東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ | 武臣の過去と千咒の覚悟!!

週刊少年マガジン2021年50号(11月10日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第230話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で東京卍リベンジャーズ読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第229話 第230話 第231話

前回229話のおさらい

  • マイキーVS鶴蝶の闘いが始まる
  • サウスと千咒が対峙するも、武臣は千咒が勝てるわけがないと止めようとする
  • 千咒は自分の力が武臣を悪くしていることに気づき普段は手を抜いていた
  • オーラを纏った千咒の蹴りがサウスに叩き込まれ、サウスは倒れた

東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレはこちら

前回のネタバレはこちら

東京卍リベンジャーズ229話ネタバレ | 千咒の真の力が発揮される!サウスVS千咒、マイキーVS鶴蝶⁉︎週刊少年マガジン2021年49号(11月02日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第229話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介して...

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ|明石武臣

武臣の回想が始まります。
天下統一を果たした伝説の初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長だった武臣は、武臣の采配で戦況の全てが決まると恐れられ”軍神”と呼ばれていまいした。
そんな武臣は子供の頃から至って平凡であり、勉強もスポーツもそこそこで何か特別な取り柄があったわけではありませんでした。一方幼馴染の真一郎は不思議と人が集まる特別な男であったにもかかわらず、横暴な態度を取ったりすることもなくひたすらに優しい人物でした。
自分より強い相手としか喧嘩しない真一郎は全敗で”最弱王”などと呼ばれていましたが、喧嘩した相手みんなに好かれており、ベンケイとワカも真一郎に魅せられて一緒にいるようになったのです。
そんな中真一郎が自分たちで暴走族(チーム)を立ち上げると話し始め、真一郎の横にいただけの自分が副総長に指名され武臣は驚きます。
日本一のチームのナンバー2となった武臣を”軍神”と呼び皆がひれ伏し、武臣は増長していきました。
ある時真一郎は黒龍を解散すると武臣に話をします。
「もう黒龍より上がねぇならこの先”弱いものイジメ”になっちまうだろ」
理由を尋ねられた真一郎はそう答えましたが、武臣はそんな簡単に…と納得ができない様子です。
そして初代黒龍の解散後も武臣は威光を利用し続けました。
街に出ればVIP扱いをされ、お金に困ることもなく威光が消えるまで利用し続けたのですが、年月が過ぎ5年立つ頃にはメッキは剥がれ、莫大な借金だけが武臣の元に残りました。
借金取りに追われ、このままでは命も危ないとお金の工面に必死だったこの頃に真一郎が亡くなりましたが、武臣はそれどころではありませんでした。
それから更に5年後
「東京卍會の無敵のマイキーと戦(や)ってみたい!」
ワカとベンケイのジムのリングにもたれかかり武臣にそう話すのは千咒です。
だから自分もチームを作ろうと思うと言う千咒を、ジムでも勝てる人はいないし強さはだてじゃないぞとワカとベンケイが後押しします。
「信頼できるニンゲンにチームの舵取りを任せたい、頼まれてくれるか?兄貴!!」
千咒のその言葉に武臣の涙が溢れます。
お金も威光もなくなり落ちぶれた自分を迎え入れてくれたこの3人に、この先全てを尽くそうとその時武臣は決心したのでした。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ|”無比”の千咒

回想が終わり、千咒が手加減していたことに気づいた武臣は千咒の背の後ろで涙します。
「オレのせいだな…そんな事させるくらいオレは信頼を失ってたんだな」
「オレは…オレは…梵(ブラフマン)の方針を見誤った、オマエの信用を失い梵に誘い入れたドラケンまで失った」
そう言いながら俯き涙を流す武臣にそれは違うと千咒が言いました。
「全部…オマエのせいじゃない、ジブンの責任だ。オマエを止められなかったのもドラケンが死んだのも、梵の首領としてジブンが不甲斐なかっただけ」
「ジブンにできるのはコイツを倒すことだけ」
そう話す千咒の前に倒れていたサウスが立ち上がってきました
「久しぶりに本気になれそうだ、”無比”の千咒」

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ考察

東京卍リベンジャーズ230話感想・考察|武臣

黒幕の可能性があると思われていた武臣はただの情けない人物だったことに驚きです。
”軍神”と呼ばれていたのはただ副総長だからそう呼ばれていたのか、本当に戦略がすごかったのかは気になるところです。
お金の工面に必死だったとはいえずっと一緒にいた幼馴染の死どころではないと言っていたり、千咒の事を兵器と呼んでいた武臣は人に対して心がないというかどこか冷めているなと感じたので、千咒に向けて流していた涙が演技ではないことを願います。

東京卍リベンジャーズ230話感想・考察|黒幕

武臣が本当に黒幕ではなかった場合、六波羅単代の下っ端に銃を与えた人物が不明です。
兄妹ながらも今の所全然千咒や武臣にはノータッチの春千夜が何か関わっているか、ドラケンが亡くなったのにやけに落ち着いている様子のマイキーが自ら仕組んだものだと予想されます.

東京卍リベンジャーズ231話ネタバレ予想|無双VS無比

サウスと千咒の闘いが終局に突入します。本気を出せそうだと言っていたサウスの体にもオーラが立ち上っており、本気のサウスと千咒ではどちらが強いのか予想が付きません。
”無敵””無双””無比”が揃っているこの三天戦争の行く先が楽しみです。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレまとめ

武臣のなかなかに自分勝手かつ自業自得な過去がわかる回でした。
千咒に謝り涙を流す武臣は本当に反省しているものだと信じたいです。そして全ては自分のせいだと言った千咒は首領として覚醒してきているなと感じました。
サウスVS千咒の本気同士になった2人の闘いが楽しみです。

東京卍リベンジャーズのネタバレ・解説一覧

23巻
198話 199話 200話 201話 202話
203話 204話 205話 206話
24巻
207話 208話 209話 210話 211話
212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 225話
26巻
226話 227話 228話 229話 230話
231話 232話