彼女、お借りします

彼女お借りします 216話ネタバレ考察! | 気持ちを伝える栗林!そして千鶴が麻美に反撃!?

週刊少年マガジン2021年54号(12月08日発売)の『彼女、お借りします』第216話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『彼女、お借りします』読んでいる方はご注意ください!

・最初から読み返してみたい!
・最新刊を読みたい!

と思った方!

「彼女お借りします(レンカノ)全巻無料で読む方法2022年1月最新版」
をまとめているので、下のバナーをタップして確認してみてくださいね!

・漫画を読んでいて、アニメもチェックしたい!
・2022年7月から始まる第二期の前に、第一期をもう一度確認したい!

「アニメ『彼女お借りします(レンカノ)』を無料で視聴する方法2022年1月最新版!」
をまとめているので、下のバナーをタップして確認してみてくださいね!

前回今回次回
第215話第216話第217話

前回215話のおさらい

  • 麻美の過去回
  • 厳格な父親の元で育った麻美は父親の意のまま”品行方正”な娘に育っていった
  • そんな麻美にも彼氏ができ、何の変哲もない日常を暮らすうちに”自由な自分”を望む気持ちが少しずつ育っていった
  • けれど父親は麻美の許嫁をもう決めており、麻美と彼氏を別れさせる
  • こうして麻美は”恋する2人”を見ると”恋人ごっこ”しているんじゃねぇよと壊したくなる様になってしまった

彼女、お借りしますの最新話ネタバレはこちら

彼女お借りします216話ネタバレ

彼女お借りします216話ネタバレ|和おばあちゃんの元へ

エレベーターから出てきた千鶴と麻美は手を繋いでおり、麻美に手を引かれる形で千鶴が着いていきます。
先刻、封筒に入ったお金を差し出された千鶴は着いていくけれどそのお金をしまうように伝えましたが、鍵を忘れたと言っても時間稼ぎにしかならないため他にもうできることは無いのかと頭を悩ませていました。
ですが麻美は早速和おばあちゃんへ千鶴と今一緒にいるため直接話をするべきかとと
電話を掛け、8502(泊まっている部屋)にいることを聞き通話を終えます。そして千鶴へ行こうと手を差し出すのでした。
そして現在、部屋に向かっている途中麻美はもう1つだけずっと心配していた事があると話しかけます。
「亡くなったおばあさんには本当の事言えたの?」
千鶴がその質問に否定すると、そっかと言いながら千鶴の事を抱きしめました。
「大変だったね…辛かったね…もう心配いらない、私が一緒に説明してあげるから。千鶴さんは悪くない、悪いのは和くんだって」
そして再び千鶴の手を引いて歩き出すのでした。

彼女お借りします216話ネタバレ|栗林と瑠夏

プールでは瑠夏が栗林の隣に座ってから沈黙が続いていました。
(え!?何この沈黙、何この時間!!話があるって言うから留まったのに!もう1分くらい黙ったままだけど!?なんで栗林さん(この人)と2人きりで!ただ気まずさしか無いんだけど!!)
もう耐えられないと瑠夏は話は何なのだと急かしました。それでもなかなか話そうとしない栗林に、言いたいことがあるなら男らしくガツンと言ったらどうだと捲し立てます。
「”苦情”なら今いくらでも聞きますから!どーせ”あの日”のことでしょ!?そりゃ怒って当然ですよね!それだけの事をされたんですから!だからって”プロ失格”とでも言いたいんですか!?はいはい仰る通り!どーぞご自由に罵詈雑言浴びせたらどうですか!?」
和也の前でレンタルの事を瑠夏が言った時のことを思い出しながら、瑠夏は半ば逆ギレをしながらそう話しますが、栗林は違うんだと話を遮ります。
「会えて嬉しかった…」
思いも寄らない言葉に瑠夏は驚きました。サイトからも名前が消えており、心配だったのだと栗林は話します。
「俺もう怒ってねーから!元はといえば本当の彼女も作れねーくせに見栄張ろうとした俺が悪いんだし、その事だけはちゃんと伝えねーとって…!」
栗林は話し終わるとそれだけ!とプールから1人急いで出て行き、その後姿を見ながら瑠夏は何なのよと呟くのでした。

彼女お借りします216話ネタバレ|反撃

「へーこれが…なんかデザイン古くない?いかにも昭和の結婚指輪ってかんじ」
千鶴の部屋で指輪のケースを手に持った麻美は、嵌めてみたかと千鶴に尋ね、否定が返ってくると流石にビビるよねという言葉に加えて合う服ないしと言い放ちます。そして交際1年にも満たない彼女に結婚指輪を渡すなんてこれは和おばあちゃんも悪いなと話を続けます。指輪ケースを机に放りった麻美は
「和さんも悪い人じゃないけど、木ノ下家ちょっと家族ぐるみでどうかしてるんだよ」
と言い、和也のワンチャンいけるんじゃないかみたいな”目”に気付いていないわけでは無いだろうと問いかけつつも言葉は止まりません。
「私から見たって不釣り合いだって分かるよ、千鶴さん綺麗だし”女優さん”相手に何夢見てんだって。でもいるよね1度信じたら思い込みが激しいっていうか…きっとああいう人達って苦労知らずなんだろうな、望めば何でも叶うと思ってて…”理想主義(ゆめみがち)”と言えば聞こえはいいけどただの”バカ”じゃない?」
言いたいことを言い切った麻美は、いけないと和おばあちゃんを待たしていたのだったと千鶴に指輪を持たせ部屋を出ようとしますが、動かない千鶴を光の消えた目で振り返ります。
「今の発言は撤回してください!」
千鶴は麻美を真っ直ぐ見据え、そう言うのでした。

彼女お借りします216話考察・感想

彼女お借りします216話考察・感想|祖父の言葉

千鶴が最後に撤回を求めたのは、”強く願えばどんな夢でも叶う””想いは届く”という祖父の言葉も否定されたように感じたからだと予想されます。
勿論木ノ下家、和也や和おばあちゃんの事をボロクソに言っていたことも許せなかったとは思いますが、やはり1番はそこかなと思いました。

彼女お借りします216話考察・感想|瑠夏の心境

瑠夏は栗林の言葉に嫌がったり、引いたりと言うよりは好意的な感情が芽生えたように見えました。ここからすぐに和也から切り替えて…なんてことは起きないですが最終的にこの2人は距離がとても縮まるのではないかなと予想されます。

彼女お借りします217話予想|巡り巡って

巡り巡って自分や祖父のことまで馬鹿にされたのと同様である千鶴の反撃の回だと予想されます。麻美と和おばあちゃんの仲の心配までしていたにも関わらず、和おばあちゃんの事もあれほど馬鹿にされたら、もう千鶴も吹っ切れたのではと思います。

彼女お借りします216話ネタバレまとめ

麻美に手を引かれるがまま和おばあちゃんの元へ向かう千鶴…かと思いましたが許せない言葉に反撃に出ました。千鶴はもう説得ではなく反撃にシフトチェンジして行って良いと思います。そしてあまりにもひどい麻美のこの数々の暴言を誰かが聞いてたり、千鶴が録音していたりしていないかなと期待してしまいます。
栗林と瑠夏のこれからの関係性の変化も楽しみです。

・最初から読み返してみたい!
・最新刊を読みたい!
そんな方は、
「彼女お借りします(レンカノ)全巻無料で読む方法2022年1月最新版」
をまとめているので、下のバナーをタップして確認してみてくださいね!

・漫画を読んでいて、アニメもチェックしたい!
・2022年7月から始まる第二期の前に、第一期をもう一度確認したい!

「アニメ『彼女お借りします(レンカノ)』を無料で視聴する方法2022年1月最新版!」
をまとめているので、下のバナーをタップして確認してみてくださいね!

彼女、お借りしますのネタバレ・解説一覧