呪術廻戦

呪術廻戦 ネタバレ169話 | 芸人術師髙羽参戦!!実力やいかに!?

週刊少年ジャンプ2021年55号(12月20日発売)の『呪術廻戦』第169話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『呪術廻戦』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第168話第169話第170話

前回168話のおさらい

  • 自分の体のパーツを爆弾へと変える黄櫨が登場
  • 麗美を守るも攻撃を麗美から攻撃を受けた伏黒は嫌悪感を露わにし、口先が全てのクズ人間と言い放った
  • コガネが総則10の追加を知らせ、伏黒は全力で降りかかる火の粉を払うだけだと意思を固める
  • 伏黒に向かって飛ばされた歯の爆発を飛び出してきて代わりに受けたのは髙羽史彦だった

呪術廻戦169話ネタバレ

芸人術師、髙羽史彦

「少年、助太刀しよう。御年35歳、面を拝めば相手が悪がどうかくらい分か…」
爆発から伏黒を守った髙羽はそう言って伏黒の顔を見ましたが、君もなかなか悪い顔をしているなと言うも相対評価だからまぁいいと言って変な動きを続けます。
(俺を庇ったんだ、とりあえず信用していいよな…)
伏黒はそう考え、その様子を見ていたレジィと黄櫨は知らない人物だから聞いた方が早いと話し、オマエはどっちだと髙羽に呼びかけました。
「成程…その質問はつまり俺が面白いか面白くないか…ということだな!?」
返ってきた髙羽の答えにポカンとしつつも黄櫨は違うと言い、オマエはいつの時代の…と尋ね直そうとしますが髙羽の言葉が遮ります。
「このコスチュームは!!俺に初めて”爆笑”を教えてくれたヒーローを模したのだ。このコスチュームに懸けてスベるわけにはいかんなぁ!!さっき考えたギャグだ、意中の子の前で披露するといい」
そう言って構えを取った髙羽に警戒してレジィと黄櫨も身構えます。
「余計なお世Wi-Fi(ワイファーイ)!!」
髙羽から繰り出されたのは本当にただのギャグでした。死んだ目をした3人と髙羽の間には冷たい空気が流れます。
「クソ客がぁああああ!!」
髙羽が叫び、レジィ達に指を指しながらいるんだよ!と文句を並べ始めます。子宮の中に笑顔を忘れたくせに劇場の最前列に座るような客と捲し立てる髙羽を見ながら、伏黒は東堂と同じにおいがするなと考えていました。
「でも俺は!!そんなオマエらも見捨てない!!だって俺は!!」
芸人だもん…!!と黄櫨の顔面に髙羽の飛び蹴りがめり込みました。

共闘

「気をつけろ、俺は暴力肯定派の古いタイプの芸人だぜ?さぁどうする少年!!」
決めポーズをとる髙羽を見ながらレジィがコイツは強いと考えていたその時、足元の影から手が出現し間一髪で屋根に飛び上がり避けました。
伏黒はこのまま2人を分断すると言い、髙羽に黄櫨の術式が恐らく体の1部を爆弾に変えるものだという事、しかも反転術式を使えるという事を至近距離で頷かれながら説明しました。
そしてコガネに日車の情報を出させ、ルールを追加させたのは虎杖だと確信した伏黒はもう自分はこの結界(コロニー)に用はない為、引くなら見逃すとレジィに言いながら影から武器を取り出します。
「はぁ!?どの立場で言ってんの?オマエが殺した針の分の点は回収するよん」
レジィは額に怒りマークを浮かべています。そして伏黒は髙羽に、黄櫨を殺すならできればでいいがその前に持ち点を奪ってほしいと頼みました。
「OK少年、君のお願いしかと引き受けた。だが俺は芸人だ、人から一生笑顔を奪う真似はせん!!」
勝ってくれればなんでもいいと伏黒は歩き出し、髙羽はSparking!!と大の字ジャンプをするのでした。

髙羽VS黄櫨

黄櫨は眼球を飛ばします。ハリセンを取り出した髙羽はたまや!!とそれを打ち返し、マンションが爆発します。
そして組み合った2人ですが、ハリセンが黄櫨の目を叩き、目を開けると髙羽の姿がありません。
「バラエティにおいて!!赤(出血のこと)はご法度だぜ」
後ろに回り込んだ髙羽が黄櫨に浣腸を繰り出し、なめるなと振り向いた瞬間蹴りが入り黄櫨の身体は吹き飛びました。
「…髙羽が敵じゃなくてよかったよ」
「1度は言われてみたいセリFUUU(フゥー)!!じゃあな少年、死ぬなよ!!」
近くにいた伏黒とそんなやりとりをして、髙羽は黄櫨の方へ向かっていきました。
あそこまでコケにされたら黄櫨も本気を出すので死んだねと髙羽を見ながらレジィは言います。
「テメェの心配しろよ、言ったよな俺はもうこの結界での目的は達した。本気で戦える、出し惜しみはなしだ」
そう言って伏黒は刀を構えるのでした。

170話に続く

呪術廻戦169話ネタバレ考察

反転術式

黄櫨は体の一部を爆弾にし、それが回復するまでが術式かと思われましたがどうやら反転術式だったようです。髙羽への質問や単純な術式といったところから、黄櫨は過去の術師であると予想されます。そうなると髙羽がピンチかもしれないなとヒヤヒヤしますが髙羽の術式に期待です。

髙羽史彦

今の所術式を使っているようには見えませんが、ハリセンだけはどこから出現したのか気になる所です。虎杖の様に純粋に体術に長けている様に見えるので、現在押されている黄櫨が本気を出しても術式で対抗できるものと予想されます。

呪術廻戦170話予想|伏黒VSレジィ

髙羽の見せ場が終わり、黄櫨が本気を出す前に伏黒とレジィの戦闘が挟まれると予想されます。レシートから物を出すという事しか分かっていないレジィの術式が詳しく判明してほしい所です。黄櫨は過去の術師と思われますが、レジィの方はまだ予想がつかないのでそこも楽しみです。

呪術廻戦169話ネタバレまとめ

芸人術師、髙羽の登場で戦況は有利に動いたように思えます。
身体能力が異様に高い虎杖タイプだと思われる髙羽の活躍にこれからも期待です。
過去の術師か現代の術師か、それぞれの術式は一体何なのか、始まったばかりで色々と気になる点が多い伏黒達の戦闘が始まりました。ここから色々と判明していくのが楽しみです。

呪術廻戦 キャラ解説(ネタバレ注意)

呪術廻戦のネタバレ・解説一覧

呪術廻戦 考察解説(ネタバレ注意)