Dr.STONE

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ209話 | 月旅行に隠された驚きの事実

週刊少年ジャンプ2021年40号(9月6日発売)の『Dr.STONE(ドクターストーン)』第209話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『Dr.STONE(ドクターストーン)』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第208話 第209話 第210話

前回208話のおさらい

  • コンピューター製作をコーンシティーに託す
  • メモリー作成が始まるが磁石縫いが3000万個必要ということを知り驚く
  • 電卓が完成して、数学オリンピックでその性能が証明された

Dr.STONE(ドクターストーン)の最新話ネタバレはこちら

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ|千空たちの次の目的地

千空は月旅行計画のためのロケット本体の作成を決めました。
ちなみに、コハクは本体は鉄製だと思っていました。
しかし、鉄は重すぎるので千空は軽いアルミニウムで作ろうと思っていました。
そして、船の目的地を龍水が発表します。
“オーストラリア”
これが次の目的地でした。
続いて千空は今回の目的の物を発表しました。
“ボーキサイト”
ここはアルミの原石になるボーキサイトの世界最大の産地だからでした。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ|勝負にならない素材探し

荒波を乗り越えて穏やかな海洋に出ました。
クロムは石探しなら地理学のプロのチェルシーに負けない自信がありました。
しかし、チェルシーは勝負にもならないと言います。
そして、陸地に着くや否やチェルシーがなぜ勝負にならないのかの理由を石のようなものを手にして理由を明かします。
アルミ原石のボーキサイトは地面全部なので探す必要はなし。
これがチェルシーが勝負にならないと言った理由でした。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ|問題解決になった援軍

ボーキサイトが簡単に手に入ることを知ったのでみんなは手作業で回収を始めました。
そんな中、龍水は“バケットホイールエクスカベーター”と言う超大型の露天掘りマシンが欲しいと思っていました。
千空もそれはゆくゆくは欲しいと思っていましたが今は人海戦術でやると告げました。
しかし、人海戦術には問題がいくつかありました。
大量にボーキサイトを掘るには大量の人員必要ですが、復活液があまりないと言うこと。
そして、復活させたとして食料はどうすることなのかと言うことでした。
しかし、フランソワは何か準備をしていたようです。
その直後、黒い煙が陸地に向かって迫ってきました。
それはアメリカのコーンシティから来た船(コーン便)のものでした。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ|石化装置の事実

コーン便が来たことで食料の確保ができました。
ちなみに、乗っていた羽京は食料以外に重要なものを持ってきていました。
それは、電池を新品にした石化装置(メデューサ)でした。
早速使えるかどうか試すために千空が範囲(1m)と起動までの時間(3秒)を告げて投げました。
その結果、ちゃんと起動して禍々しい輝きを放ちました。
電池作りをしたカセキはどれも起動しなかったのでジュエルの電池だと思っていました。
しかし、今使ったのは宝島の石化装置にカセキの電池を入れたものでした。
続いて、羽京は爆心地で大量に拾った石化装置にジュエルの電池を入れたものを起動させようとしました。
しかし、起動しませんでした。
これによりわかったことがありました。
それは、爆心地の装置が使えなかったのはすでに劣化してしまったからで、宝島のが使えたのは現役で使っていたものだったからと言うこと。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ|月旅行のつらい現実

宝島の装置が使えることではっきりしたことがもう1つありました。
それは、装置が月旅行のロケットの最重要パーツということでした。
なぜなら、ホワイマンがいつ攻めてくるか分からないので、帰りの便を作る暇がないほど急いでいるからです。
千空の話を受けて龍水が言ったことに周りは驚愕します。
それは、月行きのメンバーは結果がどうなっても地球には戻らないのではないかということでした。
そして、千空が月に着いてからのことを話します。
「月へ降り立った3人は石化装置の力で石化をしてずっと救助を待ち続ける」
つまり、ロケットは片道切符なのでした。

210話へ

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレ考察

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレの考察・感想|素材集めや石化装置の驚きの事実が判明

今回は驚きの連続でした。
まず、ロケットの素材にするアルミニウムの原石であるボーキサイトを簡単にゲットしたということ。
鉱物なので苦戦すると思っていたのであっさり過ぎでした。
続いて、石化装置が動かなかったのが装置そのものに原因があったということ。
今まで電池が原因と思っていたのでこれも驚きでした。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレの考察・感想|ロケット作りに迷いが生じないか心配

1番驚いたのはロケットが片道切符ということ。
ここでカミングアウトしたら、みんなが作ることに迷いを持つのではないかどうか心配です。

Dr.STONE(ドクターストーン)210話予想

ロケットでの月旅行が片道切符ということを告げられて一同は間違いなく迷いを持つと思います。
その一方で無事帰るための方法が無いか模索するに違いないと思います。
千空がいう以上無理なのかもしれないですが、何か片道切符にならない方法があるに違いないと思います。

Dr.STONE(ドクターストーン)209話ネタバレまとめ

千空たちはロケットの素材になるアルミニウムの原石のボーキサイトを採りにオーストラリアへ。
素材はあっさり見つかるものの人海戦術での採掘には人手不足だったのでコーンシティーから援軍が到着。
さらに、宝島の石化装置が電池を入れて使えることが判明!
そして、石化装置がロケットの最重要パーツだということも判明しますが、
月旅行が片道切符だという事実を突きつけるものとなってしまいました。
果たして、みんなはロケット作りを続けるのでしょうかか?

以上、Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ209話速報!| 月旅行に隠された驚きの事実

Dr.STONE(ドクターストーン) キャラ解説

Dr.STONE(ドクターストーン)のネタバレ・解説一覧

22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
23巻
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話