炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊 ネタバレ301話最新話予想考察!| 世界が変わったことで新たな問題が!?

週刊少年マガジン連載『炎炎ノ消防隊』のネタバレまとめページです。『炎炎ノ消防隊』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『炎炎ノ消防隊』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

週刊少年マガジン連載『炎炎ノ消防隊』の概要

全人類は怯えていた──。
何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。
炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命!
とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・シンラは、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!!燃え上がるバトル・ファンタジー、始動!!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『炎炎ノ消防隊』を読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第299話第300話(最新話)第301話

週刊少年マガジン2022年11号(2月2日発売)の『炎炎ノ消防隊』第301話のネタバレ予想・考察をお伝えします!

現在発売中の最新話ネタバレはこちら

炎炎ノ消防隊 ネタバレ300話 | 森羅万象マンが世界とハウメアを変える週刊少年マガジン2022年10号(1月26日発売)の『炎炎ノ消防隊』第300話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています...

炎炎ノ消防隊301話ネタバレ予想

ハウメアの心を開いたことで大災害は納まったようですが、この世界について疑問を抱いている人がいるの、本当にこの世界でいいのかを選ぶことになると思います。
それが、次回のタイトルの『選び取る未来』には込められているに違いないと思いました。

炎炎ノ消防隊301話ネタバレ考察

炎炎の消防隊ネタバレ最新話301話考察|世界の変化は新たな問題の原因になる

森羅万象マンは世界の再生で人々を復活させた際に命の価値を軽くして死を親しみのあるものにしました。
大災害前に亡くなっていたけれども復活した人ので弾木がいますが、完全な姿で復活したと思いきや頭はオロチに切られた部分は治っておらず本体と分離してしてしまいました。
最初は驚きますが、結局考えるのをやめてしまいました。
一方、生きていたけれどもジャガーノートは手が再生するものの取れることに驚きますが木にするのをやめてしまいました。
さらに、生死が不明だった桜備もドッペルゲンガーに切られた首が治っていない状態で復活しますが、最終的には鍛えれば大丈夫と思っていました。
このように、大災害が起きた時点で死者や生きていたけれども負傷した人にとってはこの世界はいいのかもしれません。
しかし、火縄やリヒトのように変わった世界に違和感を持つ人もいましたので、この世界のことをいいとは思っていないに違いないと思います。
この考えの違いが新たな問題の火種になりそうな気がしました。
例えば、考えの違いによる対立があると思います。

炎炎の消防隊ネタバレ最新話301話考察|この世界に異議を唱える人が登場

この世界に対して疑問を抱く人がいるということを踏まえると、本当にこれでいいのか異議を唱える人が現れると思います。
現に、ショウが299話の最後でこれで本当にいいのかシンラに問いかけていました。
他にいるとしたら紅丸がそれに該当すると思います。
彼は、ドッペルゲンガーではありますが火鉢を第7消防隊の隊員たちが盛り上げる中で倒しました。
それにもかかわらず、彼の目の前には生前の火鉢の姿が!
しかも、紅丸は自分が生きているとは思っておらずあの世にいると思っているようです。
この世界があの世ではないことを知ったら、この世界を否定するに違いないと思いました。

炎炎の消防隊ネタバレ最新話301話考察|世界をかけたバトルの可能性がある?

アーサーは大災害で地球が完全に第二の太陽になる前から宇宙空間にいました。
ってきたことをずっと見ていたことになります。
なので、他の人以上に何か特別な考えを持っているに違いないと思います。
そんな彼は、地球に戻ってきてシンラが変えた世界に対してこの世界で本当にいいのかと問い詰めるに違いないと思います。
回答次第では、シンラとアーサーがどの世界がいいのかを決めるためにバトルをする可能性もありそうですね。

炎炎ノ消防隊のネタバレ・解説一覧