るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

るろうに剣心 北海道編 最新話40話ネタバレ! | 雹辺による最悪な夜が始まる

毎月4日発売、集英社の月刊漫画雑誌ジャンプSQ.連載『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』のネタバレまとめページです。『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

ジャンプSQ連載『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の概要

伝説の人斬り・抜刀斎こと緋村剣心──明治十六年の東京で、時に倭杖を手に困窮している人のため剣を振るうも、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていた。ある時、一枚の写真から、薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明。剣心達は北海道に向かうが…!?
“不殺”の流浪人の新たな浪漫譚、開幕……!!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』を読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第39話 第40話(最新話) 第41話

ジャンプSQ.12月号(11月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第40話!

前回ジャンプSQ.11月号第39話のおさらい

  • 阿部が新撰組を憎むのは服部のやられる瞬間を見てしまったからだった
  • 永倉は薄野で新撰組にいた加納と前野と再会
  • 三島の尾行は阿部にバレていた

前回のネタバレはこちら

るろうに剣心 北海道編 ネタバレ39話|斎藤の指示は阿部にお見通し?ジャンプSQ.11月号(10月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第39話! この記事ではネタバレと考察・感想...

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ|雹辺への指示

雹辺は自分の刀を研いでいました。
そして、研いだ刀の出来に自画自賛する一方で斎藤と永倉を倒そうと思っていました。
そんな彼のもとに闇乃武の頭目が何かを持ってきました。
持ってきたものからは何かが垂れており、下に落とした瞬間生首が出てきました。
その姿は山県有朋でしたが、本当は彼の影武者です。
ちなみに、頭目は生首以外に小さな巻物を持ってきていました。
それは本陣からの伝令が書かれてもので、5回目の実験戦闘は次が最後というものでした。
その内容は、明日の晩に明治政府に対して剣客兵器の実力を見せつけるために身分を問わずに札幌で公務に携わるものを容赦なく斬るというということでした。
そして、その行為は刃こぼれを起こして斬れなくなるまでするよう指示されていました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ|阿部家の人々の交流

尾行していた三島に阿部はバカにされたと思い苛立っていました。
そんな彼のもとに阿部の妻がやってきますが、三島も中に入れることにします。
中に入ると、りんごやりんごに関する本ありました。
ちなみに、阿部の妻は三島が友人だと思っていますが阿部が否定したので軍人ではないかと思いました。
そこで、三島は林檎好き仲間と嘘をついたので阿部は困惑します。
そこで、りんごを一口食べますが美味しいと言いながら食べたのに不味すぎました。
しかし、阿部は普通に食べていました。
実は、阿部は去年取れた分を氷室で保存していたりんごの味見をし品質変化を調べるために食べていました。
その後、帰宅した阿部の息子は三島が父親の林檎仲間だと思い、青森のリンゴの違いを三島に聞こうとします。
さらに、三島は阿部家でご馳走になるのでした。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ|阿部は内通者?

見送ろうとする阿部に囮役をやめないか三島は提案します。
なぜなら、家族に内緒にしているからです。
しかし、阿部はその提案は軍人という立場の彼がいうことではないと告げて家に戻りました。
翌日、三島は斎藤に阿部が内通者ではないことを報告しました。
なぜなら、阿部は悪人ではないと感じたからです。
ちなみに、永倉は役人の中に内通者がいる可能性は低いので囮役を使うことに意味がないと思っていました。
しかも、役人は御付令を軽んじて夜の街に繰り出してるそうです。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ|緊急事態発生

緊急事態の笛が鳴りました。
そして、伊知川のもとに人斬りが出たという報告が入りました。
雹辺は貸し座敷帰りの役人を立て続けに7名斬殺しました。
そして、その死体のうちの一体の頭部に鎌のような刀を刺して引きずりながら道庁に向かおうとしていましるろうに剣心 北海道編40話ネタバレ

ジャンプSQ.1号(12月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第41話!に続く

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ考察

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ考察・感想|阿部がりんごを食べていた理由が判明

阿部がりんごを食べる描写がよくありましたが、これはりんごが好きだからだと思っていました。
しかし、実際は品質チェックだったことが判明。
そういう理由で食べていたのは想定外でした。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話ネタバレ考察・感想|雹辺が道庁に向かう理由

雹辺は殺害した役人のうち一人を引きずりながら道庁に向かっていました。
自分の力を見せつけるのであれば道庁にいる役人を斬殺すればいいのになぜ死体を持って行こうとするのでしょうか?
引きずっている役人は見せしめということでしょうか。
気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-41話予想

雹辺が殺害した役人を引きずりながら道庁に向かっていますが、そこが斎藤・永倉との決戦の地になるに違いないと思います。
剣客兵器なので雹辺が簡単にやられるということはないと思いますが、勝負の行方が気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-40話のネタバレと考察まとめ

三島は阿部が悪人には思えないという理由で内通者ではないということを斎藤に報告します。
一方、闇乃部の頭目から札幌での最後の実験先頭で役人を容赦なく殺害するというものを雹辺は指示を受け、七人殺害したうちの一人の遺体を引きずりながら道庁に向かいました。
道庁に目的は何なのか気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-のネタバレ・解説一覧

7巻
37話 38話 39話 40話 41話