際のテクニックの話もちょこちょこ出てきて、ほーんこんな風に描いたらいいのね?、なるほど美術作品てそう楽しめばいいのね?という事も確かにタメになります。なるんかい。

泣いた。
翔也くんと話す八虎のモノローグや、小枝ちゃんの慟哭に。

絵を描くのってこんな哲学的だっけ…?
と改めて思ったブルーピリオド。今回の舞台はいつもとは違うフィールド。
最近のブルーピリオドは、ぴりぴりひりつく緊張感があったので11巻は久しぶりに和やかでいられそうと翔也くんのくだりが落ち着いたところで思っていましたが、小枝ちゃんの件で ぼんやりとした不安がちらついています。

誰かが悪いとは思いません。親御さん達それぞれにも悩みはあるでしょうし、頑張って生きていると思います。
親子だから近しい人だから100パー常に分かり合えて仲良しなんてことはなく、時に家族と衝突して友達と/知人と/行きずりの人と話すことで救われることもある。

小枝ちゃんの今後がやや心配…と思っていたので、巻末見て少しホッ。

自分は今どこにいるんだろ。
佐伯先生なんて程遠いし、八虎や橋田くんみたいに自分の弱みや悩みに気付けてるのかな?
言語化できずにモヤモヤしてその場凌ぎの快楽に流されて時間を徒に消費して生きてる気もしないでもない。

橋田くんを見て、博識で精神的に余裕があって追いつけないくらい理想も意識も高そうな人たちにも悩みはあるのかも、思わされた。
勝手に距離を心の中で作ってました。

美術に関わる人たちの話だけど、想像以上に内面がいつも丁寧に描かれてグサグサいい意味で刺さるので自己啓発に繋がりそうな気がしてます。がんばるぞってやる気が出ます。

ここぞっていう感情表現の時に、絵の具が滲んだような滲ませたような美術の絵っぽい表現が見られるのが良いなと思いました。

\合法的に2巻無料で読んでみる/

『ブルーピリオド』漫画PLAYなどの違法サイトで無料で読める?結論

・漫画PLAY・漫画バンクのような違法サイトを利用は、非常に危険!
読んだ人も罰則の対象に
危険なウイルスに感染する可能性も

・合法的に、『ブルーピリオド』の漫画を読むなら、
2巻無料で読める「コミック.jp」!
または一括購入ならお得な「Ameba漫画」!
『ブルーピリオド』を配信している電子書籍サイトを再度掲載します。

漫画配信サイト配信状況/
おすすめ
特徴

1~11巻配信
【一旦無料で楽しむなら】
・会員登録で1350ポイント無料!
2巻無料で読める
今すぐ無料で試し読み

1~11巻配信
【全巻一括購入するなら】
・初回登録で100冊まで40%OFF
・7冊以上の場合はお得
今すぐ無料で試し読み

1~11巻配信
【たくさんの漫画を読むなら】
・会員登録時70%OFFクーポン
・漫画の品ぞろえが業界最高レベル
今すぐ無料で試し読み
×
1~11巻配信
【いろんなマンガを少しづつ購入するなら】
・毎日2枚10~50%OFFのクーポン配布
今すぐ無料で試し読み

どのサービスを利用して読もうか迷う場合は、コミック.jpがおすすめです。

下記ボタンからコミック.jp公式ページに移動しますので、ぜひ登録をご検討してみてください!

\合法的に2巻無料で読んでみる/