呪術廻戦

呪術廻戦 ネタバレ154話 | 伏黒&パンダVS綺羅羅!そして綺羅羅は彼女ではなくまさかの…?

週刊少年ジャンプ2021年36・37合併号(8月10日発売)の『呪術廻戦』第154話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『呪術廻戦』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第153話 第154話 第155話

前回153話のおさらい

  • 停学中の秤金次は栃木県の立体駐車場後で賭け試合の胴元をしている。
  • 虎杖は試合に出て内側から、伏黒は潜入をしてそれぞれ探っている。
  • 虎杖の試合相手としてパンダと再開。
  • その試合を見て目をつけた虎杖をトーナメント後に屋上へ連れてくるように指示を出す秤の隣にもう1人の3年生の星綺羅羅も登場。

呪術廻戦154話ネタバレ

呪術廻戦154話ネタバレ|パンダと伏黒

ガサガサと駐車場から少し離れた場所に草木を掻き分けながらパンダがやってきます。
「お、いたいた」と伏黒と合流し、「そうか、虎杖は秤と接触できそうなんだな」
「パンダ先輩はなんでまだ秤先輩と会えてないんですか?」とお互いに状況を確認し始めます。
パンダは、秤は屋上にあるモニタールームを定位置としていて居場所は分かっているものの近づけないんだと言います。
なぜ近づけないのかを伏黒が問うと「屋上に出てからドアに近づいても距離が縮まらないんだよ、歩いても走ってもダメ。感覚としては悟の術式と近い気がする」と答えます。
続けて「多分綺羅羅の術式なんだが俺はよく知らん」というパンダに「きらら…?もう1人の3年って男でしたよね」と不思議に思う伏黒ですが男だよ。と返されます。
「それって綺羅羅さんがモニタールームにいる時だけ起こる現象ですか?」と聞くも秤と綺羅羅が一緒じゃない時がない為わからないそうで、それを深追いして逃げ回られるよりはと思って客寄せパンダに徹していたので2人が来てくれてよかったとパンダは言います。
それに対して「どうですかね、虎杖はうまく説得できると思いますか?」と伏黒に聞かれたパンダは「厳しいな、虎杖よりも秤の問題だ」「でも時間次第だとも思っているよ」そして「虎杖の根明で人たらしな性格は秤との相性はいいと思うがアイツは嘘が下手だろう?」「下手っていうか嘘をつくって発想が出にくいタイプですね、指示はある程度出してますよ」と虎杖について話し始めます。
虎杖が高専関係者だということがすぐにバレた場合、ろくに話もせずに部屋からつまみ出されたり仲間に割って入られるのが一番良くないパターンな為、パンダは「虎杖がモニタールームに入った時点で立体駐車場をこっそり制圧、扉の前を固めて2人が話す時間を稼ぐべきだと思う」と提案しますが「いやそれは…」と防犯カメラがあるので交渉の場のモニタールームにばれずになんてと伏黒は渋ります。
それに対して「カメラの位置と資格は把握しているし俺の方は割とうろついてるから多少見られても問題ない、まともな術師は秤と綺羅羅だけだし見張りは入り口4、屋上以外の各フロア2」と返したパンダの言葉に「…いけますね」と伏黒は納得しました。
懸念事項としては綺羅羅の術式だがもうそれは仕方ないので「ワープのように虎杖を出したり仲間を入れたりできる場合は秤の説得は諦めよう」と話がまとまります。

呪術廻戦154話ネタバレ|モニタールームへ

パンダと伏黒が相談している背景では虎杖がファイトクラブで順調に勝ち上がり「1時ちょうどに入れそう」と伏黒へメッセージを送信していました。
虎杖を綺羅羅が先導してモニタールームへと歩いていく道中「悠ちゃんまだ高1なんだ。若いねえ」「秤ちゃんは中学ダブってるんだよ」と嬉しそうに話します。
「久しぶりに金ちゃんが熱くなってるからね」「私はね熱い金ちゃんが大好きなの」と話しながらモニタールームへ虎杖が入りドアが閉まります。

呪術廻戦154話ネタバレ|制圧、そして遭遇

虎杖からのメッセージを受信した伏黒たちは時を同じくして立体駐車場の制圧へとかかります。見張りの男の影から出てきて絞め落とし、指に結束バンドを付け口にはテープを貼り…としている所に次の見張りがやってきたのでその男の影に入り隙を見てまた絞め落とし制圧していきました。
タイヤを抱いてキャピキャピしているパンダを見つけた見張りたちは「ギョニソ食うかな」「いやアイツトーナメント出てたろ」と呑気に会話していましたがその瞬間パンダが俊敏な動きで2人の腹へと蹴りを入れ気絶させます。「ギョニソはもらっていくぜ」と見張りが持っていたギョニソを奪いつつカメラのない非常階段を上って屋上へ向かいます。
「パンダ先輩、本当に大丈夫ですか?これが原因で後で揉めたり…」「ダイジョブダイジョブ」と屋上で合流した2人は早い所ドア前を固めてしまおうと動きましたが「パンダちゃん!?」と綺羅羅に見つかってしまいました。
「秤と一緒じゃなかったのか」と焦るパンダと隣の伏黒を見て最初の入り口の監視カメラの映像を思い出し「このトゲ頭の子がパンダちゃんの手引きで侵入したってことは悠ちゃんも高専の人間、金ちゃんが危ない」と綺羅羅はポケットに入った携帯に手をかけます。
綺羅羅が携帯を手にしたと同時に「玉犬 渾」と伏黒の術式が発動し綺羅羅に襲い掛かりますが綺羅羅は携帯が飛ばされただけで玉犬は吹っ飛ばされ、伏黒の元へはね返って来ました。パンダの話から察するにはね返されたのではなく近づけなかったと理解する伏黒の視界にパンダの頭の上でチカっと光る何かが見えます。
「パンダちゃんにはマーキング済みだもんね」と思いながらモニタールームへ走っていく後ろ姿に向かって「待て綺羅羅、俺たちは敵じゃない秤に頼み事があるだけだ」とパンダが追いかけながら叫びますが「信じらんない、見損なったよパンダちゃん」と言いながら走っていく綺羅羅には術式によって近づけません。
その時離れた位置から玉犬を出して挟み撃ちにし「近づけないのは綺羅羅さんも同じか」と考えていた伏黒の体が玉犬に向かって引き寄せられます。
「綺羅羅さんに近づけないだけじゃない」「玉犬と離れられない…?」とどういう術式なのか全くわからず膠着状態の3人ですがパンダのお尻に「★Imai」と文字が書かれています。

呪術廻戦154話ネタバレ|秤と虎杖

その頃BGMがガンガン流されているモニタールームでは「虎杖、1日1時間あることをするだけで月収100万円に…!って言われて信じるか?」と問う秤と「……ん⁇⁇」と理解が追いついていない虎杖が顔を合わせています。

155話に続く

呪術廻戦154話ネタバレ考察

呪術廻戦154話考察|星綺羅羅

秤金次の彼女だと思われていた綺羅羅がまさかの男だというパンダと伏黒の会話に驚きが隠せませんでした。そして綺羅羅の術式は対象を近づけなくするだけではなく離れられなくもするという事で磁石のような物なのかなと予想されます。
ですが磁石については最後にアップになっていたパンダに入っていた文字については関係性がわからないので何か+αがあるのかなと思いました。

呪術廻戦154話考察|伏黒恵

前回も少し出て来た伏黒の術式ですが、対象の影へ入ったり出たりがかなり自由にできるようになっており伏黒自身も強くなっているんだなと思われます。

呪術廻戦154話考察|秤の質問

秤の「虎杖、1日1時間あることをするだけで月収100万円に…!って言われて信じるか?」という質問で話が終わっていますがこの質問は自分にとって虎杖が熱くなれるのかを試すものなのか純粋に仕事を持ちかけているのかわかりませんが秤の性格的には恐らく前者だろうとな予想しています。

呪術廻戦155話予想

今回の話を読んだ限りではもうパンダと伏黒は敵に認定されているようで、何を言っても説得はできないと思われるので次回もパンダ&伏黒VS綺羅羅の話が続くのかなと思います。綺羅羅の術式についても判明してくれたら嬉しいです。そして虎杖と秤はそんな事はつゆ知らず話を続けるのだろうなと思います。

呪術廻戦154話ネタバレまとめ

伏黒はパンダと合流し、虎杖も無事に優勝しモニタールームへ招かれ…とそこまでは良かったのですがやはり完璧にうまくはいかないですね。秤へのヤキモチな発言から彼女だと考察されていた綺羅羅が男だったことが今回1番の衝撃でしたがまだまだ未知の領域の綺羅羅の術式が判明するのも、嘘をつけない虎杖は秤の事を説得できるのかも楽しみにしています。

呪術廻戦のこの先の展開から目が離せません!

呪術廻戦 キャラ解説(ネタバレ注意)

呪術高専
高専在学生

虎杖悠仁

伏黒恵

釘崎野薔薇

狗巻棘

パンダ

禪院真希
教師・関係者

五条悟


七海建人

冥冥

伊地知潔高

夜蛾正道

呪術廻戦のネタバレ・解説一覧

呪術廻戦 考察解説(ネタバレ注意)