彼女、お借りします

彼女お借りします204話のネタバレと考察!| それぞれの思いが交差する!寝れない2人の1日目はまだ終わらない⁉︎

週刊少年マガジン2021年42号(9月15日発売)の『彼女、お借りします』第204話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『彼女、お借りします』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第203話 第204話 第205話

前回203話のおさらい

  • 温泉に千鶴、瑠夏、和おばあちゃんが一緒に入っている
  • 和也が父和男に”夫婦の秘密”について尋ね、”相手の幸せを思うその自分の気持ち”に嘘がないかだと言われる
  • 和おばあちゃんは千鶴に家族がいなくなったなどと思ってくれるな、千鶴の家族はここにいると伝える
  • 温泉から上がり皆で売店に移動している途中で瑠夏が和おばあちゃんを話があると呼び止めた

彼女、お借りしますの最新話ネタバレはこちら

彼女お借りします204話ネタバレ

彼女お借りします204話ネタバレ|瑠夏の葛藤

(本当の「彼女」になれるって言ったらどうする?)
(その時が来たら貴方はどうする?)
瑠夏は麻美の言葉を思い返しながら和おばあちゃんに話があると呼び止めました。
(おばあさんはどう思うんだろう…もし千鶴さんが「レンタル彼女」だって知ったら…)
(やっぱ泣いちゃったりするのかな怒ったりとか、それとも今更信じられないかも)
和おばあちゃんを見ながらそう思う瑠夏の脳内には”でも違うでしょ?”といった麻美の顔が思い返されます。
(でも2人が騙してるのは事実!ズルイよそんなの…!)
(もちろんおばあさんを悲しませたくなんかない、でも「千鶴さんの隙間」に私が取って変われるなら…!私がその寂しさを埋めてあげられるなら…っ‼︎)
瑠夏が色々と脳内で考えている間に和おばあちゃんが声をかけます
「そうじゃな、るか殿とは以前の話も聞けずじまいじゃった、改めて聞かせてもらおう」
「おばあさんが求めてる結婚の条件って何ですか…?」
そう言った瑠夏の言葉を何かと思ったらお友達として探りを入れて来てくれてるのかと笑い飛ばし
「心配せんでも千鶴さんはハードルの遥か上空を飛んどるよ」
そう言われて自分は千鶴のお友達なんかじゃない、和也くんの彼女は私と思いながらも言葉を紡ぎます。

彼女お借りします204話ネタバレ|千鶴の嘘

「例えば千鶴が”嘘”をついてるとしたら…おばあさんにも言えないような大きな嘘を…」
そう言った瑠夏は和おばあちゃんに何かあるのかと聞かれドキッとしますが例えばだと言います。それに対して同じ事を言うなんて流石友達だと和おばあちゃんは笑います。
「千鶴さんにも前聞かれた、私が嘘をついてるとしたらと…儂は千鶴さんが宇宙人でも好きじゃと答えた…大ゲサではあるが…嘘ではない」
それを聞いて千鶴も迷ってることを瑠夏は知ります。
あれほどの女性だから和也以外の誰かとの恋がなかったとは思えない、過去の男関係の遺恨を自分に話しづらいのもよくわかると続ける和おばあちゃんに図星かと聞かれますが違うと言えません。
「時に儂も不安になる”完璧”という言葉があそこまで似つかわしい女性…ふとした拍子に目の前からポンと消え、いなくなってしまうのではないかと…」
それを聞いた瑠夏は千鶴がいなくなる可能性を考えているんだと驚き、それでも良いのかと聞きます。
「そうなれば和也は別の女性と結婚し式を挙げ…披露宴をしその人が木ノ下家の跡取り娘となるのだろう…」
(私…それが…私…ッ‼︎)
そう思った瑠夏は何かを言おうとしますが和おばあちゃんの話はまだ続いていました。
「そして数年後…風の噂で千鶴さんが別の男性と結ばれたと伝え聞く、子供を授かり…幸せに暮らしていると…言えると思う…儂はきっと”良かった”と」
「彼女にはどんな形であれ幸せが訪れて欲しいと願う、その相手が和也であれば尚良いと思っとるだけじゃ…」
その時丁度和男が和おばあちゃんを迎えに来て、売店に行こうと和おばあちゃんが瑠夏に笑いかけます。
(敵わない…まるで”本当の娘”みたいに…でも諦められるならとっくにやってる!私には…今しかないのかもしれないっ‼︎だって私だって誰よりも和也くんの事…‼︎)
「おばあさんっ!もう一つだけ聞かせてください!」
瑠夏が和おばあちゃんをもう一度呼び止めました。

彼女お借りします204話ネタバレ|同室

水までハワイアンズ仕様だと売店を見ながら一同は盛り上がっています。
部屋で晩酌をしようと栗林が誘いますが、木部が千鶴との2人の時間があるだろと一蹴します。それを聞いた和也は同室問題があったことを思い出し、瑠夏の方をちらっと見ますが何か考え込んでいる様子なのでどうかしたかと尋ねるも別に…と元気がありません。
「そうじゃ栗林殿2人には”恋人の時間”を…」
和おばあちゃんの声に瑠夏はハッと我にかえります。
そして部屋の前まで来た時、和也と千鶴と腕を組みながら1人じゃ寂しいので今日は2人の部屋にお邪魔しようかと思うと言い、和おばあちゃんに良いのかと確認された千鶴は賛成し和也に笑顔で圧を送ります。
(まあそりゃ告白のタイミングは無くなるけど2人泊まり瑠夏ちゃんが許すはずねーし、レンカノ規約的にはむしろ”助け舟”とも…)
そう考えた和也も賛成し、それぞれ皆部屋に入って行きました。
3人とも布団に入り枕投げでもするかと言ったり、レンカノのくせに人の彼氏と2人で泊まろうとするってどういう神経なのかと瑠夏が言い出したり他愛のない話をしながらも和也は美少女2人と同室なんて寝れる気がしないと焦ります。
そうこうしているうちに相当疲れていたのか瑠夏はもう寝ており、その向こうの千鶴の背中を見てこっちも寝たかと未だ寝れそうにない和也は1人水でも買いに行こうと部屋を出ました。
ですが和也が部屋を出て行った後、千鶴が起き上がりました。

彼女お借りします204話考察・感想

彼女お借りします204話考察・感想|瑠夏の聞きたいこと

和おばあちゃんの話を聞いてやはり千鶴には敵わないと思った瑠夏ですが、最後の聞きたい事とはなんだったのかが気になります。
その後考え込んでいた様子を見ると千鶴じゃない結婚相手ならどんな人が良いのかなどを聞いたのではないかと予想されます。

彼女お借りします204話考察・感想|寝れない2人

和也が出ていった後に起き上がった千鶴は何かを考えているようでした。
婚約指輪の事もありますし、和おばあちゃんと話して何か思うことがあった様子だったので2人きりで話せるようにこの後和也の事を追いかけると思います。

彼女お借りします205話予想|告白

瑠夏に邪魔されず、周りにも怪しまれず2人きりで話せるのが今しかないと千鶴が和也を追いかけて部屋を出てどこかで話すと思われます。
そしてようやくのチャンスが来た和也は告白に踏み切ろうとすると予想されます。

彼女お借りします204話ネタバレまとめ

瑠夏が和おばあちゃんに何か言わないかがずっと心配でした。最後に聞いた事はわかりませんがバラしたりする様な内容ではなさそうで安心です。
漸く2人きりでゆっくり話せるタイミングがやってきた和也はちゃんと告白できるのかとてもドキドキします。

彼女、お借りしますのネタバレ・解説一覧

22巻
185話 186話 187話 188話 189話
190話 191話 192話 193話
23巻
194話 195話 196話 197話 198話
199話 200話 201話 202話 203話
24巻
204話 205話 206話 207話 208話