呪術廻戦

【呪術廻戦考察】五条悟がサングラスと目隠しを使い分ける理由は? ※ネタバレ注意

現代最強呪術師五条悟

最強だけではなく、屈指のイケメンキャラである五条悟ですが、サングラスと目隠し使い分けている理由を知っていますか?

本記事では

・五条悟は、なぜサングラスや目隠しをしなければならないのか?
・五条悟が持ち合わせている六眼(りくがん)とは何なのか?

を解説していきます。

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『呪術廻戦』を読んでいる方はご注意ください!

呪術廻戦の最新話ネタバレはこちら

六眼(りくがん)とは?

五条悟の目は、六眼(りくがん)と言われ、特殊能力を併せ持っています。

六眼(りくがん)の能力

六眼は公式ファンブックで先生が語ったところによると、

・めちゃくちゃ詳細に呪力見える目

・目隠ししても高解像度のサーモグラフィーのように見える

ということです。

その能力により、呪力の残穢(ざんえ)や人の気配に気づくことができます。

例えば、五条悟がまだ幼いころ、伏黒甚璽の気配にも瞬時に気が付くことができています。

伏黒甚璽曰く、「後にも先にも、背後に立った俺が気取られたはこのときだけだった。」と語っています。

つまり、六眼(りくがん)は、呪力や人の気配等あらゆることを詳細に探知できる目であると言えます。

また六眼(りくがん)と、無下限呪術を合わせ持って生まれてきた五条家の人間は、五条悟が400年ぶり。

それだけで、彼の天才性が際立っています。

また、六眼(りくがん)と、無下限呪術を併せ持つことでより繊細な呪力操作が可能になることも、六眼(りくがん)の効果と言えるでしょう。

つまり、無下限呪術を最大限使いこなすためにも、六眼(りくがん)が必要になるというわけです。

五条悟がサングラス・目隠しをしている理由

そもそも五条悟が目隠しをしなければいけないのは、目隠しをしないと疲れやすくなってしまうからです。

この情報は、公式ファンブックで記載があった確定事項です。

五条悟がサングラスと目隠しを使い分けている理由

それではここからは、五条悟がサングラスと目隠しを使い分けている理由について考察します。

縛り説

呪術回戦の中では、「縛り」という概念が非常に重要な役割を占めています。

何らかの「縛り」を課すことでより強力な能力をやることができます。

サングラスよりも何も見えない今の目隠しをすることで、より強力な縛りとして能力を
高めているのではないかという見方もできます。

実際に五条悟は戦闘が控えていない画面などでは、現在のシーンでのサングラスをかけている場合があります。

例えば、伏黒恵に稽古をつけている時には、サングラスをかけ目隠しを使っていません
でした

より疲れにくくするため

五条悟は実は高専生時代には今使っている目隠しを使っていませんでした。

もっぱらサングラスのみで目隠しを行っていました。

しかし現在では普通の人であれば全く何も見えないような目隠しを使っていますね

実はこの間に、五条悟は一回死にかけています。

天与呪縛のフィジカルギフテッドの天才 伏黒甚璽によってです

この経験を経た結果、五条悟は押しも押される下をされませぬ現在最強の呪術師となったわけですが

それまではサングラスしかしていませんでした

しかし現在になってからはサングラスのほとんど用いず、全く何も見えない目隠しのみを使っています

目隠しをしないと疲れやすいということから考えれば最強になった今は六眼では何もか
も見えてしまうので、疲れにくくするために普段は何も見えない目隠しを使っているというのが理由として自然です。

ただのファッション説

実はこれが一番ありえそうなのですが、ただ単にファッションで目隠しとサングラスを使い分けている説です。

五条悟はイケメンではありますが、ファッションセンスが良いとはあまり思えません

確かにアニメのエンディングではシャレオツな服を着てリズミカルにダンスなどしていましたが、あれはあくまで演出で、五条悟のセンスというよりもアニメスタッフのセンスです

五条悟は単純に私のほうが格好良いと思っている説
あると思いませんか?

【呪術廻戦考察】五条悟がサングラスと目隠しを使い分ける理由は?まとめ

以上、五条悟がサングラスと目隠しを使い分けている自由について考察しました。

まず、目を隠しているのは、疲れにくくするため。(確定情報)

目を隠すためにサングラスと目隠しを使っているのは、以下3点が候補として考えられます。
-縛りにより能力向上を図る
-より疲れにくくするため
-ファッションとして使い分け

呪術廻戦 考察解説(ネタバレ注意)