るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

るろうに剣心 北海道編 ネタバレ38話|夜廻りは2日目へ

ジャンプSQ.9月号(9月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第38話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第37話 第38話 第39話

前回ジャンプSQ.8月号第37話のおさらい

  • 七条油小路の辻のことを夢で見た永倉は平助の名前を呼びながら目を覚ます
  • 囮として名乗りをあげたのは“阿部十郎”という斎藤・永倉にとって因縁の相手
  • 夜、伊知川と食事をしていた2人は裏路地で雹辺の待ち伏せにあう

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-の最新話ネタバレはこちら

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ|怒りの伊知川

伊知川と食事をしていた役人は惨殺されてしまい、遺体を目撃した人は大声をあげで驚きました。
一方、伊知川に呼ばれた斎藤たちは彼に罵倒されてしまます。
また、囮役として一緒にいた阿部も罵倒しました。
そして、陸軍に出動を要請することにしたので斎藤達に函館へ帰れと最後に罵声を浴びせました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ|実検戦闘の目的

三島は今後についてどうするか気になっていました。
それに対して、斎藤は引き続き夜廻りは継続すると回答。
続いて、剣客兵器の実検戦闘についての話になりました。
斎藤は実検戦闘には2つ目的があると思っていました。
まずは来るべき世界戦争に備えての猛者の発掘。
もう一つは戦闘能力を知らしめるための模擬戦でした。
ちなみに、ここ札幌では要人暗殺が狙いで昨夜の襲撃も暗殺スキルを見せつけるものだと思っていました。
そして、疑問も1つありました。
きっかけは、殺害場所が料亭の裏口からつながる路地裏だったということ。
斎藤はそのことを踏まえて内通者がいるのではないかと疑っていました。
話の最中に阿部が外出しようとしたので斎藤・三島は彼を追いかけます。
一方、永倉は夜廻りの件を話したがっていましたが、誰かの気配を感じたので窓の方に声をあけました。
“ガムシン”
久しびりに永倉にあった謎の人物は彼のことをそう呼びました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ|雹辺と謎の人物

何者かが雹辺に伊知川が陸軍を要請したことを報告しました。
それに対して、雹辺は函館の件で何も学んでいないと嘆いていました。
さらに、謎の人物は斎藤と永倉がいることを報告。
雹辺はその2人を倒したいと思いますが、実検戦闘を優先しなければないと思い感情を抑えました。
そして、今日の動きに謎の人物は説明しながら4枚の封筒をさらにおきます。
それに対して、雹辺は報酬を渡しました。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ|新たな敵

2日目の夜廻りに永倉の姿はありませんでした。
永倉がいないことに対して、阿部は自分より若いにも関わらずいないことを馬鹿にしました。
話は遡り、伊知川に叱責された後に阿部が外出しようとした時のこと。
外出しようとした阿部に三島は今夜の夜廻りの件がまだだったので話をするために引き留めようとします。
そんな彼に斎藤は明日以降の日中に阿部の動向を探るために張り付くよう指示します。
指示を受けた三島は阿部が内通者ではないかと思いました。
話は夜廻りの最中に戻り、阿部は今回の暗殺者以外に斎藤を狙う敵はいると忠告します。
なぜなら、新撰組は多くの人を殺害しているので恨んでいる奴はいろんなところにいると思っていたからでした。
函館山山頂に黒ずくめの人物がやってきました。
彼は斎藤がここにいないことを知り、城から去ってしまいます。
なぜなら、その人物は斎藤をどうしても倒したいと思っていたからでした。

ジャンプSQ.11月号(10月4日発売)の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第39話!に続く

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ考察

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ考察・感想|内通者は誰?

伊知川と一緒に食事をしていた2人が惨殺。
裏路地にいたことを雹辺が知っていたということは内通者がいるという考えに至りました。
果たして誰なのでしょうか?
雹辺と話している人物の眉がなんとなく阿部に似ていますが、どうなのか気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話ネタバレ考察・感想|新登場の剣客兵器はなぜ斎藤を狙う?

函館に新たな剣客兵器が登場!
彼の狙いは斎藤のようです。
最後に顔が出ましたが、彼の右目には切り傷がありました。
斎藤につけられた傷なので恨んでいるのかもしれないですね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-39話予想

内通者はは雹辺に陸軍の配置を説明したのだと思います。
そして、雹辺は教えてもらった薄野と白老通りでそれぞれ襲撃をするに違いないと思います。
そこに斎藤が駆けつけることができるのか気になります。
あと、永倉がいないのが気になります。
もしかすると、どちらか一方にすでにいるというの可能性がありそうです。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-38話のネタバレと考察まとめ

夜廻りをしていたにもかかわらず殺人が起きたので内通者がいるのではないかと斎藤は推測。
予想通り何者かが雹辺に陸軍や斎藤・永倉がいることを雹辺に報告していました。
一体、何者でしょうか?
そして、2日目の夜廻りの一方で雹辺は動くのか気になりますね。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-のネタバレ・解説一覧

7巻
37話 38話 39話 40話 41話