新テニスの王子様

新テニスの王子様 ネタバレ340・341・342話|波乱の第一セット目

ジャンプSQ.9月号(8月4日発売)の『新テニスの王子様』第340・341・342話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『新テニスの王子様』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第337/338/339話 第340/341/342話 第343/344/345話

前回ジャンプSQ.9月号第337/338/339話のおさらい

  • 5-5のカウントになり11ゲーム目で赤也が覚醒してゲームを取る
  • 12ゲーム目で種子島がは赤也に更互無を発動した結果日本チームが勝利
  • 平等院がシングルス1で登場!

新テニスの王子様の最新話ネタバレはこちら

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ|全力で挑む平等院

平等院とボルクのシングルス1の試合が始まりました。
ちなみに、この試合を見るために各国の選手や関係者が会場に集まっていました・
サーブは平等院からでしたが『光る打球』(デストラクション)でサーブを打ちます。
しかし、ボルクは簡単にレシーブしてしまいます。
ラリーが続くなで土煙が渦を巻き始めますが、これはボルクが『渦巻きの洗礼』を放ったからでした。
しかし、平等院は簡単に返してしまいました。
その理由をデュークは知っていました。
数ヶ月前フィリピンで彼がヤシの身を握り潰すほどの握力があることを証明したことでした。
ちなみに、300kgは握力があるらしいです。
そして、平等院は挨拶がわりに『エキゾチックオブJAPAN』という技を放ちました。

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ|互角の戦い?

『エキゾチックオブJAPAN』
これはボルクは巨大なボールが迫っているように見えました。
しかし、返球するとチョンゴーホーロンチャー・ローアオブジアフリカンシンバを放ちます。
そんな姿を見ていた徳川は以前した際に6割しか力を出してことを痛感しました。
ちなみに、仁王が平等院をイリュージョンしたことがありますが、その力は本来の半分も再現できていなかったそうです。
そして、ゲームカウントは2−2になっていました。
観客は平等院がボルクと互角で戦っていると思っていましたが平等院本人はボルクがまだ何もしていないので互角ではないと思っていました。

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ|平等院の異変

ゲームカウントが4−4になり9ゲーム目のワンプレーで越前は平等院が行ったことが気になりました。
そのプレーはエキゾチックオブJAPANを放つ際に『挨拶代わり』と言ったことで、それは最初に同じ技を放った時にも言いました。
ボルクはそれを返球した結果、彼にポイントが入りました。
その後もチョンゴーホーロンチャー・ロアーオブジアフリカンシンバも返されてしまったのでパイレーツオブザワールドを放ちます。
しかし、これも返球されてしまったのでゲームカウントが5−4のボルクリードになりました。
その直後のプレーで平等院はまたしても『挨拶代わり』と同じことを言いました。
その彼のプレーを見ている日本のメンバーは平等院が負けて負けていることにも気づかない状況に陥っていると思っていました。
“螺旋の洗礼”
ボルクがタイムリープを起こすほどの強さがあるとドイツ勢は彼の強さを評価しました。
そして、ゲームカウント6−4でボルクが1セットを取りました。
ちなみに、平等院はバテバテでしたがボルクは汗ひとつかいていませんでした。

ジャンプSQ.10月号(9月4日発売)の『新テニスの王子様』第343・344・345話!に続く

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ考察

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ考察・感想|ついに時間操作が登場!

ボルクの必殺技『渦巻の洗礼』を余裕で返した平等院。
そんな彼の握力をデュークは平然と300kg超えと言っていました。
そんなにあったら、返した瞬間にラケットは間違いなく砕け散ってますよ!
一方、ボルクの強さで平等院をタイムループに陥らせたようです。
五感を奪ったりブラックホールを起こして空間を歪めたりなんでもありの今作でついに時間操作が登場!
それを当たり前のように言っていてもこの作品ならOKというのが面白いですね。

新テニスの王子様340・341・342話ネタバレ考察・感想|平等院の勝利の鍵

タイムループ状態に陥った結果、平等院は1セット目を落としてしまいました。
この状態からの脱出が平等院が勝利する上で必須条件となりそうです。
例えば、前の試合で赤也が覚醒したように平等院も何か覚醒したら脱出できるかもしれないですね。

新テニスの王子様343・344・345話予想

次回は2セット目に突入すると思います。
ちなみに、平等院はゲームカウント5−0のように絶体絶命の状況に陥ると思うのですが、最後にポイントを取って11月号で2セット目を取って3セット目へということになると思います。
しかし、そのためにはタイムループからの脱出が必要。
どうやって脱出するか気になりますね。

新テニスの王子様340・341・342話のネタバレと考察まとめ

平等院とボルクのシングルス1が始まりました。
初めは互角の展開でしたが、平等院が「挨拶代わり」と何度も言ったことで周りが異変に気づく。
これは、ボルクの強さによってタイムループが引き起こされたことにより起きたもので、
平等院は1セット目を落としてしまいます。
このまま平等院の負けで終わってしまうのか気になりますね。

新テニスの王子様のネタバレ・解説一覧

34巻
333話 334話 335話 336話 337話
338話 339話 340話 341話 342話
35巻
333話 334話 335話