東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ最新話ネタバレ232話速報!| マイキーの黒い衝動でサウスが死ぬ!?未来視の結果を武道は防げるのか!!

週刊少年マガジン連載『東京卍リベンジャーズ』のネタバレまとめページです。『東京卍リベンジャーズ』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『東京卍リベンジャーズ』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

週刊少年マガジン連載『東京卍リベンジャーズ』の概要

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。
壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。
そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!!
ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『東京卍リベンジャーズ』を読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第231話 第232話(最新話) 第233話

週刊少年マガジン2021年52号(11月24日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第232話!

前回231話のおさらい

  • 鶴蝶VSマイキーの闘いは動かないマイキーに鶴蝶が一方的に攻撃を繰り出していたものの手応えがない
  • 「ケンチン…もう…カラッポだ」そう言って胸に手を当てたマイキーからは黒い衝動が沸き起こる
  • サウスVS千咒の闘いの途中、サウスに触れられた武道は血まみれで倒れ死んでいるサウスの未来視(ビジョン)が見える
  • サウスの元へ血まみれの鶴蝶が飛ばされてきた。その後ろからサウスの前へやってきたのはマイキー

前回のネタバレはこちら

東京卍リベンジャーズ231話ネタバレ | マイキーの黒い衝動が目覚める!!未来視ではサウスが死亡する!?週刊少年マガジン2021年51号(11月17日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第231話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介して...

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ|マイキーの登場

サウスの前にマイキーが立ちはだかり、ついに動いたかとサウスは佐野万次郎の名前を呼びました。
マイキーの登場に驚く武道、瀕死の鶴蝶、息の上がった千咒、何を今頃になってと呟く武臣がマイキーの事を見ていましたが最初に動いたのは千咒です。
「引っ込んで炉マイキー!!サウスとジブンの1対1(タイマン)だ!!」
立ち上がりそう叫んだ千咒の事を横目で睨むと、オマエから死ぬか?と禍々しい殺気を放ち、千咒は固まってしまいました。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ|マイキーVSサウス

「いくぞマイキー!!これがこの追悼戦争(レクイエム)のフィナーレだあ!!」
サウスがそう叫び、マイキーへ拳を繰り出しマイキーもサウスの顔に蹴りを入れます。
(なんだこの鳥肌の立つ緊迫感!!紙一重の闘い、これだオレの求めていたモノは!!だれも入れねぇオレとオマエだけの聖域(サンクチュアリ)!!)
2人の拳と脚がそれぞれを襲い、他の人が入れるような隙など無い様に見える闘いが繰り広げられています。
”衝動(ビート)”が溢れ出ちまうと興奮して笑顔で闘い続けていたサウスの前に武道が立ちはだかり、両者の動きが止まります。
マイキーとサウスの間に立ち、サウスを庇うようにマイキーに向かって腕を広げた武道はもうやめようと呼びかけます。
武道の後ろでサウスは何故止めるのだと脳内で怒っていますが
「これ以上やったらサウスが死んじまう!!」
武道のこの言葉で何故か身体が動かないことに気付いたサウスですが、言葉も発することが出来ません。
サウスの右目はもう開いておらず、鼻や口からの出血に加え右腕の方向もおかしく、折れてしまっているようです。
サウスも壊すしか能がないのだろうと問いかけたマイキーは自分が壊してやると言って歩き始めます。一虎の時の事を思い出していた武道は、マイキーが人殺しになってしまうとサウスの前で腕を広げ続けます。ですが邪魔だと呆気なく武道の右腕は膝蹴りによって折られ、武道の横を通り過ぎどうやって死にたいかと尋ねたマイキーはサウスの前に立ちました。
そして”グシャ”という音が響いたのでした。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ考察

東京卍リベンジャーズ232話感想・考察|サウス

どんなに悪い人物でも死んでしまうと思うとあまり良い気持ちにはなれません。マイキーと渡り合ってるように見えた戦闘シーンでしたが、マイキーも多少の傷は負っているもののサウスの右半身の重症ぶりとは比べ物にならず、アドレナリンが出ていたにしても自覚症状が無い内に重症を負わせていたマイキーの強さが恐ろしいです。
反撃や身を守る術が無いサウスはマイキーの攻撃によって死亡してしまうのか大変気になります。

東京卍リベンジャーズ232話感想・考察|マイキーの”黒い衝動”

マイキーのサウスへの「オマエ”も”壊すしか能がないんだろ?」という台詞は一虎の事か、または自分自身と重ねて話しているのだろうなと感じました。
桁違いの強さと、相手を殺しかねないリミッターのない攻撃を続けていたマイキーですが、武道が立ちふさがった時ボコボコにしなかったのはまだ極僅かにでも正気が残っているものと予想されます。
腕を折られた状態で望むのは酷かもしれませんが、銃弾を前にしても止まることのなかった武道には”無敵のマイキー”ではなく”佐野万次郎”の事をどうにか叱って止めてほしいなと思います。

東京卍リベンジャーズ233話ネタバレ予想|マイキーの制止

腕を折られてしまった武道ですが、このままサウスが殺されるのを傍観しているだけでは終わらないと思うので、誰かの助けが入るにしろ最終的にはマイキーの”黒い衝動”を一時的にせよ止められると予想されます。
最後の”グシャ”という音は一撃で殺すような攻撃ではなく、もう使い物にならなそうな腕か目を潰した音だと予想します。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレまとめ

マイキーVSサウスの闘いは同レベルかに見えましたが、マイキーの攻撃によってサウスは瀕死状態です。右半身がボロボロのサウスに止めを刺しに行ったマイキーを止めるのは武道かココしかいないと思われます。
武道の腕も迷うことなく折ったマイキーの”黒い衝動”の恐ろしさを改めて感じた回でした。

東京卍リベンジャーズのネタバレ・解説一覧

23巻
198話 199話 200話 201話 202話
203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話
212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 225話
26巻
226話 227話 228話 229話 230話
231話 232話