ワンピース

ワンピース ネタバレ1032話 | 制御できない”閻魔”と現れた日和!それぞれの闘いが白熱する!

週刊少年ジャンプ2021年51号(11月22日発売)の『ワンピース』第1032話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ワンピース』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第1031話第1032話第1033話

前回1031話のおさらい

  • 1年分の寿命を食べ巨大化したビッグ・マムと対峙するキッドとロー
  • 兵を避け回り道をしたヤマトはアプーとドレークと遭遇
  • 武器庫へ急ぐヤマト、ヤマトを追いかける二牙(フーガ)、ヤマトに話を持ちかけようと着いて行くアプー、アプーを逃すまいと追いかけるドレーク
  • CP0に追われるロビンと一緒に逃げるブルック
  • ”百獣海賊団”に勝利した後もし自分が正気ではなかったら殺してくれとサンジはゾロに頼み、了承された

ワンピースの最新話ネタバレはこちら

ワンピース1032話ネタバレ

ワンピース1032話ネタバレ|火事

イゾウが不死鳥の姿で飛ぶマルコに運ばれています。先程入った通信の”巨大な妖怪”は一体どこにいたのかと胸がざわついたイゾウは火事の城内に向かっていくのでした。
城内地下2階では相変わらず走るヤマトとそれを追いかける二牙(フーガ)、アプー、ドレークの姿があり、二牙が周りの兵を走っているだけで蹴散らしていきます。
その時2階から全フロアへの通信が入り、”巨大な炎の妖怪”は地下へ向かったという言葉と同時に、上階から落ちてきたブルックとロビンは二牙の髪の毛の上に着陸します。
2人を追いかけてCP0の2人も階下へ向かって飛び降りてきますが、その後ろから”火前坊(かぜんぼう)”も下へと降りてきていました。目的は不明だが下へ下へと進行中であるという通信を聞いたヤマトは、このまま下へ向かったら島が空中爆発してしまうと焦ります。
そして二牙に手伝ってほしいことがあると叫び、二牙もご機嫌でそれに応えました。
そんな二牙の頭から飛び降りたブルックとロビンは、CP0が炎の向こう側にいるうちにと再び逃げるのでした。

ワンピース1032話ネタバレ|アプー&ドレーク VS CP0

炎を挟んでロビンたちと反対側にいたCP0の2人に向かって子電伝虫で写真を取り続けているのはアプーです。
「”カイドウの城に天竜人の狗!!”モルガンズにでも売ってやろうか!!仲買人(ブローカー)ドフラミンゴを失った政府はついに……」
スクープだと叫ぶアプーに向かって、CP0は首を突っ込みすぎだと言いあっという間に近づいてきます。そして首に指銃(シガン)による攻撃をくらいアプーの身体は地面に倒れてしまいました。
その光景を後ろから見ていたドレークに向かってCP0は
「x(ディエス)・ドレーク、お前の招待を我々が知らないとでも?”不都合”は…消すのみ!!」
と言い、今度はドレークに向かって指銃を繰り出しました。
”爆(ドーン)♫”
武器を構えたドレークと襲いかかるCP0の2人の間の床に寝ていたアプーが攻撃をし、起き上がります。”武装色”を使ったと言い、ドレークにやはり海兵だろうと詰め寄り、CP0に向かっては憤っています。やるのかやらないのかとドレークに問われたアプーは、売られたケンカは買うに決まっていると叫び、CP0に蹴りを繰り出すのでした。

ワンピース1032話ネタバレ|ゾロVSキング

ドームの外の地面にいるゾロを見下ろしながらプテラノドンの姿になったキングは上空を飛んでいます。そして不意に自分のトサカを掴んだと思うと引っ張りだして顔が上へと引っ張られていきます。
”貂(テン)””自尊(ブラウ)””皇(ドン)”
顔を引っ張っていた手を離すとゾロに向かってまるでレーザーのような攻撃が襲いかかります。防御不可の攻撃にゾロは驚きます。
「太古の昔、プテラノドンはこうやって狩りをしていたんだ!!」
クイーンの時のサンジ同様にキングの言った言葉を信じたゾロはそうだったのかと叫びました。そしてまさか燃えている背中もプテラノドンの特徴なのかと言いましたが、キングは違うと一蹴するのでした。
攻撃も当たらず、まずは落とさないと話にならないとゾロは”三刀流””黒縄大竜巻”を繰り出しました。斬撃の竜巻の中にいるキングは羽で斬撃を防ぎ、無傷で技を受けきり元の姿へと戻りゾロの元へ舞い降ります。
龍も恐竜も頑丈さが売りなのかと問いかけるゾロに自分はそれ以上であると答え、刀で勝負してやろうと斬りかかるのでした。
(斬撃は何度も入れた…だが血も出ねェ…!!翼は動く…飾りじゃないが”飛行”は未確認、炎は背中で燃え続けている、能力の1部かと思ったがそれも違うようだ)
(魚人族?巨人族の血?きっとおれの知らねェ種族の力、何かを解かなきゃ…おれはコイツに…!!勝てねェ気がする…!!)
キングの刀を受け止めながらも押されていたゾロはとうとう岩へと吹き飛ばされてしまいます。倒れたゾロの耳には三味線の音が聞こえた気がしました。そしてまさかそんなわけないよなと考えていたゾロの右腕では”閻魔”が暴走し始めました。

ワンピース1032話ネタバレ|小紫

ゾロとキングの近くである宝物殿の中にいたオロチの耳にも三味線の音が聞こえてきました。音は隣の部屋からだと思いこっそり襖を開けると、三味線の音と共にそこにいたのは小紫でした。
あの日から小紫のことを夢に見ない夜はなかった、忘れられないんだと涙するオロチに小紫も
「わちきもでありんす!殿…いつでもぬしのおそばにおりまする」
と微笑みかけ、オロチはそれを聞いて夢なら醒めないでくれと更に涙を流すのでした。

1033話に続く

ワンピース1032話ネタバレ考察

ワンピース1032話の考察・感想|VS CP0

ブルックとロビンのみでは分が悪いなと感じていたCP0との闘いは予想外にアプーとドレークが相手となりました。
今の所指銃しか使っていないCP0の強さ、仮面の下の顔が非常に気になります。元CP9のルッチとカク以外の人物もCP0になっているのが1番一味との再開の際に盛り上がるかなと思われます。

ワンピース1032話の考察・感想|閻魔

再び覇気の過剰放出によってゾロの右腕が干からびてしまいました。閻魔の制御に成功した人物はおでんただ1人ですが、日和から譲られた刀の為、戦闘中のゾロの近くの宝物殿に現れた日和が閻魔をものにする助言をする流れだと予想されます。

ワンピース1033話予想|ゾロと閻魔

このままゾロとキングの闘いが続き、閻魔をどう制御するのか、キングはルナーリア族で確定なのかという流れになると予想されます。閻魔の制御は日和との合流が鍵となると思われますが、まず現在対面しているオロチを日和がその場で制裁するのかどうかが気になるところです。

ワンピース1032話ネタバレまとめ

アプーとドレークがCP0と対峙し、オロチの元には日和が現れ混戦となってきました。
二牙の協力によってヤマトは爆発を阻止できるのか、閻魔が暴れだしキングとの闘いはどうなってしまうのか、ルナーリア族の力についてキングの口から語られるのか、はたまたゾロが気づけるのかとそれぞれの闘いがどう発展していくのかが楽しみです。

ワンピース キャラ解説

ワンピースのネタバレ・解説一覧

100巻
1005話1006話1007話1008話1009話
1010話1011話1012話1013話1014話
101巻
1015話1016話1017話1018話1019話
1020話1021話1022話1023話1024話
102巻
1025話1026話1027話1028話1029話
1030話1031話1032話1033話1034話
103巻
1035話1036話1037話1038話