Dr.STONE

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ208話 | コンピュータ完成への第1歩に到達!

週週刊少年ジャンプ2021年39号(8月30日発売)の『Dr.STONE(ドクターストーン)』第208話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『Dr.STONE(ドクターストーン)』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第207話 第208話 第209話

前回207話のおさらい

  • 千空たちは計算回路を完成させる
  • コンピュータ作成をコーンシティの住民に託すためにFAXを作成
  • 旅の動向に否定的だったSAIが最終的に仲間になった

Dr.STONE(ドクターストーン)の最新話ネタバレはこちら

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレ

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレ|コンピュータの重要性

千空とSAIがコーンシティの人たちに設計図を書いていました。
その頃、コーンシティでは配線巻きをしていました。
杠たちは黙々と作りますがマグマは苦戦。
そんな彼に羽京がコンピュータが必要な理由を説明します。
月面着陸はゴルフのホールインワンと同じくらい難しい。
なので、軌道計算をする上で童しても必要でした。
“数学オリンピック”
ファックスにはそれを開催するという案内が書かれていました。
そして、賞金1億ドラゴを聞いたマグマと陽は必死に作り始めました。

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレ|メモリ作成

“メモリ”
機械が数字を覚えるために必要なものだそうです。
そして、考える回路と覚える回路を合体することで超計算力のコンピュータを生むことができるとSAIは説明しました。
しかし、半導体がないのでどうやって記録するのかSAIはわかりませんでした。
“磁石によるデータのセーブ”
千空は記録方法を教えました。
そして、コーンシティにものすごく長いメモリの作り方のFAXが届きました。
まず、酸化鉄に電線を通します。
そして、電流を流して磁石がつく向きで記録ができるようです。
その話を羽京が説明している間に杠が回路を作りました。
ちなみに、パラメトロンは20万個必要でしたが、今回の磁石を縫い合わせる作業は3000万個。
そのことを知った杠たちはひどくショックを受けてしまいました。

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレ|電卓完成!

磁石の縫い合わせは順調に進みました。
続いて、ディスプレイの作業に入ります。
そして、ほぼ完成した状態になりました。
その頃、インドでは燃料の補給が完了して船はインド洋へ。
そんな中、ゲン主催の新世界数学オリンピックが始まりました。
出場選手は船上からはクロム・千空・SAI。
コーンシティからマグマが参加することになりました。
誰もがSAIが優勝してマグマはこの企画に向いていないと思っていました。
そして、問題が出されますがクロムは頭を悩ませており、千空は暗算をしている模様。
SAIは紙に書いて解こうとしていました。
“827401136058”
ゲンが出した数式を最初に解いたのは何かのボタンを押して表示されであろうものを答えたマグマでした。
続いてSAIが答えを導き出しますが、それは合っていました。
誰よりも先にマグマが答えを導き出したもの。
それこそが今回製作した電卓でした。
ちなみに、今回作った電卓には磁石は数千個しか使われていません。
そのことを知った大樹は完成したらどんなものになるか気になっていました。
一方、陽は賞金の1億ドラゴのことが気になっていました。
“龍水銀行”
それを作り、フランソワが振り込むことを約束しました。
しかし、残高の保存や計算はどうするのかという問題がありました。
それは今回作った電卓が全て解決してくれたので、銀行も手に入れることができました。

209話へ

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレ考察

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレの考察・感想|最終的なサイズが気になる

コンピュータ完成までの過程の第1段階である電卓が完成した今回。
思っていたより大きくて驚きました。
ちなみに、メモリに必要な磁石縫いが最終的に3000万個必要なところ、数千個しか使っていない電卓であのサイズ。
最終的にコンピュータがどんなサイズになるのか気になりました。

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレの考察・感想|数学オリンピックの真意

今回、賞金1億ドラゴで数学オリンピックを開催しました。
間違いなく電卓の力をみんなに披露するために開催したものだと思います。
あと、賞金もゲンはあらかじめコーンシティで作業している人たちにあげること前提で設定した金額だったに違いないと思いました。
ゲン、流石です。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話予想

コンピュータ完成への第1歩である電卓が今回完成したので、206話で登場したコンピュータ完成までのマップでいくと次回からファミコン作成が始まると思います。
それを踏まえて、コーンシティではメモリ増設のために磁石縫いを行い、SAIがプログラムを行いカセットを作成させるという作業が次回は描かれるのではないかと思いました。

Dr.STONE(ドクターストーン)208話ネタバレまとめ

計算回路を作成する一方でメモリーやディスプレイ作成を進行した結果、電卓が完成!
そして、ゲン主催の数学オリンピックで電卓の実力が証明されました。
また、賞金1億ドラゴの保存や計算のために電卓を使うことで銀行も誕生しました。
次回からはコンピュータ完成への次の段階であるファミコン作成が始まりますがどんな作業が待っているのか気になりますね。

以上、Dr.STONE(ドクターストーン)最新話ネタバレ208話速報!| コンピュータ完成への第1歩に到達!

Dr.STONE(ドクターストーン) キャラ解説

Dr.STONE(ドクターストーン)のネタバレ・解説一覧

22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
23巻
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話