東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ | タケミチが新たな能力に目覚める?

週刊少年マガジン2021年36・37合併号(8月4日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第217話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で東京卍リベンジャーズ読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第216話 第217話 第218話

前回216話のおさらい

  • 瓦城千咒は女の子だった!
  • 瓦城千咒の本名は明司千壽
  • 明石武臣と三途春千代と瓦城千咒は3兄妹
  • 三途春千代は関東卍會に所属
  • 別れ際に見えた謎の光景?

東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレはこちら

前回のネタバレはこちら

東京卍リベンジャーズ216話ネタバレ | 明らかになる千咒の新情報とタケミチが見たビジョン週刊少年マガジン2021年35号(7月28日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第216話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介し...

瓦城千咒の荷物持ちとして買い物の待ち合わせをしたら、実は千咒が女の子で、本名が明石千壽だと知ったタケミチ。衝撃の事実を聞きながらも楽しい時間を過ごしましたが、千咒との別れ際に不吉な光景を幻視した所までが216話の内容でした。

別れ際に見えた光景は何だったのか?
マイキーを悪の道から連れ戻すためのタケミチの次の一手は?
気になる東京卍リベンジャーズ 217話のネタバレを紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ|謎の光景の意味とは?

216話の最後で見た「意味深な幻視」の回想から217話がスタートします。幻視の内容は2コマのみでしたが、雨天の仲仰向けで横たわる瓦城千咒がタケミチへ約束を守ったと満足げな笑みを浮かべているというものでした。

ドラケンと共にドラケンの家に向かいながら、謎の幻視について考えていたタケミチでしたが、ドラケンの家の入口っでも「自分の手のひらと服に真っ赤な染みが付く」という幻視を見るのでした。

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ|ドラケンの家で作戦会議~空白の2年の答え合わせ~

幻視に戸惑いながらも、2人は風俗店であるドラケンの自宅をドラケンの部屋にむけて歩いてゆきます。以前、ドラケンの家に来たのは65話の芭流覇羅との決戦後でした。風俗業界は人の入れ替わりが激しく、そのころの嬢はもう残っていないそうで、少し世知辛いですね。

ドラケンの部屋まで到着すると、ボードにに東卍とエマの写真が貼られていました。今でもエマが夢に出てきて「マイキーを助けて」と言われると語るドラケン。硬派で愛情表現が薄いドラケンですが、エマへの思いがいかに本気だったかが伺えます。

情報共有は、まずタケミチから。
未来の世界でのマイキーについて、「やつれていて、梵天という組織を作っていて、黒い衝動を抑えられないと語っていた」とドラケンに伝えます。加えて、東卍のメンバーは無事で、マイキーは2年前(現世からみて12年前)のタケミチとの約束を守ったんだとの考えも話しました。

この話を受けてドラケンから、タケミチが未来へ返ってから今までの情報を話します。
マイキーは、東卍の仲間を傷つけることで遠ざけたというのです。そんなエピソードから、マイキーの事を嫌いになった東卍のメンバー達でしたが、ドラケンはタケミチの話と合わせて「マイキーは東卍のメンバーを守るために遠ざけた」と確信することになるのです。

二人でマイキーを連れ戻す覚悟を決めた二人は、話し合いを終えて部屋から出るのでした。

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ|謎の幻視が現実に!

部屋を出て、廊下を歩くドラケンとタケミチ。ふいにタケミチにぶつかった風俗嬢がトマトジュースをこぼしてタケミチの手や服に中身をこぼしてしまいます。

この光景を見てタケミチは、既視感を覚えます。217話の冒頭、ドラケンの家に入る時に幻視した「自分の手のひらと服に真っ赤な染みが付く」という光景と酷似した状態だったのです。

217話はタケミチの「これってもしかして…未来が見えているのか…?」というセリフで時話へ続くのでした。

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレ考察

東京卍リベンジャーズ217話考察・感想|新能力の予知~千咒の発言の意図は?~

216話のラストシーンから引き続いて、タケミチの未来予知能力がピックアップされた話でしたね。

瓦城千咒の約束を守ったという発言の意味は何なのか?
215話の最後で確認できますが、「約束を守ったぞ」としゃべっている二人は、大雨のなか涙を流しています。なんとなく、千咒が重症を負ってしまったように感じますね。

二人が交わした約束と言えば、「タケミチが瓦城千咒にチョコミントアイスをおごる」という内容ですが、この約束はタケミチから千咒への約束ですし、二人が涙を流すような物ですないため、「今後交わされる別の約束」についての情景と予想されますね。

今後、瓦城千咒がタケミチに約束をする場面を要チェックです。

東京卍リベンジャーズ217話考察・感想|新能力の予知~発動の条件は接触?~

もう一つ気になるのが、能力の発動条件等について。
今後、物語のカギとなる能力なので、どんな能力なのか分析してみましょう。

1回目の幻視
幻視のきっかけ
→千咒の食べ終わったアイスの棒に触れた瞬間。
幻視した内容
→千咒がタケミチにした「約束」について。

二回目の幻視
幻視のきっかけ
→ドラケンの家のエレベーターで4階ボタンに触れた瞬間。
幻視した内容
→ドラケンの家で働く風俗嬢がタケミチにトマトジュースをこぼしたこと。

どちらも、「物との接触」が発動の鍵となっているようです。2回とも、未来予知が発動すると、武一の右目にバチッという刺激を受けて、これから起こる風景が脳裏によぎるという流れですね。

アイスの棒はもちろん千咒が直前まで触れていましたし、エレベーターの4階ボタンも出勤ん時の風俗嬢が触れていそうですよね。

更に細かい条件もあるかもしれませんが、大枠は「相手が触れた物に触れる」というのが発動条件とみることができそうです。

幻視した内容については、物に触れた相手によってもたらされた「感情が大きく動いた出来事」とかが濃厚かなと予想します。しかし、発生例も2件と少なく、共通電もなさそうなので幻視の内容については今後も考察が必要かもしれません。

東京卍リベンジャーズ218話ネタバレ予想

物語全体の流れとしては、現代で救えなかったマイキーを救うために梵に入った後、千咒と買い物に行き、ドラケンと情報共有をしたところです。ここから考えると、そろそろ梵の集会や梵メンバーと集まるシーンが登場しそうですね。

もう一つの予想はタケミチの能力について深堀するパターンです。217話では最後にタケミチの予知能力が発動しました。タケミチは、既に未来から来ていることを東卍のメンバーに明かしているので、未来予知能力についても仲間に明かして対策を考える流れになってもおかしくありませんね。

東京卍リベンジャーズ217話ネタバレまとめ

217話では、タケミチの新能力がより分かりやすく発動しました。また、過去のドラケンと情報共有をしたことで、二人の目的がマイキーを救うという点に明確に重なりました。218話でどんな展開になるのか楽しみにしましょう。

以上、東京卍リベンジャーズ最新話ネタバレ217話速報!| タケミチが新たな能力に目覚める?
でした!

東京卍リベンジャーズのネタバレ・解説一覧

23巻
198話 199話 200話 201話 202話
203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話
212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話