炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊ネタバレ280話速報!| 世界からの否定!アサルト参る!!

週刊少年マガジン2021年39号(8月25日発売)の『炎炎ノ消防隊』第280話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『炎炎ノ消防隊』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第279話 第280話 第281話

前回280話のおさらい

  • 第8を壊滅させるアサルト
  • 環への思いからアサルトへ戦いを挑むジャガーノート
  • アサルトの一撃で空を舞うジャガーノート
  • 環は服を脱ぐ

前回のネタバレはこちら

炎炎ノ消防隊ネタバレ279話速報!| 愛と絆の戦い!アサルトの圧倒的実力!!週刊少年マガジン2021年38合併号(8月18日発売)の『炎炎ノ消防隊』第279話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介してい...

炎炎ノ消防隊最新話ネタバレ280話ネタバレ

炎炎ノ消防隊280話ネタバレ|市民の声

市民からは「可愛くない」「何やってんだ」「恥知らず」と呼ばれる環。
 世論はスケベなど不要だと言う。
 しかし、リヒトは「ラッキースケベられ」を持つ環は確立者の1人だと言う。彼女にはこの世界における役割がある。
 アサルトは「エロが効かないなら勝ち目はない!」と言い、環の攻撃をいとも簡単にかき消してしまう。
 アサルトの一撃を受けても耐える環の「打たれ強さ」は評価しています。
 それでも環のエロは認めないアサルトに、今度はお尻攻撃を行うがアサルトには効かない。
 さらには「恥知らず」「エロしか能が無いのか」「女の恥」と市民に言われ続ける。
 環のスピードはアサルトもある程度は認めているようだが、すぐに捉えられてしまう。
 アサルトにより“ラッキースケベられ”すら防がれてしまう環に、市民の声はより強い罵倒となる。
 「裸見せる以外何もできないのか!」「よく消防官なんてできるな!」「何寝そべってんだ!」「そんな格好しても男は来ないから!」「真面目にやれ」「戦えよ!」
 市民を守るために戦い、地に伏せる環に対する市民からの声は非情なものだった。
 モブである市民は確立者であるアサルトに流されることしかできない。

炎炎ノ消防隊280話ネタバレ|アサルト、参る!!!

 「お前を殺し、スケベは消える!!エロなど必要ない!!!」
 アサルトは全力の一撃で環を葬り去ろうとする。
しかし、本物のアサルトが環のピンチに参る!
「この世にエロは必要」と言う本物のアサルトに、“ドッペルゲンガー”であるアサルトはエロの敗北者と非難する。
「エロに敗れ、エロに抗えず、エロに屈する、情けないエロの敗北者」そんなことを言われても、本物のアサルトはその言葉を肯定する。
本物のアサルトの煩悩は“ドッペルゲンガー“によって封じられた”ラッキースケベられ“を復活させた。

炎炎ノ消防隊280話ネタバレ|環の決意

 本物のアサルトはエロによる隙があるため、”ドッペルゲンガー”のアサルトには勝てない。
 市民からの環への批判は大きくなり、「キモイ」「子供に悪影響」「男でも迷惑」
 ”ドッペルゲンガー”のアサルトは世界の声を聴き、改めてエロを規制することを誓う。
 世界から自身を否定された環は不敵に笑いながら宣言する。

 「ゴチャゴチャうるせぇ!そんなにエロが嫌なら見せてやる!!」

炎炎ノ消防隊280話考察・感想

炎炎ノ消防隊280考察・感想|環への評価

 市民からの声は客観的には間違っていないですよね。
 小さい子供の目の前で服を脱ぎ、下着姿になる環は間違っているかもしれません、
 しかし、大隊長や守り人を一撃で沈めたアサルトの攻撃を受け止め、攻撃を回避する力。
 何より、市民を1人で守ろうとする姿に罵声を飛ばすのはあり得ないと思いました。
 改めると、手練れを一撃で沈めたアサルトの攻撃を何度も受け止めたり、回避する環は並みの消防官ではないと実感させられます。

炎炎ノ消防隊280考察・感想|アサルトの言葉

 “ドッペルゲンガー”のアサルトはエロが不要と言っていましたが、こうしてみると不自然なくらいですよね。そもそも、黒野と同じく“ドッペルゲンガー”のアサルトは絶望を加速させることが目的のはずです。
 そして、本物のアサルトがエロは必要と言っているシーンを考えると、環のエロは絶望を食い止める要素の1つではないかと思います。
 実際、市民は怒りで絶望を忘れ、絶望していないと見られます。
 白装束は大災害について一番よく知る者たちであり、ショウの「希望を捨てるな」と言う言葉から、第1の絶望であるドラゴンを退けました。
 ならば、確立者であり、同じ白装束のアサルトの言葉も意味のある言葉だとは思えません。
 そして、本物のアサルトが白い服を脱ぎ、黒い姿で援軍としてやってきた姿は白装束を裏切ったと分かりますね。

炎炎ノ消防隊281話予想

 明らかに新人とは思えない環の力。
 環の持つエロの力は異常であり、方向性こそ違いますが確立者の持つ力に匹敵すると言えるでしょう。
 環のエロの力が覚醒し、市民の持つ絶望を塗り替えるのではないかと考察します。
 また、ここまでその力を見せた“ドッペルゲンガー”のアサルト、その本物のアサルトが自分の“ドッペルゲンガー”と対等にやり合えるようになるとも考えます。

炎炎ノ消防隊280話ネタバレまとめ

今回は市民からの避難と”ドッペルゲンガー”のアサルトからの正論が環を襲いましたね。
 リヒトの言った「タマキの役割」とは一体何なのか。
 遂に現れた本物のアサルトは、自分の“ドッペルゲンガー”にこのままやられてしまうのか。
 次回の炎炎ノ消防隊が楽しみです!

以上、炎炎ノ消防隊ネタバレ280話!| 世界からの否定!アサルト参る!!ネタバレと考察をお届けしました。

炎炎ノ消防隊のネタバレ・解説一覧

30巻
259話 260話 261話 262話 263話
264話 265話 266話 267話
31巻
268話 269話 270話 271話 272話
273話 274話 275話 276話
32巻
277話 278話 279話 280話 281話
282話 283話 284話