キングダム

キングダム | 河了貂(かりょうてん)~飛信隊の名軍師~信との腐れ縁を振り返る

河了貂(かりょうてん)とは?

飛信隊の軍師 河了貂が軍師になるまで

主人公の信が率いる部隊の飛信隊、その飛信隊の軍師を務めるのが河了貂です。
身長が低く、外見からは戦に向いているようには見えませんし、名家の出身というわけでもありません。そんな河了貂が、どのような経緯で飛信隊の軍師になったのか。これまでの流れを辿っていきます。

実は、河了貂はキングダムの主要キャラクターの中でもかなり初期から登場します。現在も活躍しているキャラクターの中では、信、昌文君に次いで3番目に登場しており、登場シーンは信の下僕時代のキングダム2話まで遡ります。信が嬴政に出会うのと、ほぼ同じタイミングですね。

会話の内容やセリフも論理的なものが多く、信や飛信隊に対してツッコミの役割を担うことが多い存在です。

そんな飛信隊の軍師、河了貂のプロフィールは次の通りです。

河了貂(かりょうてん)のプロフィール

年齢 不明(※作中では信より少し年下と表現されている)
出身地 不明(祖父の代まで山の民)
身長 不明
体重 不明
身分 流民(梟鳴族)
所属 秦国
声優 釘宮理恵

特徴的なフクロウの被り物と梟鳴族

河了貂の初登場のシーンでは、崖の上から黒卑へ向かう信を見つけて村のならず者に情報を売り金銭を得ていました。普段であれば、ならず者数人に襲われた旅人はお金を奪われてひどい目にあうところですが、信は現れたならず者を倒して先に進んでしまいます。

ならず者達を倒した信が気になった河了貂は、その後信の後を追いかけます。信と合流した嬴政の話を盗み聞き、嬴政が秦の王様という所から報奨金目当てで抜け道を案内し、その後信たちと行動を共にするのです。

この時、河了貂は特徴的なフクロウの被り物を被っており、後に山の民の一人であるバジオウより梟鳴族という一族の特徴と一致することが語られます。

河了貂自身も梟鳴族の名前こそ知りませんでしたが、祖先が山の民であることは知っていました。祖父と共に山を降りた時、河了貂はまだ幼く、本人もなぜ山を降りたのかを知りませんでしたが元々山に住んでいたことは覚えていたのです。河了貂の祖父は非常に物知りで、中華の歴史や名君ついて、河了貂によく話して聞かせていました。そのような経緯から、名家の出身でも無く、育ちも無法者の村だった河了貂ですが、登場したころから優れた教養を持っていたんですね。

バジオウから語られた梟鳴族の話には続きがありました。それは、「梟鳴族は、山の王陽丹和との戦争で滅ぼされてしまった」という内容でした。既に、山界に河了貂の同族は生き残っていなかったのです。

玉座の奪還後、陽丹和から「河了貂が山に帰りたいのであれば面倒を見る」という申し出がありました。かつて敵対した一族の物にも寛容な王の器といった感じですね。その申し出を聞いたうえで、河了貂は信と共に平地で暮らすことを選んだのでした。

軍師として河了貂の実力は?

用兵をどこで学んだ?

河了貂が軍師になる決意をしたのは、蛇甘平原の戦いが終わって、嬴政の暗殺を阻止した後101話の事でした。信が戦場や嬴政の護衛などで着実に夢に近づいている一方で、同じ方向に向かって進めていない自分に対して忸怩たる思いを抱いていた河了貂。戦場に出ようにも、自身が女であることから今のままでは戦場に兵士として立つ事ができないと考えていました。同じく女である羌瘣に剣術を学ぼうとしますが、生まれ持っての体質に依存する部分が大きいという理由で剣術の指南を断られてしまいます。

そんな中で、どうしても戦場に立ちたい河了貂に羌瘣から提案されたのが軍師の道でした。かねてより羌瘣を食客として雇いたいとオファーを出していた昌平君との伝手を持っており、自身が軍師としても名高い昌平君の元で学べば軍師としての能力を身に着けられるのではないかという内容の提案でした。

昌平君のもとに到着した河了貂は、羌瘣が書いた書状によって弟子入りを許可されます。兄弟子にあたる、蒙恬の弟 蒙毅と共に軍学を共に学んでいき、その才能を開花させていくことになるのです。元来、ならず者の村「黒卑村」で生き抜いてきた河了貂は策を考える能力が高かったのです。

軍師としての教育を受けた河了貂は、千人将となりこれまで戦術の組み立てを担当していた羌瘣が抜けた事で連戦連敗を喫していた飛信隊の元に現れます。知略が足りなかった飛信隊に河了貂が加わることで、隊としてより完成度を高めたんですね。

河了貂が活躍する場面とは

河了貂は里井の戦い以降の全ての戦いに従軍しています。軍師としての初戦である里井の戦いでは、隘路と陽動を利用して飛信隊の4倍の兵力を持つ敵軍を撃破したり、これまでできなかった広範囲の他部隊による配置を考慮した広域戦をやってのけました。周辺の部隊の配置も含めたこの動きは独立遊軍として必要な力で、同じく独立遊軍の楽華隊 蒙恬も認める部隊となったのです。

合従軍編では、趙軍とあたる飛信隊をサポートし、自ら戦場に突っ込んでいく事で乱戦で散り散りになった部隊を再び部隊として機能できる規模までまとめ上げました。合従軍いこも自ら戦場の真ん中に身を置くことがしばしばある軍師で、自らが武力を持たないキャラクターでこのような動きをする武将は作中でも珍しいタイプです。

飛信隊で唯一正式に軍学を学んでいるキャラクターのため、他の将軍の動きを解説してくれたり、戦況を整理してくれる役割も担っています。読者にもわかりやすく状況を説明してくれる河了貂は、軍師としてだけではなく、作品に置いて欠かせないキャラクターなんですね。

史実における河了貂

史実では登場しない武将

河了貂は史記等の書物で名前が登場しない100%オリジナルのキャラクターです。キングダムは史実に沿った物語の展開をする漫画で、これまでの戦争や人物の去就等も史実に忠実に描かています。河了貂は史実に描かれていないので、そういう意味ではどんな動き方もさせられるキャラクターで、今後物語のダークホース的な役割を担う事が出来るキャラクターです。

キングダムの序盤では、ヒロイン候補として名前が上がっていた河了貂ですが、史実を見てみると邯鄲高リヤウ以降は羌瘣の活躍が目立つ展開になります。

メインヒロインの座をゲットできるのか、史実に書かれていないからこそ、今後の活躍が未知数で楽しみなキャラクターですね。

キングダム キャラ解説(ネタバレ注意)

嬴政陣営

嬴政

成蟜

昌文君
飛信隊


河了貂

羌瘣
呂不韋陣営

呂不韋

昌平君

蒙武
秦軍

麃公

蒙驁

張唐

王騎


王翦

桓騎

王賁

蒙恬

楊端和

呉鳳明