僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア ネタバレ324話 | 麗日の主張!明かされるあの言葉の真実!!

週刊少年ジャンプ2021年39号(8月30日発売)の『僕のヒーローアカデミア』第324話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『僕のヒーローアカデミア』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第323話 第324話 第325話

前回323話のおさらい

  • 遂に明かされた雄英バリアの全貌
  • ヒーローの言葉すら市民は届かなかった
  • 麗日は1人、市民へ緑谷受け入れを呼びかける

僕のヒーローアカデミアの最新話ネタバレはこちら

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレ

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレ|みんなの笑顔のために

 麗日はかつての記憶を思い出していた。
 両親はいつも疲れた表情をしており、そのことが辛かった麗日。
 彼女が初めてヒーローを目にしたとき、ヒーローではなく周囲の人々に注目していた。

 ボロボロの緑谷を見た市民は自分たちを助けた後も戦っていたとようやく理解した。
 泥にまみれるのはヒーローだけ、そのヒーローに泥を払う時間を与えて欲しいと呼びかける麗日。
 A組のみんなが見守る中、麗日は戦う。
 麗日は人の喜ぶ顔が好きだったから、緑谷も市民の含めた「みんなの笑顔のために」

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレ|ヒーローを守る者

 麗日の言葉は英雄とはかけ離れたものだった。
 
自分たちは皆をここで安心させられない。そんなことできない!私たちも不安だから!!皆さんと同じ隣人だからです!

麗日は余裕がなく人々を助けていた緑谷を見て、分かったことがあった。
彼女は満身創痍のヒーローを笑顔にした人々の事を思い出していた。
ヒーローが、ヒーローたちが辛いとき、ヒーローを守れるのは———市民だから。

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレ|踏み出す一歩

 皆の力で、緑谷を隣で休ませることを許してほしい。
 緑谷はただ、力を持つものとしての責任を果たそうとしているだけなのだから。
 ただそれだけの、普通の高校生だから。
 麗日は入試の合格通知のことを思い出していた。
 緑谷は入試の日、麗日に助けてもらったことを思い出していた。

 「ここを彼のヒーローアカデミアでいさせてください!!」

ボロボロになり、蹲る緑谷に助けてもらった人たちは彼に向って走り出した。
誰も踏み出せなかった一歩を遂に踏み出せた。

これは緑谷出久が最高のヒーローになるまでの物語。
そして、みんなが最高のヒーローになるまでの物語だ。

325話に続く

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレの考察・感想|隣人

 師匠であるオールマイトはパワーとユーモアで市民に示し、悪に屈しないと知らしめました。
 それに対して、緑谷はボロボロで弱そうと言われる始末ですが、これが一概に悪いこととは思いません。
 なぜなら、麗日の口にした「隣人」はスパイダーマンに関係があると考えています。
 スパイダーマンの「親愛なる隣人」は悪に立ち向かうが、超越者でなく人並みの悩みを抱えた平凡な青年であること。そして、スパイダーマンの力で市民に恐怖を抱かせないために「私はあなたの親愛なる隣人です」と答えています。
 こう考えれば、緑谷は“デク”としてオールマイトのようなヒーローでなく、スパイダーマンのような市民に寄り添うヒーローになったと考えられます。
 そのため、緑谷を“弱い”と思わせることは緑谷への恐怖を拭うことにつながると考えられます。

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレの考察・感想|麗日の存在

 先ほどの言ったように、緑谷を隣人とするきっかけが麗日の存在と言えます。
 麗日が雄英に正面から緑谷を引っ張っていくシーンは違和感がありました。
 極端な話、裏からコッソリ雄英に入れればいいだけなので、疑問は少しありました。
 その理由が麗日の役割が「ヒーローを守るヒーロー」であり、回想にあったヒーローと共に笑う市民がヒーローを守ることにつながると言えます。
 緑谷の“デク”は「頑張れって」という意味があり、緑谷が力の責任を果たそうとしている高校生であり、親愛なる隣人だと証明する役割こそが麗日の本当の役割と言えます。

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレの考察・感想|あのセリフの続き

 麗日の言葉を受け飛び出したのは2人、そしてスッと出るおっさん。
 その一人である洸汰は「緑谷を“デク”にした」麗日の様に、「“デク”をヒーローにした」重要人物です。
この後の手紙は緑谷に「僕はヒーローになる」と決意させ、雄英を離れてもヒーローにはなるとまで言わせました。
 さらに、その言葉はオールマイトに生き続ける決心をさせ、No.1であるオールマイトが土下座までして、「命に代えても守ります!」と宣言することに繋がりました。
 最後にスッと出たおっさんの姿はかなり感動しました。
 彼こそが、第1話にて家族も、ヒーローも、教師も、もちろん幼馴染の爆豪に加え、オールマイトにすら「君はヒーローになれない」と言われた緑谷に、「ヒーロー志望か!がんばれよ!」と言った人物です。この時のうれしそうな緑谷は最初こそ何気ないと思いましたが、物語が進むにつれ、本当にうれしかったのだと分かります。
 周囲から否定され続けた緑谷にオールマイトよりも先にヒーローになることを応援したおっさんだからこそ、この登場はうれしかったです。
 何より、緑谷が蹲りながら号泣する姿は第1話のラストを思い浮かべます。
 「これは僕が最高のヒーローになるまでの物語」、この言葉には続きがありました。
 「そして、みんなが最高のヒーローになるまでの物語だ」、これは緑谷だけでなく、クラスメイトや他のヒーロー志望、求められなくなったヒーロー、市民も含めてヒーローになるという言葉と思いました。

僕のヒーローアカデミア325話予想

ここまで登場しなかったオールマイトや病院で入院中のイレイザーヘッドなど、ワンフォーオール陣営には終結していない人物がまだまだいます。
 次回ではそのような人たちが終結するのではないかと思います。

僕のヒーローアカデミア324話ネタバレまとめ

まるで第1話を彷彿とさせるようなラスト。
 緑谷を“デク”に変えた麗日、そのデクをヒーローにした洸汰。
 今までの緑谷の頑張りが無駄でないと分かるシーンもたくさんありました。
緑谷がかつて言った「轟君はエンデヴァーじゃない」と同じように、「緑谷もオールマイト」ではないと分かりますね。
いまだに登場していないヒーロー側の存在など今後のヒロアカが楽しみですね。

僕のヒーローアカデミアのネタバレ・解説一覧

32巻
305話 306話 307話 308話 309話
310話 311話 312話 313話 314話
33巻
315話 316話 317話 318話 319話
320話 321話 322話 323話 324話
34巻
325話 326話