るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

るろうに剣心 北海道編 ネタバレ37話|最高の囮役の正体

ジャンプSQ.9月号(8月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第37話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第36話 第37話 第38話

前回ジャンプSQ.8月号第36話のおさらい

  • 1週間前に札幌に斉藤・永倉・三島が到着後、伊知川に会いに行く
  • 旅館で三島は永倉から新撰組について話を聞く
  • 伊知川は斎藤が提案した囮役の役員に相応しい人物がいると料亭で話をした

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-の最新話ネタバレはこちら

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ|永倉が見た夢

“ガンシム”
永倉のことをその様に呼ぶ上半身裸の男性で我武者羅の新八を略したものでした。
その人物は原田という人物でした。
原田は斎藤のことを心配していましたが、平助という人物のことも気にしていました。
そんな中、伊東らの伝令を踏まえて七条油小路へ。
そこで、永倉は平助とやり合いますが新撰組の元剣術師範の服部が現れて次々と隊士たちを倒してしまいます。
永倉が服部と交戦している中、斎藤が服部を牙突で襲撃。
一方、平助は隊士たちに斬られて絶命してしまいました。
そんな夢を見ていた永倉は目を覚ましました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ|囮役、その名は・・・

永倉のもとにやってきた三島は剣客兵器を誘き出す囮役を引き受ける役人が見つかったということ伝えました。
その人のもとに斎藤も一緒に行きますが、その人物がいる部屋のドア伊知川が開けると見覚えのある人物の姿がありました。
“阿部十郎”
その人物は元新撰組で御陵衛士の残党で近藤の狙撃犯の一人でした。
阿部は斎藤のことを知っており、油小路での裏切りや騙し打ちを根に持っていて自分のことを護衛するよう指示しました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ|伊知川と阿部の思惑

その夜、料亭で伊知川は役人に阿部十郎を見たときの反応を笑って話していました。
特に、齋藤は目を三角にして吊り上げて眉間に数本シワを寄せていたとジェスチャーを交えて話しました。
それを見ていたフサフサ頭の男性はそれは通常の彼だと思いながら笑っていました。
一方、坊主頭の男性は彼らは今夜から夜回りをしているという話をします。
それに対して、伊知川は辻斬りの賊を倒すことができても斎藤たちが倒されても自分にはいい話だと笑いながら話しました。
そこの頃、夜廻りをしていた斎藤たち。
その最中で斎藤は阿部に話しかけますが、呼び捨てだったのが気に入らなかったのでさん付けするよう命令します。
なぜなら、斎藤は阿部の7歳年下だからです。
そして、斎藤が“悪・即・斬”をこだわっているのではないかと指摘から彼に言われた「何のつもり」ということに対して返答をします。
彼は今回の剣客兵器が強いという噂を耳にしていました。
そこで彼は新撰組の敗北が見たいと思っていました。
しかも、永倉と斎藤という最強のメンバーが負けるのであれば阿部には最高だと思っていました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ|役人の前に現れたのは・・・

酔い潰れた伊知川を残して一緒にいた役人2人は店を後にします。
2軒目に行くか話をしますが、役人に対して夜間外出を控える通達が出ているので帰ることにします。
そこで、人目ににつかないように裏路地に入ると、黒ずくめの人がカマのような形の刀を待ち伏せしていました。
役人2人はなぜ自分たちがここを通るのかわかったのか混乱してしまいます。
“雹辺”(ひょうべ)
彼らに黒ずくめの人は自己紹介をしました。

ジャンプSQ.10月号(9月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第38話!に続く

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ考察

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ考察・感想|阿部十郎の今後

伊知川が囮役として紹介したのは、斎藤たちにとって因縁の相手の阿部十郎。
彼は斎藤たちの敗北を見たいという理由で名乗り出たようです。
油小路での一件を相当根に持っているようですね。
間違いなく彼はトラブルメイカーになると思います。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話ネタバレ考察・感想|なぜ雹辺がここに?

裏通りを通る役人の前に雹辺という剣客兵器が現れました。
役人たちもですがなぜ自分たちがここをここを通るのか疑問に思っていました。
待ち伏せをしていたということはここに来るというのを確実にわかっていたということになると思います。
今まで登場した誰かと裏で繋がっている可能性がありそうだと思いました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話予想

雹辺は役人を斬る気満々のようです。
ここで斎藤たちが来るか来ないかで話が変わると思います。
来た場合は当然のことながら雹辺と交戦。
一方、来なかった場合は翌朝になり夜廻りをしていたにも関わらず役人が殺害されたことを伊知川に責められるのではないかと思います。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-37話のネタバレと考察まとめ

剣客兵器を誘い出す囮役に自ら名乗り出たのは斎藤たちにとって因縁の相手である阿部十郎でした。
そんな彼は、斎藤たちが負ける姿を見たいから名乗り出たようです。
夜になり斎藤たちが夜廻りする一方で役人たちの前に剣客兵器の雹辺が登場!
役人たちがどうなってしまうか気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-のネタバレ・解説一覧

7巻
37話 38話 39話 40話 41話