呪術廻戦

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)完全解説!五条悟との関係・声優は?

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)概要/プロフィール

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の概要

東京都立呪術高等専門学校の補助監督です。
高専の卒業生でもあり、七海建人の1つ下の後輩にあたります。
呪術廻戦のキャラクターの中では貴重な常識人で、それ故に心労も絶えません。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)のプロフィール

名前 伊地知潔高(いじち きよたか)
年齢 27歳
誕生日 4月20日
出身地 不明
身長 不明(約173㎝の虎杖と並ぶと大体同じくらいに見える)
体重 不明
好きな食べ物 うどん
嫌いな食べ物 辛い食べ物
ストレス 五条悟

ぺったりとしたセンター分けの黒髪にメガネで、見た目からして”真面目そう”な伊地知。
心労からか頬もこけているため、実年齢よりも少し更けている印象を受けます。
五条や七海よりも年下にはあまり見えないのではないでしょうか?
高専入学当時は、顔立ちはあまり変わらないものの、今とは違って短めの前髪を降ろしています。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の生い立ち

高専の卒業生

現在は補助監督を務めている伊地知ですが、実は高専の卒業生。
元々は呪術師を志していたものの、メンタルが向いてなさ過ぎたため、補助監督となりました。
「メンタルが向いていない」という理由について深掘りされてはいませんが、夜蛾は、呪術師という職業は、常に死と隣り合わせであり「ある程度のイカれ具合」と「高いモチベーション」が不可欠だと語っていました。
常識人である伊地知には「イカれ具合」は確かにあまりないように感じられます。
また、五条が「才能があってもこの嫌悪と恐怖に打ち勝てず、挫折した呪術師を恵も見たことあるでしょ」と話していた事がありましたが、もしかしたらその「挫折した呪術師」の中に、伊地知も含まれていたのかもしれません。
そんな伊地知ですが、高専生時代は、他の人と任務もこなしていたそうです。

ちなみに補助監督とは、高専の術師の運転手や、帳などの簡易な結界術、式神を使用して術師をバックアップする役割を担っています。
まだ現場に慣れない学生には、ある程度の任務方針を指示することも。
また、一応戦闘は禁止されていますが、本当に”一応”の禁止だそうです。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の人物像・エピソード

責任感が強く真面目

子供を危険な現場に送り届ける仕事に、人知れず葛藤しているという伊地知。
そんな彼の真面目で優しい一面は、虎杖に対しての態度でもよく見て取れます。
虎杖が少年院の任務で一度死んでしまった時のこと。
この任務は特級案件で、1年生が派遣されるなど通常では有り得ないことでしたが、虎杖の死刑に五条が無理矢理執行猶予を取り付けたことが気に入らない上層部が、五条がいない隙に特級を利用して体よく虎杖を殺害しようと、虎杖達を派遣していました。
そして結果的には生き返ったものの、上層部の思惑通りに一度虎杖は死んでいます。
この時補助監督を務めた伊地知は、上層部の思惑を知らなかったとはいえ、虎杖を死地に送ってしまったことに対し、とても責任を感じていました。
その後、虎杖が1人で真人の元に向かおうとした時には、「私たちの仕事は人助けです。その中にはまだ、君達学生も含まれます」「行ってはいけません、虎杖君」と虎杖を引き留めました。
「私はもう、間違えない」と、もう少年院の時の様に虎杖が死ぬかもしれない場所に行かせはしない、という覚悟を決めていた伊地知。
その伊地知の気持ちを重々分かった上で虎杖は、「ごめん、伊地知さん」と謝って、戦地へと向かっています。
このエピソードだけでも、伊地知が少年院の一件に対して強く責任を感じていることや、虎杖を守りたいと思っていることはとてもよく分かりますが、小説版「逝く夏と還る夏」の「働く伊地知さん」というエピソードでは、更に細かな描写がなされています。

「働く伊地知さん」というタイトルの通り、伊地知と一日を過ごす虎杖の様子が描かれていて、補助監督という仕事は地味でありながらも、なくてはならない仕事で、彼らがいてくれるからこそ呪術師は世と繋がれているのだと知った虎杖。
そこで虎杖が素直に「ありがとう」と伝えると、伊地知は言葉を詰まらせ「お礼を言われるどころか、謝らなければならないんですよ」と答えます。
思い当たる節がなく、きょとんとした虎杖でしたが、伊地知は少年院での一件を挙げて「やっぱり私は戦えない呪術師です。自分より若い学生たちを、危険な任務に送り出すしかできない大人です。いくら蘇ったとは言っても、また私は…君を戦いの場へと送り出すんです」「だから、せめてそれを円滑にサポートするのは、大人としてしっかりやりたいんです」と伝えました。
伊地知の後悔、反省、虎杖への思いなどが、ひしひしと伝わってくるこの台詞。
この日虎杖が見てきた伊地知の働きっぷりこそが、贖罪で、覚悟の証明だったのかもしれません。
戦えないため、直接守ってあげられないことが、伊地知にとってはどれほどやるせないことであるかも、本当は「君を二度と死なせない」という言葉こそ、伊地知が一番伝えたいことだと察した虎杖。
全てを踏まえた上で、再び「ありがとう」と伝え、伊地知にもう心配を掛けないくらい強くなるから、と声を掛けるのでした。
この言葉に伊地知は思わず涙しましたが、虎杖はあえてそれを突っ込むことはしていません。

”大人には子供を守る義務がある”と語る七海のことを「大人オブ大人」と表現していた伊地知ですが、伊地知も十分「大人オブ大人」な人物ではないでしょうか。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の関係者

五条悟

伊地知のストレスの要因にもなっているのが、この五条悟という男。
伊地知にとっては高専時代からの先輩です。
普段から五条と上層部の間で板挟みにされたり、突然五条が聞いてくる時に備えて、全国の窓の連絡先からコンビニスイーツのラインナップまで把握させられたりと、振り回されまくっています。
五条としては信頼してこそなのかもしれませんが、伊地知は五条について「あの人、記憶力も頭もいい割に面倒なことは暗記しないんですよね」と虎杖にこぼしていました。
また、五条本人が「僕はさ、性格悪いんだよね」と言った時は食い気味に「知ってます」と答えてみたものの、「伊地知、後でマジビンタ」と言われて震え上がりました。
ですが伊地知の方も本当は、五条のことを尊敬しているのだなと分かるのが、小説版「夜明けのいばら道」の「浅草橋哀歌」のエピソード。
伊地知は家入に飲みに誘われ、浮かれて店に向かいましたが、そこには家入だけでなく五条の姿もありました。
がっかりした伊地知でしたが、実はこの飲み会を企画したのは五条であり、伊地知がずっと休みを取ってないことを気遣ってのことだと判明。
それを言われると「でも人手不足ですし」と答えた伊地知に、五条は「体力の限界見極められなくて倒れられたら、いよいよ人手不足でしょ。オマエしか出来ない仕事どれくらいあるか考えろよ」とバッサリ。
伊地知の仕事がどんなに地味でも、いかに重要で呪術師にとって欠かせないものであるかは、普段伊地知を振り回す五条ですが、誰よりも理解していたのです。
そして休みを取っていないのは、里桜高校の一件で、真人の元に向かう虎杖を止められなかったことに責任を感じていた伊地知が、自分が虎杖の側について守らなければならない、と考えているからだ、という所まで五条は気付いていて、それを伊地知本人に指摘します。
そして五条から「オマエが気に病まなくても、悠仁はもう大丈夫だよ」とデコピンをされ、伊地知は号泣。
五条が自分を認めてくれたこと、気遣ってくれたことが覿面に効いて、伊地知は”心のつかえが取れた”と感じていました。

呪術廻戦 五条悟(ごじょうさとる) 完全解説!最強の呪術師その能力/強さ/いつ復活する?呪術廻戦 五条悟(ごじょうさとる)概要/プロフィール 呪術廻戦 五条悟(ごじょうさとる)の概要 自他共に認める、現代呪術界における最...

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の能力

生得術式等は不明

補助監督であるため、戦闘シーンなどは一切描かれておらず、生得術式があるのか等は不明ですが、術師を志していたという伊地知。
帳を降ろせているので、少なくとも簡単な結界術は扱えるようです。
ファンブックによれば、もし伊地知が戦わざるを得ないシチュエーションになった場合の等級は「頑張って3級」とのことでした。
3級と言うと入学当時の釘崎と同じ等級になるので、本気になった伊地知の戦闘能力は、低くないのかもしれません。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の現在の立ち位置 2021年10月時点

優秀な補助監督

特技に「Excel」を挙げている伊地知。
単行本のおまけページのプロフィールでも「事務仕事がメチャクチャ出来る」と記されており、非常に優秀な補助監督のようです。
新田新の姉・明からも尊敬されていますし、他の補助監督からも一目置かれていて、五条の事で困った時にはみんな伊地知に泣きつくそうです。
八十八橋での任務の時、津美紀が呪霊にマーキングされている可能性に気付いた伏黒は、最初に伊地知に連絡を取り、津美紀の護衛にあたれるような術師の手が空いていないかを確認していました。
伊地知は電話をしながらタブレットを確認し、今は2級呪術師しか空いていない事を即座にチェック。
そして被呪者の数が想定以上に多いことから、任務の等級自体見直しが必要であり、尚且つ今回は虎杖の成長を加味して割り振られている任務の為、もう3人でも危険だとし、「個人的には撤退をオススメします」と的確な助言をしていました。
状況の整理と判断が非常に早く、いかに伊地知が優秀であるかがとてもよく分かりますよね。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の最新の状況 2021年10月時点

渋谷事変で刺される

羂索が起こした未曾有の呪術テロ「渋谷事変」
補助監督の伊地知も勿論現場に向かっています。
最初は七海や伏黒、猪野と共にいましたが、彼らはやがて帳内に突入。
それからは1人で、片手で電話、もう片方の手でもスマホをいじりながら、新田に「状況を確認次第帳の外に出ること」「中で電波が絶たれる以上、誰かが常に外にいなくてはならない。アナタにはその役をやってもらいたい」「今から補助監督だけでなんとしても連絡網を確立する」などと冷静に指示を出し、対処していました。
そこに現れたのが呪詛師・重面春太。
補助監督を殺すよう指示されていた重面によって、伊地知は4回刺されてしまいます。
しかし、伊地知と要請を通そうとやって来た七海が救出。
更に家入が渋谷に来ていたことで治療を受けることができ、なんとか一命を取り留めました。
倒れる伊地知を前に「ナメヤやがって」と激しい憤りをあらわにしていた七海はその後、重面の元に現れるなり、有無を言わさぬパワーで圧倒し、叩きのめしています。

渋谷事変後は、家入が大量のタバコを吸いながら、「死滅回游における術式の剝奪=死」であると説明しているシーンで、家入の話を聞いている伊地知の姿が描かれています。

呪術廻戦 伊地知潔高(いじち きよたか)の考察

内通者説

羂索サイドに高専の情報を流していると言われている内通者の存在。
五条や歌姫の調査により「内通者は2人以上」「その内1人は学長以上の上層部」「もう1人はその上層部に情報を流している者」「内通者の1人はメカ丸」であることが分かっています。
伊地知は「学長以上の上層部」には該当しませんが、内通者が2人以上である限り、伊地知にも可能性はあり、現在読者から最も疑われている人物の一人なのです。
伊地知が怪しいと言われている理由について、下記にまとめました。

①五条が漏瑚に襲われた際に、五条のスケジュールを知っていた人物だから

第13話で、突然漏瑚に襲われた五条。
五条は夜蛾との打ち合わせに向かう途中で、伊地知に送ってもらっていたタイミングでした。
漏瑚は他の術師の加勢を避けるため、五条が一人になるのを見計らって襲ってきたようでしたが、あまりのもタイミングが良すぎますよね。
このことから、五条のスケジュールを知っていた夜蛾、もしくは伊地知が情報を流したのではないか、と言われており、その夜蛾が既に亡くなってしまったため、伊地知の内通者説はより濃いものとなりました。

②虎杖が生き返ったことが羂索側に知られていたから

少年院で一度死に、その後も五条の計らいで、表向きは死んだことにしておいて、匿われていた虎杖。
ですが、羂索と漏瑚の会話の中で、漏瑚が「死んだのであろう?虎杖というガキは」と言った時に羂索は「さぁ、どうかな」と、まるで虎杖が実は生きていることを知っているような口振りでした。
これを「内通者が情報を流しているから、羂索が虎杖の生存を知っていた」と仮定した場合。
この時虎杖生存を知っていた高専関係者は、五条、家入、伊地知のみで、この中の誰かが情報を流した可能性が高いです。
七海も虎杖の生存を知っていた人物ですが、七海が虎杖と会ったのは、漏瑚と羂索の会話の後なので除外します。
このことから、伊地知と共に、家入も怪しまれています。

③吉野順平の自宅から回収された宿儺の指を、「剝き出し」と報告している

順平の母・凪が殺される要因となった、吉野家に置かれた宿儺の指。
この指には真人の呪力で作った札が巻かれていました。
指が高専に回収され、忌庫に格納された後、真人が指に巻かれた札の呪力を辿ることで忌庫の位置を把握出来るようにするためです。
高専に回収させること自体が作戦の一環なのでした。
ただこの指、報告書上はわざわざ「”剝き出しの”宿儺の指が見つかる」と報告されていて、真人の呪力で作った札が巻かれていたことが、故意に伏せられているのです。
内通者が真人達の作戦を知っていて、それを隠すためにあえて”剝き出し”だったと記載しているように感じられます。
この報告書を書いた人物は、この任務に参加していた虎杖、七海、伊地知の内の誰かと推測出来ますが、アニメでは伊地知の声で読み上げられていたため、伊地知ではないか、と言われています。
また、虎杖と七海が内通者である可能性は極めて低いため、ますます伊地知を怪しむ声が広がりました。

④イメージソングが槇原敬之さんの「SPY」

単行本のおまけページで各キャラのイメージソングが明かされたのですが、伊地知のイメージソングの1つが、槇原敬之さんの「SPY」という楽曲でした。
これはもうタイトルがそのまま「スパイ」なので、伊地知内通者説に繋がっています。

以上のような理由から、内通者ではないかと言われている伊地知。
もし本当に内通者なのだとしたら、一体動機はどのようなものなのでしょうか?
また、伊地知のこれまでの優しく真面目な言動を思うと、やむにやまれぬ事情が合って内通者をやっているように思いますし、そうであって欲しいと思ってしまいます。

呪術廻戦 キャラ解説(ネタバレ注意)