新テニスの王子様

新テニスの王子様 最新話ネタバレ349・350・351話速報!| 平等院に襲い掛かるボルクの切り札

毎月4日発売、集英社の月刊漫画雑誌ジャンプSQ.連載『新テニスの王子様』のネタバレまとめページです。『新テニスの王子様』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『新テニスの王子様』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

ジャンプSQ連載『新テニスの王子様』の概要

新テニスの王子様とは、全42巻からなる「テニスの王子様」を序章に持つ、超次元新感覚SF格闘テニヌ漫画である。
新たな伝説が今、始まろうとしている―――!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『新テニスの王子様』を読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第346/347/348話 第349/350/351話(最新話) 第352/353/354話

ジャンプSQ.12月号(11月4日発売)の『新テニスの王子様』第349/350/351話!

前回ジャンプSQ.11月号>第346/347/348話のおさらい

  • 三船は阿修羅の神道を会得した平等院んい世界中の強敵を探して試合するよう指示
  • アマデウスとの試合で平等院は一度死亡するものの復活したことが発覚
  • タイブレークでは平等院が6ポイント連取!

前回のネタバレはこちら

新テニスの王子様 ネタバレ346・347・348話| 平等院の復活で流れが変わるジャンプSQ.11月号(10月4日発売)の『新テニスの王子様』第346/347/348話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介...

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ|“阿頼耶識“

平等院が阿久津が使っていた『無没識』を使用しているとリョーマは思いました。
しかし、実際は『阿頼耶識』という状態でした。
押され気味のボルクが打った打球がネットに掛かって高く飛んだボールをスマッシュしますが、それによってボルクのラケットのガットを破壊して2セット目を取りました。
2セット目終了後、ベンチに戻った平等院は疲れ果てていました。
そんな彼はリョーマと徳川に日本のことを託そうとしました。

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ|平等院のプレーに対しボルクは?

最終セットが始まると最終セットが始まると三船は平等院に『阿修羅の神道』を習得するよう指示をしてきたけれども、その時ついでに『無没識』を会得してきたことを話しました。
ちなみに、徳川も『阿修羅の神道』にたどり着いていました。
しかし、たどり着いた際に門が開いていたそうですが、これは岩を置いて平等院が門を開けっぱなししていたからでした。
なぜなら、自分が精神を壊すほどの壁になるためだからです。
そんな中、1プレーが終わりますが、ボルクの顔から大量の汗が流れ出ていました。
そして、平等院のようなプレーはプロには絶対無理だと思っていました。

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ|ボルクの切り札

数日前、ドイルの選手村ではボルクがダブルスの練習をしていました。
ちなみに、パートナーは手塚で相手はシュナイダー・ベルティのペアでした。
相手が能力共鳴を発動しますが、この時巨大化したシュナイダーがスマッシュをしようとしていました。
一方、手塚は手塚ゾーンを発動していました。
そして、試合後にQ・Pが手塚に気づかれないようにボルクが何かしたことを指摘しました。
回想が終わり試合ではボルクに向かってボールが吸い込まれるように向かっていました。
それは手塚ゾーンではないかと思いますがボルクを包み込むように竜巻が出現!
しかも、竜巻は他にも自分のコートだけではなく平等院のコートにも出現していました。
ちなみに、これは一人で『能力共鳴』を起こしたことによって出現させたものでした。

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ|平等院、絶体絶命?

能力共鳴で発生した竜巻の中を突き進む平等院。
そんな彼は竜巻の中で打ち返そうとしますが、彼の背後にいた海賊が消えてしまい竜巻に飲み込まれてしまいました。
その様子を見ていたボルクはここまでしないと自分が負けていると思っていました。
そんな彼は、ここまで興奮する試合は珍しいとも思っていました。
そして、必ずプロに上がってきてほしいと願っていました。
竜巻が消えて平等院はコート上に落下しようとします。
しかし、すぐにプレーを続けようとしました。

ジャンプSQ.1月号(12月4日発売)の『新テニスの王子様』第352・353・354話!に続く

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ考察

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ考察・感想|瞑想したら精神世界を共有できる?

阿修羅の神道を平等院だけではなく徳川も会得していました。
ちなみに、徳川が会得した際は平等院が会得する際に閉ざされていた門が開いていたそうです。
徳川も会得するために瞑想したに違いないと思いますが、そうすると平等院と同じ精神世界に到達したことになります。
会得させるなら閉じておいてほしかったです。

新テニスの王子様349/350/351話ネタバレ考察・感想|一人で能力共鳴?

ボルクは手塚とダブルスの練習試合で彼の能力を吸収したそうです。
その結果、手塚ゾーンと自身の渦巻の洗礼を能力共鳴させて竜巻を発生させました。
今までであればダブルスの中で行われていましたが、ボルクは一人で実行しました。
凄すぎですね。

新テニスの王子様352/353/354話予想

単体で強すぎるのに手塚の能力を吸収して能力共鳴というチート級の強さを誇るボルク。
そんな相手を平等院がすることになりますが、2セット目終了時点でバテバテで血管が切れて出血をしながらのプレーをしています。
命懸けでやっているそうですが、勝ためにさらに命をかける必要がありそうです。
しかし、試合終了後に燃え尽きて死亡というオチにならないことだけ願いたいです。

新テニスの王子様349/350/351話のネタバレと考察まとめ

平等院が“阿頼耶識”の状態になったことで2セット目をとる。
そして、3セット目が始まるが、ボルクは手塚の能力を吸収したことで一人で能力共鳴を発動。
それによって発生した竜巻に平等院は飲み込まれてしまいますが、すぐにプレー続行をしようとしていました。

新テニスの王子様のネタバレ・解説一覧

34巻
333話 334話 335話 336話 337話
338話 339話 340話 341話 342話
35巻
343話 344話 345話 346話 347話
348話 349話 350話 351話