MAJOR 2nd

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)最新話ネタバレ241話速報!| 光からの宣戦布告

週刊少年サンデー連載『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』のネタバレまとめページです。『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

週刊少年サンデー連載『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』の概要

茂野大吾は、プロ野球選手の父親・吾郎に憧れて野球を始める。才能のなさと2世の重圧から一旦は断念するが、佐藤 光と出会い、大吾と光は「いつか二人でバッテリーを組もう!」と約束する。試合中の事故で光が負傷し大吾はまたも意気消沈するが、光の順調な回復を知り再度野球にチャレンジすることを決意し、中学に進学する。
どこまでも熱い王道野球物語…中学生編!!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』を読んでいる方はご注意ください!

週刊少年サンデー2021年45号(10月06日発売)の『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』第241話!

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)前回240話のおさらい

  • 光の父親が寿也ということは辻堂では秘密にしていることが発覚
  • 土曜の練習を公開練習にするものの練習はグダグダ
  • 練習姿をマスクをつけて外から光が見ていた

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレ

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレ|寿也のインタビュー

大尾中の野球部の部室では女性陣が着替えながら寿也のインタビューの動画が挙がっているという話題で盛り上がっていました。
最初の質問は、元大リーガーであるにもかかわらず中学野球部の監督になったかについてでした。
それに対しては以前から学生野球のコーチに興味があったからと回答。
続いて、なぜ女子が多い合同チームの指導をしようと思ったかについては、地元に近いからや合同チームが難しいと思っていないと回答。
そんな彼は監督初心者なのでお互い成長しながら頑張りたいと思っていると締めくくりました。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレ|新たな問題

インタビューを見ていた薫といずみは大喜び!
一方、吾郎は大吾に公開練習について話を聞きました。
吾郎は大吾たちもインタビューを受けたと思っていました。
しかし、生徒への取材をNGにしたので受けていませんでした。
続いて、練習についてはグダグダだったけれでもこれでマスコミが来ないと思っていました。
そして、大吾は翌日(日曜)は練習がないので弁当はいらないと母親の薫に伝えました。
なぜなら、大尾中は日曜の部活は禁止されているからです。
そのため、外部責任者の立ち合いと保護者の同意があれば外での練習が可能なので、寿也が日曜も使えるグラウンドを探していました。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレ|日曜の練習場所

日曜になり、大吾は“みふねバッティングセンター”にやってきました。
なぜなら、睦子が珍しくバッティング練習をしたいと言ったからでした。
睦子はバッティング練習をしますが空振りをしてしまいます。
そのことに気づいた大吾も指摘しますが、睦子はピッチャー組は打撃練習をさせてもらえないのが原因だと反論します。
大吾は110km/hのブースで練習した方がいいのではないかと思いますが、睦子は今いるところでの練習をすると意地を張っていました。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレ|光からの伝言

大吾が自動販売機で飲み物を買っていると光と再会しました。
光は“たまたま”近くまで来た言って150km/hのブースに入りました。
入った瞬間、睦子は光が来たことに気づきました。
そして、光は次々と打ちますが、打ち終えると『つまらない』や『時間の無駄』とバッティングセンターのことを馬鹿にする発言をしました。
なぜなら、機械のボールを打つからです。
光がいることに気づいていた睦子は彼に話をかけますが、光は彼女がいたことには気づいていませんでした。
光の態度が睦子には納得がいかなかったので理由を聞こうとしますが、帰ろうとする光はその答えは言わない代わりに監督に一つ伝言をお願いをしました。
寿也のことを「おじさん」と言い、彼のチームを県大会で辻堂が倒す。
これが光からの伝言でした。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話感想・考察

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話感想・考察|光の“おじさん”発言の真相

光は最後に寿也のことを“おじさん”と言っていました。
実の父にそんな言い方はないと思いました。
しかし、一度はバカにした大吾のチームの監督に寿也がなったことやこっそり見にいった練習がグダグダだったことを踏まえると失望したに違いないと思いました。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)242話ネタバレ予想

定期的に休載がありましたが、今回ついに長期休載となってしまいました。
再開後に関してですが、練習中に大吾が寿也が光に会ったことを話すと思います。
そして、小学生編の最後から今までの空白の約2年の間に寿也と光に何があったのかが明らかになると思いました。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)241話ネタバレまとめ

茂野家では寿也のインタビューを家族で見ていましたが、大吾が日曜は練習がないことを薫に伝えました。
翌日、大吾は睦子と一緒にバッティングセンターに行きますがそこで光と再会。
しかし、冷たい態度の光はすぐに帰ろうとしますが、帰り際に県大会で辻堂がボコボコにすると告げました。
次回から療養のための長期休載に入りますが、無事復帰して再開されることを願いたいと思います。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)ネタバレ240話考察感想

光は母親の再婚話を思い出していると寿也が大吾のチームの監督になったことをバスの乗客が持っていた新聞を見て知った。
一方、寿也は合同チームを売り込む対応として、週末の土曜の練習を公開練習にします。
しかし、記者が気になって練習はグダグダ。
そんな様子を外から光が見ていました。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)240話考察感想

・光も性格が歪んでいる?
辻堂と練習試合をした際に光は大吾に冷たい対応をしていました。
その際に前作の中学編を思い出したのですが、寿也は家庭環境の変化が原因で性格が歪んでいました。
それが原因で吾郎と再会した際に冷たい対応をしていました。
もしかすると、再婚がきっかけで光は性格が歪んでしまっているのではないかと思いました。

・記事にされた時が心配
メディア対応の一環で土曜の練習を公開練習にしました。
しかし、メディアを気にしすぎて練習はグダグダ。
そんな内容で記事が書かれたら江頭は怒るに違いないですね。

・次回予想
偵察というわけではありませんが光が大吾たちの練習を見ていました。
寿也のことが気になったのかもしれないですね。
練習後に光と寿也が偶然再会して監督になったことについて話をする可能性があると思いました。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)ネタバレ239話考察感想

寿也が監督をやめようと思ったのは、江頭の復讐がみんなに及ばないようにするためだった。
そして、翌日辞表を持って学校にやってきますが大吾たちは辞めないで欲しいと説得をしました。
その説得に、寿也は辞表を握り締めてます。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)239話考察感想

・一緒に野球したいという気持ちが伝わった
江頭やメデイアのことを気にした寿也は監督を辞めようとしていましたが、そんなことは関係ないと思っていた大吾たちは辞めて欲しいとは思っていませんでした。
大吾たちのとにかく寿也と野球がしたいし一緒に強くなりたいという想いを感じとることできた気がしました。

・次回予想
まずは大吾たちの想いを知った寿也が監督辞任に対する考えを打ち明けると思います。
説得されたにも関わらず辞めると言ったら酷すぎですね。
そして、大尾中のグラウンドでの練習が本格的に始まるに違いないと思います。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)ネタバレ238話考察感想

大尾中での初練習は急遽中止になってしまいます。
そして、江頭が記事をリークした犯人ということが発覚。
その夜、寿也は吾郎にマスコミから大吾たちを守ることができるのであれば監督を辞めると告げました。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)238話考察感想

・江頭の真の狙い?
寿也の記事は江頭の仕業でした。
グラウンドがないにも関わらず、野球部のためになるという謎発言もありました。
実際は、野球部を利用して風林中の入学生を増やして学校にお金を入れるというのが真の目的なのではないかと思いました。

・寿也は迷っているに違いない
部員たちのことを心配している寿也は監督を辞めようとしています。
確かに辞めれば大吾たちを守ることができるかもしれませんが、それは寿也の本心ではないと思います。
間違いなく迷っていると思うのでどうするか気になりますね。

・次回予想
次回は部活の中で寿也が部員たちに監督を辞めることを告げるに違いないと思います。
そして、その理由にマスコミの影響を話すと思います。
しかし、大吾たちは理由はどうあれ屈しないから続けて欲しいとお願いするに違いないと思います。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)ネタバレ237話考察感想

新年になり、寿也が中学野球部の監督になったことがスポーツ紙に載ってしまいました。
大尾中での練習初日を迎えますが、寿也は大尾中の校長に取材を断ってほしいとお願いするものの
風林側からは合同チームとしての取材は受けるようにと指示を受けていたことを伝える。
そんな中江頭がやって来て合同チームの盛り上げについて話そうと提案。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)237話考察感想

江頭が合同チームの盛り上げについて話をするといていたのでその内容が明らかになると思います。
江頭が現れるといつも一悶着起きるので、次回は寿也と一悶着起きるに違いないと思います。