炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊ネタバレ283話速報!| ジョーカーの死闘!新たなる2体の“ドッペルゲンガー”!

週刊少年マガジン2021年42号(9月15日発売)の『炎炎ノ消防隊』第283話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『炎炎ノ消防隊』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第282話第283話第284話

前回281話のおさらい

  • アサルトの呼びかけにより人々がエロに目覚めた
  • アサルトと環の連携によりアサルトの”ドッペルゲンガー”に勝利した
  • 環が呼び込んだ希望は人々の笑顔を取り戻した

前回のネタバレはこちら

炎炎ノ消防隊ネタバレ282話速報!| 大災害への切り札!最強の一撃!週刊少年マガジン2021年41号(9月8日発売)の『炎炎ノ消防隊』第282話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。...

炎炎ノ消防隊最新話ネタバレ283話ネタバレ

炎炎ノ消防隊283話ネタバレ|影の戦い

 アサルトの“ドッペルゲンガー”との戦いが終わり、目が覚めたジャガーノートが見たのは“女神”だった。
 “女神”と称された環はジャガーノートを助け起こした。
 「環を助けるために来た!」と言っていたお礼に、ジャガーノートとの1回デートを約束する。
 照れる環と驚きと喜びの間で揺れるジャガーノートだったが、他の場所では大規模な火災が続いていた。
 その方向には他の“ドッペルゲンガー”を探しに行ったジョーカーがいたが、強者の“ドッペルゲンガー”相手に無事ではいられないと危惧する。
 
 とある路地裏では片や無傷、片や満身創痍の2人のジョーカーたちがいた。
 「俺の“ドッペルゲンガー”が、なんでそんなに強いんだよ!!」
 自身を無傷のまま圧倒するジョーカーの“ドッペルゲンガー”に立ち向かうジョーカーだったが、動きについていくことすら出来ない。
 ”ドッペルゲンガー”がイメージで出来ているなら、「俺をどんな化け物と考えているのか」と悪態をつく。
 ジョーカーは“観察者”であり、左目には聖痕がある。その眼で“アドラ”を覗いていた。
 だからこそ、この先には絶望しかないと分かっていても立ち上がる。最後まで、死ぬわけにはいかないのだから。
 しかし、ジョーカーはへたり込み、その状況に絶望する。
 新たに現れた2人目の“ドッペルゲンガー”の出現、それもバーンズの“ドッペルゲンガー”が姿を見せた。
 

炎炎ノ消防隊283話ネタバレ|バーンズとの再会

 死んだバーンズの“ドッペルゲンガー”と出会い、自身の最期を悟るジョーカー。
 ジョーカーとバーンズの目は2つで1つ。生き残ったジョーカー1人、片目では意味がない。
 最後にバーンズと再会できたことに喜び、「甘えに殺られるなら最悪の中の最高だ、殺れ」と遺言を残すジョーカー。
 振り上げられたバーンズの手刀はジョーカーの“ドッペルゲンガー”を貫いた。
 ジョーカーの”ドッペルゲンガー”を倒したバーンズは府中の後の事を語る。
 なんと、“アドラ”に引きずり込まれた後、“ドッペルゲンガー”である自分と一体化したという。

炎炎ノ消防隊283話ネタバレ|最強の“ドッペルゲンガー”

 しぶと過ぎるバーンズに悪態をつくジョーカーだったが、彼からの話は冗談では済まされない程の物だった。
 “アドラ”は人間のイメージで出来ていること、伝導者の正体について。
 何より、災害隊が呼び寄せた残りの2体の“ドッペルゲンガー”について。
 ジョーカーの“ドッペルゲンガー”を瞬殺したバーンズですら、「強力」と称するほどの”ドッペルゲンガー“がまだいるという。
 その2体は何としても止めなくてはならない。

 黒野は大黒から消防隊と協力し、“ドッペルゲンガー”討伐を命じられる。
 「会社が無くなればお前の居場所はない」と脅され、1人になった黒野は仕方なく業務命令に従う。
 その時、黒野の元に“最強”紅丸の“ドッペルゲンガー”が現れた。
 

炎炎ノ消防隊283話考察・感想

炎炎ノ消防隊283考察・感想|頼もしすぎる増援

 前回、アサルトの離脱を残念と思いましたが、消防隊の増援として現れたのは第1大隊長バーンズ。
 彼は府中で死亡し、”ドッペルゲンガー”に“アドラ”へと連れ去らわれたはずでしたが、なんと相手を取り込むことでパワーアップして蘇りました。 
 “ドッペルゲンガー”を取り込んだ人物は“屠り人”ドラゴンであり、彼は紅丸にすら「勝てるか分からない」と言わしめた実力者です。
 最初の絶望として1人で世界を絶望させたドラゴンと同じことを成し遂げるという偉業もですが、バーンズは瀕死の状態で”アドラ“へと連れ込まれたはずです。
 つまり、ハンデ有りの状態でこれまで出てきたような”ドッペルゲンガー“を取り込んだことになりますね。
 そのバーンズの力は強者の“ドッペルゲンガー”を一撃で葬り去る威力。
 戦闘力もですが、第1大隊の隊長が戻ってくるのであれば、まさしく希望と言えるでしょう。

炎炎ノ消防隊283考察・感想|最強の参戦

 最強の援軍を味方につけたと思えば、そのバーンズから伝えられた強力な“ドッペルゲンガー”の存在。
 私はまだ登場していないキャラ、最期に紅丸の“ドッペルゲンガー”と考えていましたが、登場したのは紅丸の“ドッペルゲンガー”。
 もう1体の“ドッペルゲンガー”も気になりますが、紅丸の“ドッペルゲンガー”と戦うとは考えたくもありません。
 黒野は自分の”ドッペルゲンガー”と戦ったばかりのため、紅丸の“ドッペルゲンガー”とは苦戦を強いられるでしょう。
 消防隊の増援は間に合うのでしょうか。

炎炎ノ消防隊284話予想

 遂に衝突する紅丸の“ドッペルゲンガー”と黒野。
 互いに実力を比べられる程のですが、事前に戦闘をした黒野の敗北濃厚であると考えます。
 また、謎に包まれた紅丸と同等以上の強者の“ドッペルゲンガー”についても触れられると思います。

炎炎ノ消防隊283話ネタバレまとめ

 タイトル通りまさしく切り札であるバーンズの復活に黒野の消防隊との協力は頼もしすぎます。
 しかし、「バーンズならいい勝負できるかも」とバーンズですら負けるだろうと言われた紅丸の“ドッペルゲンガー”との戦いが始まります。
 さらには紅丸の“ドッペルゲンガー”と肩を並べるもう1体の”ドッペルゲンガー“の存在に、ジョーカーの語る「絶望しかない未来」、伝導者の正体など楽観的にはなれない情報も出てきました。
 怒涛の展開を見せる炎炎ノ消防隊に目が離せません。

炎炎ノ消防隊のネタバレ・解説一覧