Dr.STONE

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ206話速報!| コンピューター爆誕!材料はドーナツ!?

週刊少年ジャンプ2021年36・37号(8月10日発売)の『Dr.STONE(ドクターストーン)』第206話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『Dr.STONE(ドクターストーン)』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第205話 第206話 第207話

前回205話のおさらい

  • 天才数学者SAIは龍水の兄だった!
  • 10桁×10桁の掛け算も暗算で難なくこなすSAI
  • ゲーム好きが高じてプログラマーを目指したSAI
  • 月に到達するためには高度な演算能力が必要
  • 次の科学はコンピューター!

Dr.STONE(ドクターストーン)の最新話ネタバレはこちら

205話ではインドに到着した千空達が、天才数学者のSAiを席化辛復活させた後のやり取りが描かれました。実は龍水の兄出会ったSAi。数学の天才的なセンスを持ちながら、自身が目指したのはプログラマーでした。プログラマーとしても天才的なSAIの実力を見て、今ぴゅたーを作ると言い出した千空。果たして本当にコンピューターなんて作れるのでしょうか?

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレ

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレ|コーンシティの仲間も救出

ドクター是のとの最終決戦後、スイカによって石化から回復した南米の千空一行。206話では、コーンシティに残った仲間も無事に救出しました。時計技師ジョエルや杠等のキャラクターも久々の登場です。杠に抱き疲れた大樹の照れた顔が見ていてとても分かりやすいですね。

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレ|ついに始まるコンピューター作り

「コンピューターを作るとはいっても、まずは何を作れば良いのかもわからない」というゲンの質問から、千空がコンピューターの解説を始めます。

コンピューターは、スイッチのONとOFF、0と1だけの世界で、カードの表裏や波多野上げ下げでもコンピューターが作れると言う千空。実際に分かりやすくするために、旗を使った実験がここで始まります。

白い旗を1本ずつ持つ、ゲンとクロム。赤い旗を1本ずつ持つ、スイカとコハク。千空はスイカとコハクにシンプルな1つの指示を出します。

スイカには『クロムかゲン、どちらか一人だけが白の旗を上げていれば自分の赤の旗を上げる。』
コハクには『クロムとゲン、どちらも白の旗を上げていれば自分の赤の旗を上げる。』

という指示でした。
こうすることで、白の旗が上がっている本数を数えるときに。
白の旗が上がっていない→スイカもコハクも旗を上げない。
1本だけ白の旗が上がっている→スイカが赤の旗を上げる。
2本とも白の旗が上がっている→コハクが赤の旗を上げる。
といった処理ができました。

この、計算をせずにONとOFFの条件だけを見て答えにたどり着く流れがコンピューターの最も基本となる考え方との事でした。

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレ|理論は分かったけど実際どうするの?

旗を利用した実験で、コンピューターの仕組みはわかりました。しかし、現代のコンピューターはこの処理を、電動でかつ超高速でこなします。千空が作ろうとしたコンピューターは、どんな原理で動くものなのでしょうか。

千空の口から出たキーワードは「ドーナツ」でした。どうやら、日本の歴史において作り上げられたドーナツ型コンピューター「パラメトロン」を再現しようという考えのようです。作り方は簡単で、銅と亜鉛の合金で作製した輪っかに、電線を巻きつけるというものでした。

1+1のような簡単な計算式であれば、このパラメトロンが5個あれば作れます。これをたくさんつなげば着実に人知を越えると感動の涙を流すSAI。しかし、月面へ向かうための演算をこなすためには、案の定20万個のパラメトロンが必要との事。やっぱりそんなことだと思った、という感想を仲間たちから向けられつつも、月面への準備を着々と進めていくのでした。

207話へ

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレ考察

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレの考察・感想|石の世界にコンピューター誕生

1000億以上の秒数を石として過ごした、という情報を一瞬で年数に単位修正する千空や、10桁×10桁の掛け算を暗算してしますSAIがいるのにコンピューターなんていらないんじゃないか。なんて思った方も多いと思います。

しかし、作中でも千空が桁数の多い計算は正確な回答を出そうと思うと時間がかかると話している他、SAIも同様に10桁の掛け算暗算の際は考えるために時間を使ったと語っていました。

実際に地球から月に行くとなると、地球の重力の影響を考える他、それぞれの自転と公転の速さから発射の角度も計算する必要が有ります。すこしでも狂えば、月とは見当違いの方向に飛び出して、二度と地球に戻ってこれないなんてことにもなりかねないので、やはりコンピューターは必要なんですね。

Dr.STONE(ドクターストーン)207話予想

上記の通り、宇宙開発のためには緻密な数字の計算が必要なため、今後計測機器類を制作する必要があるのではないかと考えられます。計算の元となる数字が間違っていると、どんなに計算が正しくても解答は間違いです。

例えば、、月が現在何度の位置に有るのか、作ったロケットは時速何キロで飛べるのか、ロケットの発角度は何度か、等の情報が正確に測定できる必要が有りますね。

現代では、全長50m程度の大きさで約100人を宇宙へ運べるスペースシャトルが開発されています。大気圏内での高速移動時に期待が高温になるため、木材は素材として使えません。後は、測定機器に加えて精密な部品製造の技術と燃料さえあればスペースシャトルは作れるので、意外と月へ向かうのは近いかもしれませんね。

Dr.STONE(ドクターストーン)206話ネタバレまとめ

206話では自身がコンピューター並みの頭脳を持つ千空が、0-2の加算を解答できるコンピューターを開発しました。コーンシティの面々も救い出せて、新たなスタートを切った千空たちですが、月からの監視も有る中で人類を全員蘇生させるわけにも行きません。

次は何を発明するのか、スペースシャトルのロードマップが楽しみですね。

以上、Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ206話| コンピューター爆誕!材料はドーナツ!?をお届けしました!

Dr.STONE(ドクターストーン) キャラ解説

Dr.STONE(ドクターストーン)のネタバレ・解説一覧

22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
23巻
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話