おすすめ漫画

『ハンターハンター』を全巻無料で読む方法!おすすめで安全の漫画配信サイト・アプリは?

漫画バンクや漫画Playなどの違法サイトで「ハンターハンター」は全巻無料で読めるのか、漫画バンクを始めとする違法サイトや漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「ハンターハンター」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想やなど作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「ハンターハンター」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「ハンターハンター」を読めるサイト・アプリ一覧

漫画配信サイト配信状況特徴

全巻配信
\全巻半額!/
今すぐ試し読み
全巻配信 クーポンで70%OFF
今すぐ試し読み
全巻配信 1巻半額
今すぐ試し読み
全巻配信 1巻40%OFF
今すぐ試し読み

漫画「ハンターハンター」はコミックシーモアなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

CHI
CHI
一番お得に読めるのはBOOKWALKERです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回購入時に半額還元される(上限なし)
登録不要で読める無料漫画を多数配信中

BOOKWALKERなら…

「ハンターハンター」を全巻半額で読める
「ハンターハンター」全巻配信中!

現在、BOOKWALKERでは初回購入時の総額の半額が上限なしで還元されます

このお得なキャンペーンはいつなくなるか分かりません。

一番お得に「ハンターハンター」を読むことが可能なこの機会にBOOKWALKERをご利用ください。

漫画「ハンターハンター」は漫画PLAYで全巻無料で読める?

漫画「ハンターハンター」は違法サイトの漫画バンクや漫画PLAYやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

漫画バンクはもう見れない?後継サイトは漫画Play?危険性や大丈夫なのかを検証「漫画BANK(マンガバンク)」は無料で漫画をダウンロードできるとされていたサイトです。 無料で漫画が読めると謳っていますが、その実態...

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

違法漫画サイトを利用しただけで逮捕される可能性がある

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

PCやスマホにウイルスが入って詐欺やクレカの情報を抜き取られる

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

CHI
CHI
違法サイトは、タダほど怖いものはないというくらいリスクがいっぱいです

ここでは、安心して漫画を読める公式サイトを紹介しているので安心して漫画を楽しんでください!

漫画「ハンターハンター」のあらすじと感想

ハンターハンターあらすじ

幽遊白書で有名な冨樫義博の新連載開始ということで、連載当初から圧倒的な人気を誇り、ファンから熱狂的な支持を得ている漫画「HUNTER×HUNTER」。

作者の体調不良により、これまで何度も長期間の休載を挟んでおり、これまでの休載期間を合算すると12年以上。
現在は、3年の休載が続いています。

しかし、それでも常に上位人気を獲得してるという日本を代表する漫画です!

主人公は、大自然に囲まれた小さな田舎の島「くじら島」に住む少年ゴン=フリークス。
両親はおらず、育ての親のミトとそのお母さんに育てられていました。
ミトからは父親は死んだと聞かされていて、母のことは知らないといわれていたゴン。

ミトさんに育ててくれた恩を感じていたため、それ以上深く聞くことはありませんでした。

しかし、ゴンが8歳の時に運命が大きく動き出します。

ある日森で獣に襲われたゴン。その時、ある男に助けられました。
その男は、ハンターという仕事をしており、伝説のハンターであるゴンの父親ジン=フリークスを探しにやってきたのでした。

カイトから、ジンは偉大なハンターで、どこかで今でも生きていることを聞いたゴン。

ジンは、世界中を飛び回り、財宝・珍味・賞金首などを狩猟(ハント)することを仕事とするハンターをしていることを知ります。

ハンターにも憧れを抱いたゴンは、自分もハンターになろうと決め、そんな父親を探す旅にでることを決意します。

故郷の「くじら島」を旅立ち、ハンター試験に挑戦することにしたのです。
ゴンの冒険物語が幕を開けます。

ハンター試験で出会った親友のキルアや仲間たちと、世界中を旅しつつ、各地で起きる問題や、出会った強敵たちを打ち破りながら成長していく物語が『HUNTER×HUNTER』です。

ハンターハンター感想

20代女性
20代女性
冨樫さんはいろんなことを思いつくし、幽遊白書からこのハンターハンターという話が全然違うもの二つを大人気作品にできるのが本当にすごいなと感じています。ハンターハンターはまだ完結してないしこれからも連載再開して完結することはないんだろうなと思っているのでとても残念に感じています。わたしは話も好きなんですが、特に絵が好きでその中でもキルアがとても大好きです。可愛いと思っていたらかっこいい部分もたくさんあってこんな可愛くてかっこいい子を描けるのが本当に尊敬しています。キルアが普通の子供なのかと思ったら豹変したり、意外とサバサバしてて友達思いだったりが可愛くて仕方ないです。でも可愛いキャラを描いている反面で、キメラアントなど読んでいてとても気持ち悪いなと思うキャラも描くので驚いています。ハンターハンター界でキメラアントの部分が私の中でトラウマでいつか夢に出てくるんじゃないかなと感じてるくらい嫌いなキャラクターです。あんな大きな昆虫とかと戦うなんて考えたくもないし、それを思いついて書いておもしろくしてしまう冨樫さんは本当に素晴らしい漫画家さんだなと思っています。あとヒソカが想像以上にスッピンかっこよくて最高でした。
20代女性
20代女性
本来、敵対関係に位置している幻影旅団のことが何よりも好きで仕方ありません。ハンター試験編ではヒソカの圧倒的な強さに目を瞠り、天空闘技場編ではマチの可愛さに悶え、そしてヨークシンシティ編では自分が生涯愛することを誓ったフェイタンとの出会いがあり、気づけば悪の組織であり唾棄すべき存在とされる幻影旅団の虜となっていたことを認めざるを得ません。個人的には、競売会場を襲撃したシーンが大好きです。とりわけ、ウヴォーギンの弔いの意味を込めた「ウヴォーさん、これが俺らからのレクイエムです」のセリフに感動しました。団長のみならず、旅団員全てが彼のことを大切な存在として認識していたことが見て取れ、素晴らしいと言うほかありません。一方、別の意味で自分のハートを鷲掴みにしたのはフェイタンのタキシードです。普段はマスクで隠されていて拝見できない素顔が顕になっているのがたまらなかったです。年齢は明かされていないものの、見るからに童顔であるその顔立ちに心を完全に支配されました。とても拷問を好むような冷酷極まりない人間には思えなかったです。もっとも、拷問にかけるところも好きであるため、自分としてはただ単にフェイタンの好きな要素が増えたに過ぎません。
30代女性
30代女性
富樫先生の作品で1番大好きですし、続編が出るまで何年待たされても、想像の斜め45度をついてくるストーリー展開に毎回ついていくのに必死です笑。はじめはゴンの成長を追っていくストーリー展開だったはずなのに、ハンター試験編・ヨークシン編・グリードアイランド編・キメラアント編・会長選挙編・暗黒大陸編と大まかに6編に渡ってキャラのバックストーリーを織り交ぜながら、伏線を拾いながら飽きさせない作品でした。最新の暗黒大陸編は念能力や登場人物が複雑化しすぎて1回読んだだけじゃ理解出来なくなってきているけど、1巻から順々に読み進めていけば、飽きることはないんじゃないかと個人的には思います。昔はお兄ちゃんが買ってきたハンターハンターの新刊をこっそり読むのが楽しみだった10代。そこから時を経て30代になった今でも読み返すと止まらない。サブクスでアニメ版まで見始める始末。キャラクター同志の繋がりや友情、人間愛を超えたキメラアント編はスタート直後は、全然面白くなくて読むのをやめようとした時もあったけど、いきなり革新的なストーリー展開になって結局読み切ってしまった。最近も「~系の能力の持ち主」が登場する漫画が量産されていますが、ハンターハンター程作り込まれた漫画はないと思っているので、読んだことない人へは声を大にしておススメしたい作品です。
30代女性
30代女性
ハンターを目指すゴンが主人公になりますが、ハンター試験を受ける過程でキルア、レオリオ、クラピカという仲間を作ります。
念能力の修行を始めてからは、より能力や系統など話が複雑になっていきますが、それがよりこの作品を楽しくしている点であると思います。
私が好きなエピソードはいくつかありますが、一つはヨークシンのオークション編です。オークション編では、幻影旅団という有名な盗賊団が現れます。この幻影旅団がとても魅力的です。旅団メンバー全員が魅力的な能力と見た目ですが、旅団の団長が特に頭が良く能力が高く、様々なエピソードがあります。
二つ目のエピソードはキメラアント編です。このエピソードは他のお話の中では残虐な描写が多く、途中までは憂鬱な展開が多いのですが、一番の敵であるメルエムとコムギとのエピソードはとても感動的です。
漫画で見た際も泣けましたが、アニメ版で見ていた時も思わず泣いてしまいました。
またハンターハンターという作品の特徴ですが、メインではないキャラクターそれぞれがもっている背景や行動、時系列がしっかり描かれていることです。
団長とヒソカのバトルは単行本1冊丸々使って描かれていましたし、いつ回収されるかわからない伏線もたくさんあり、いつか明かされるのを楽しみに待っています。
20代男性
20代男性
人気漫画の多いジャンプの中でも、ファンの数は間違いなく上位にある作品だと思います。ハンターハンターと言えばアメトークでも枠がとられたぐらい面白く、作者である冨樫先生が休載を長くする事で有名です。それでも長い時間を待ってでも続きが気になる、読みたくなる作品だと思います。主人公の成長とともにストーリーを楽しむのはもちろん、周りの仲間は、そのお話で新しく出てきた仲間の成長や、ストーリーの時系列、各登場人物の背景までもが漫画のレベルを超えているぐらい細かく作り込まれていて、何度も読めば読むほどハンターハンターの面白さが滲み出てきます。主人公などの主要人物含め、それぞれのキャラクターにそれぞれの独特な能力があり、生い立ちも詳しく描かれることがあり、どのキャラクターにも感情移入してしまうぐらい好きになれるキャラが多いです。また、悲しいシーンなどは実際に涙を流してしまうぐらい引き込まれます。そして、休載が多いと言われている理由の一つでもある、絵がとてつもなく綺麗です。細かいところまで力強く書かれているので、より漫画にインパクトや緩急が生まれてリアルに漫画を見ている感覚に襲われます。稀に、ネームだけで連載されている所もありますが、それもハンターハンターならではの表現だと思います。
30代男性
30代男性
初めて読んだ時、少年漫画らしい派手なバトルシーンが中心になっていてすぐに惹きつけられました。いろいろなバトル漫画がありますが、ハンターハンターは各キャラの念能力が魅力的で面白いです。特に、はじめて読んだのが小学生の時だったので、「自分にはどんな能力があるんだろう?」と考えさせられました。また、意外と残虐なシーンや悲惨な過去を持つキャラもいて、熱い少年バトル漫画だけで終わらないのも好きな点の一つです。連載から長い時間が経っていますが、回を重ねるごとに深みが増してくる作品だと感じます。絵も冨樫義博らしく、表情や躍動感の表現が独特です。その点は富樫先生の前作、「幽遊白書」よりもさらに磨きがかかっていると思います。家族や友人関係などの感情的なシーンも多く、笑いも涙もある作品で、毎回楽しみにしていました。休載が多く、完結までまだ先が見えない状況ではありますが、毎話展開があって読み続けてしまっています。あと、登場キャラクターはどんどん増えていくのですが、初期キャラクターが最新話でも活躍しているのも嬉しいです。キャラクターの成長・話の展開・能力やバトルのアイディアなど、最も好きな作品の一つなので、これからも続いてくれたらいいなと思っています。作品の世界観に惹き込まれるのが好きな人は、是非読んでみてください。
30代男性
30代男性
最初ハンターハンターを読んだ時、人がばんばん死ぬので驚きました。少年ジャンプで登場人物が死ぬというのは初めての体験でした。当時小学生だった自分はハンターハンターの魅力に負けて、ジャンプを読むのが楽しみでした。
一番悲しかったのは、よく休載される事です。今も数年休載しています。
ハンターハンターの一番の面白い所は念と呼ばれる力で、1人1人の個性的な力は凄くわくわくさせてくれます。
物語が複雑に絡み合っているので、今後どうなってしまうのか、とてつもなく気になる所です。
ハンターハンターを読んでいて思ったのは、絶望的な状況で助かる場合と絶望的なまま死んでしまうシーンが多い所です。
それを見ていると、読者である自分はハラハラして続きが気になってしまいます。
現在物語は終わりそうではなく、まだまだ続きそうな雰囲気です。
しかし作者さんは休載続きなので、一体いつになったら終わるのだろうかと、読者を悩ませるポイントがあります。
あと、念の力で、何かを代償にして、その代償が大きい程に念の力が絶大なる力になるという所も、すごく考えてるなーと思わせてくれます。
たまに理不尽な描写はありますが、それもハンターハンターの魅力な所だと思っています。
30代男性
30代男性
とても面白い作品です。読者をワクワクさせるような冒険がたくさん詰まっている漫画で、少年向けではありますが、大人も少年に戻った時のようにワクワクしながらストーリーを楽しめます。少年のゴンが、父親に出会うためにハンターライセンスを取得して成長していくストーリーがメインですが、その中に多くの冒険があるので魅力が豊富です。○○編と分別されるように、各章が分かりやすく区切られており、その時に応じた目的も明確にされているので読みやすいです。何も知らないゴンが世界を知って成長していく姿が楽しいです。親友となるキルアはクールキャラでかっこいい魅力のある子供。しかし、その裏には様々な秘密が隠されている。本当にキャラ設定が上手いと思いました。ハンターハンター全体を通して非常に面白いストーリー構成となっているので、何度読み返してみても面白いと感じます。不満点は、作品の続きが読めない事を始めとして、多くあります。主人公のゴンの目的が達成されたのに、まだまだ話が続いている事など。それでも続きが気になって、連載が待ち遠しいと思ってしまうほどに魅力が多い漫画です。少年の心を思い出しながら、ワクワクした気持ちで読める作品です。
30代男性
30代男性
ハンターハンターは世界の謎やいろいろな未知を解き明かすハンターの物語です。ハンターになるために島を飛び出た主人公のゴンは、天真爛漫で明るく、とても好感の持てる主人公です。私がびっくりしたのは、序盤の主人公の武器が釣り竿なことです。過去、釣り竿を得物にしたキャラは居なかったと思うので、とても新鮮でした。彼はハンターになるための試験で、その後交流を深めていく仲間たちと出会ったり、敵とも言い切れないけど危ないキャラクターとも知り合っていくのですが、その中で私が一番好きなキャラクターはキルアです。彼は暗殺者一家の一員で、最初からすごい強いのですが、それ以上に強いキャラクターがゴロゴロいるので、仲間として丁度いい塩梅でした。物語の後編にはなるのですが、彼もヨーヨーという変わった武器を使ったりして、みんな変わったものを使うのは、この作品の特徴なのかもしれません。キルアは彼を心配する兄に少し洗脳されており、それが物語中でたまに邪魔をしてくるのですが、逆にその洗脳を解いたときに、とても強いカタルシスを得ることが出来ました。総じて魅力的な世界観とキャラクター、他のマンガでは見られない展開で、とてもおもしろい作品です。
40代男性
40代男性
ハンター×ハンターで特に面白いなと思い始めたのはヒソカの念能力が出だした頃からです。天空闘技場でヒソカの念能力を解き明かしていく過程で、ヒソカのバンジーガムが相当厄介な能力であることから、ヒソカの強さを象徴してるなと思い、作品の中で、一番厄介な敵という位置付けになったと思いました。時にはゴン達と共闘したこともありましたが、結果として自分のやりたい事を常に突き進めていくヒソカに何か魅力を感じてしまいます。さらに念願の団長との戦いも、色々な謎を残しながらも結果負けて、命を落としたかに見えて復活して、今度は団長だけでなく蜘蛛をターゲットにするという展開がやはり、この作品のラスボスはヒソカなのかなと思ってワクワクしています。てっきりクラピカが蜘蛛を全部倒すんだと思っていましたが、その役割をヒソカがするんだと思い、この先どうなるんだろうと、楽しみです。あとはグリードアイランド編もかなり好きな所です。作者の富樫先生のアイデアが凄いと思いました。スペルカードを細かく設定して、作中には使われていないスペルカードの効果も説明されたので、どこかの企業か、ゲームクリエイターがグリードアイランドを、作ってくれないかなと思いました。しかも、そのスペルカードの効果も全て念能力が関係しているので念能力の奥深さが分かるシリーズだと思いました

漫画「ハンターハンター」の作品情報

漫画名HUNTER×HUNTER
作者冨樫義博
出版社集英社