東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ | 千咒とタケミチ夜のデート☆

週刊少年マガジン2021年39号(8月25日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第219話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で東京卍リベンジャーズ読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第218話 第219話 第220話

前回218話のおさらい

  • 用心棒で儲ける梵と不満げな千咒
  • 梵 強さの秘密は地下格闘技場
  • 7月14日に決戦!
  • 千咒突然のタケミチ邸訪問?

東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレはこちら

前回のネタバレはこちら

東京卍リベンジャーズ218話ネタバレ | 梵は地下格闘集団!?頂点に君臨する瓦城千咒週刊少年マガジン2021年38合併号(8月18日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第218話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹...

前回の218話では、梵の活動内容が明らかにされました。用心棒としての契約や、地下格闘場の映像を流してお金を得るシステム等、これまでのチームとは少し違う毛色のチームのようでした。しかし、梵のボスである千咒の様子は穏やかで、どこか最初の頃のマイキーを彷彿とさせる奔放さもあり、憎めないキャラクターです。

そんな魅力的な千咒が率いる梵は今後どのような動きをしていくのか?
気になる東京卍リベンジャーズ 219話のネタバレを紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ|ドキドキ夜の遊園地デート

218話の最後でデートに誘われたタケミチ。219話はもちろん、デートシーンから始まります。

デートの行き先は定番の遊園地。千咒は小学校年生の頃に来た以来で久しぶりの遊園地だとはしゃぎまわります。前回、タケミチが荷物持ちをした際に買った服ではなく、梵の特攻服を着ている千咒。服選びの基準は”動きやすさ”だそうです。

観覧車にメリーゴーランド等、序盤はゆったりした乗り物を楽しむ二人。乗り物はゆったりですが、千咒のテンションは常に最高潮です。はしゃぎまわる千咒は、見ているだけで元気をもらえますね。

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ|千咒の夢と早期決戦の意図!

続いて乗ったのがジェットコースター。頂点までカタカタと運ばれる最中、千咒から7/14に決戦の動きを聞かされます。

まず、関東卍會に仕掛けるのがタケミチとドラケン達。
六破羅単代に仕掛けるのが千咒と武臣。

2方面に仕掛けるため戦力が分散してしまいますが、タケミチがマイキーと会えないという事は回避できそうです。

千咒の目標は”一番になること”。「本当は、マイキーもサウスも自分が倒して一番になりたい」と千咒の口から語られます。まじめな空気が流れた瞬間、ジェットコースターは下り坂へ。余裕も持ちながら楽しそうな千咒と、余裕のないタケミチの姿が対照的です。

急降下の絶叫に紛れさせながら、千咒の口から梵の内情について語られます。
「梵が大きくなって武臣は変わった」「梵がでかくなって、武臣は梵を強くする事よりもでかくすることを大切と思い始めた」「でかくなりすぎると、たくさんの人を巻き込んでしまうから不幸になる人もでる」

要するに、不幸になる人を出したくないから組織の大きさには興味がない千咒と、大きくする事が大切と考えている武臣の意見が対立しているという事ですね。

そこで、これ以上大きくなる前に決着をつけようというのが千咒の7月14日三天戦争の意図だったとの事です。

周りを巻き込んで自分のやりたいを実現していく。こんなところでもマイキーの姿を彷彿とさせる魅力的なリーダーの一面を見ることができました。

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ|交わされる約束と重なる未来視の光景

ジェットコースターを降りた二人の前にあったのは七夕の短冊、梵の集会が7/7に行われ、当日の夜にデートに来たため、笹飾りが遊園地に設置されていたんですね。

タケミチは
【マイキー君をぶっとばす!!】
と短冊に書きました。

千咒が書いたのは
【花垣を守る!!!】

互いに願いを書き終わった所で、千咒からタケミチへ「こういうの初めて。友達と思ってもいいか?」という質問が投げかけられます。

「もちろん。それじゃあ俺も何かあったらお前を守らないとな」と返すタケミチ。青春真っ只中の一ページですね。

二人が握手をかわす瞬間に、前回の荷物持ちで見た光景が再びタケミチの脳裏を過ります。前回の光景より多くの情報を見ることが出来た今回、分かった事は千咒が倒れるのは遊園地であること。倒れた千咒がそのまま死んでしまう事でした。

二人が遊園地でデートをしている中、ドラケンのもとに急いでやってきた乾青宗(イヌピー)。タケミチの見た光景に繋がるように、「六破羅単代が動き出した、今すぐタケミチに連絡を取ってくれ」と伝えます。

なんと千咒が倒れる未来視は今日の事だった。急展開に物語が加速しながらも、219話が終わりを迎えます。

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレ考察

東京卍リベンジャーズ219話考察・感想|梵という組織について

千咒の荷物持ちをしていた際も語られた通り、梵という組織に置いて、千咒以外のメンばーは年齢層が高めです。

これまでの描写を振り返ってみても、地下闘技場で喝采を浴びていた以外で、1個人として千咒と会話をする人物は武臣以外に描かれていませんでしたよね。

例の一つとして、東京卍會ではマイキーの一強に見えたものの、No.2のドラケンとの間に信頼関係が有り、1番隊から6番隊まで個性豊かな隊長達が居る中でマイキーと個人的に仲が良いメンバーも数多く居ました。

梵に戻って考えてみると、No.2の武臣と千咒は兄弟。会話の内容を振り返っても信頼関係と言うよりは利害関係という言葉がしっくりきます。

もっと梵の人間模様が描かれればまた違った見え方をしてくるのかもしれませんが、千咒と武臣以外の梵のメンバーは千咒の強さへの信仰はあっても、個人的な親交はありません。千咒のセリフの通り、強いチームというよりは大きなチームって言葉がしっくりきますね。

東京卍リベンジャーズ219話考察・感想|急展開!迫る千咒の最期!?

219話の終盤から一気に加速したストーリー。三天戦争の時に千咒がピンチに陥ると思いきや、まさかの1週間前でしたね。

「約束をまもったぞ」の約束も【花垣を守る】短冊の願い事が該当しそうです。この後、千咒がタケミチを守って重症を負うという流れになるのでしょうか。

いぬぴーのセリフから推測すると、この後千咒とタケミチを襲うのは六破羅単代の可能性が高そうです。

本来、千咒と共に戦うはずの梵のメンバーについても、今回の千咒の語った内容から離反の可能性が考えられるようになりました。

梵は千咒についていくのではなく、武臣について千咒を裏切る流れですね。しかし、そうなってしまうとタケミチがマイキーをぶっとばすのは不可能になってしまうように思われます。

関東卍會、六破羅単代、梵の動きに注目ですね。

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ予想

220話ではタケミチと千咒に襲い掛かる敵の正体が判明しそうですね。これまでぼかされていた横たわる千咒の状態も、「死んでしまう」とタケミチが明言したことで確定情報になりました。

梵最強の一人、千咒が殺されるとすると相手は誰なのか?
きれいな死に顔のまま死んでゆく千咒の死因は喧嘩なのか?

三天編の展開が大きく動くのが次の話になりそうです。

一方で、マイキー君をぶっとばすというのが当初の予定だったはずですよね。千咒の登場シーンが長くなっており、当初の目的が薄れかけていますが、千咒を救う中でマイキー本人もしくはマイキーにつながる糸口がみつかる可能性も高そうですね。

東京卍リベンジャーズ219話ネタバレまとめ

今回は、夜のウキウキデートかと思いきや、梵内部の関係性に関する話題や、千咒の死が間近に迫ってくる急展開の話でした。

その分、マイキーを救うための大きな進展を迎えるきっかけになる話でもあるため、ストーリーが大きく進む予感を抱かせる内容でした。

千咒を助けることは出来るのか、武臣はどのような動きをするのか、続く話にこうご期待です。

東京卍リベンジャーズのネタバレ・解説一覧

23巻
198話 199話 200話 201話 202話
203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話
212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話