東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ | 武道の決意と新たなチーム!?

週刊少年マガジン2022年7号(1月5日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第236話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で東京卍リベンジャーズ読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第235話第236話第237話

前回235話のおさらい

  • 溝中5人衆の4人や東京卍會のメンバー達が武道のお見舞いに来た
  • 皆を見送った武道は”自分1人で皆を守る”と決意する
  • ヒナにもそう伝え、帰るように言うが武道の頭を抱きしめたヒナの”まずは泣こう”という言葉で武道は号泣する

東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレはこちら

前回のネタバレはこちら

東京卍リベンジャーズ235話ネタバレ | 1人で背負い込もうとする武道の心をヒナが解く!!週刊少年マガジン2022年6号(12月22日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第235話! この記事ではネタバレと考察・感想を紹介してい...

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ

花垣武道

武道とヒナが病院の屋上に上がるとドーンという大きな音と共に花火が夜空に打ち上げられています。
並んで座り、武道の肩にもたれかかったヒナが初めてうちに来た時も花火を見た事を覚えてるかと聞きました。
「もちろん覚えてるよ、オレあの時ヒナと手ェ繋ぎたくて間違えてナオトと手ェ繋いじゃってさ」
武道の言葉にヒナが笑います。
少し黙った後、武道は自分はヒナの事を守りたくて頑張ってきたのだと話し始めました。
「オレがそうやってがむしゃらだったの見て、色んな人が応援してくれて味方になってくれた。守りたい人がどんどんどんどん増えていって、オレの手には負えなくなった。でもオレが守りたいモノは全部マイキー君が守ってくれた。だからマイキー君だけ不幸なんてオレ絶対嫌だ」
そう言いながら立ち上がった武道はヒナに武蔵祭の日、諦めていた自分に”君はドラケン君じゃない、マイキー君でもない、タケミチ君はタケミチ君だよ”と言ってくれたよねと聞き、ヒナは言ったっけ?と笑顔で答えます。
「みっともなくたっていい…オレは…花垣武道だ」
怪我していない左手を握りしめて武道は決意を新たにしました。
「皆を頼って巻き込んで、仲間と一緒にマイキー君を助けるんだ!!」
そしてヒナに今度はオレがオレのチーム、最高のチームを創ると花火を見ながら伝えたのでした。

相棒

1ヶ月後、右手も動くようになり完全復活した武道は
(チームを創るなら1人目のメンバーは絶対コイツ)
と考えながらペットショップの前に立っています。
「なんだよ大事な用事って、退院したから殴られに来たのか?」
武道の前にやってきたのは千冬でした。そうだ…と最後に会った時千冬を突き放したことを武道は思い出し謝ります。
「オレらしくなかったっていうか、オレ…馬鹿なりに悩んじゃってさ」
ですが千冬はそんなくだらない事を話に来たならもう行くぞと背を向けてしまいます。その背中に向かって武道はあのさと言葉を続けました。
「オレ!チーム創ろうと思ってんだ!関東卍會に負けねぇチーム。迷惑だろうけどさ、一緒に戦ってくんねぇか千冬」
千冬は振り返ること無く
「遅ぇよ」
と言ったかと思うと歩き出してしまい、武道はだよな…と俯きますがその時
「辞表出してくるから待ってろ!」
と背を向けたま千冬が言い武道は顔を上げます。店に迷惑はかけれないだろ?と言いながら千冬は振り返り
「待ってたぜ!相棒!!」
と笑い、武道は大声で泣きながら千冬に抱きつくのでした。

条件

私服へと着替えた千冬が勢いよく話し始めます。
「条件は1つ!”サウザンドウィンターズ”」
何それと聞く武道にチーム名だと千冬はかっこいいだろと言いながら答えます。
サウザンドウィンターズの意味を聞かれると、千の冬…自分の名前だと答え、武道がそれはちょっと…と焦るとマークも考えてあるのだと千冬は言います。
勘弁してくれよと焦る武道と、武道の我儘に乗ったのだからここは譲らないと言い張る千冬は2人で歩いて行くのでした。

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ考察

チーム名

武道のチーム名がタイトル回収となる”東京卍リベンジャーズ”になると予想されます。
武道1人のタイムリープなのにリベンジャーではなくリベンジャー”ズ”だったのは、チーム名になるからだったとすると納得がいきます。”仲間”を巻き込むことが得意である武道にはピッタリの名前です。

メンバー

次に向かうのは東京卍會の皆の元だと予想されます。
絶対力になるから何かあったら絶対相談しろよと言ってくれたぺーやん達、姿は無かったもののイヌピーや、やはり特攻服を任せたい三ツ谷などに声を掛けると思われます。

守ってもらった未来

千冬がペットショップを辞めた事からペットショップ経営の未来は無くなる可能性が高いと予想されます。そうなるとそれを手伝っていた一虎の未来も無くなる訳で、マイキーが守ってくれた皆の未来ではない方向に進み始めていると思われます。
マイキーを助ける為とはいえ皆の未来が少し不安になりました。

東京卍リベンジャーズ237話ネタバレ予想|勧誘

メンバー集めの回になると予想されます。
お見舞いに来てくれた面子は良いとして、三ツ谷やイヌピーの姿を現していない人達の反応が心配なところです。

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレまとめ

武道が”仲間を頼って巻き込んで戦う”という自分の強みを思い出してくれて良かったです。そして武道の事を待っていたのであろう千冬の行動も感動ものでした。ここからメンバーを集めていくと思うので、皆の近況も同時にわかるのだなと楽しみな反面、ドラケンの死によって変わってしまった人もいるのではないかなという部分が怖いです。

東京卍リベンジャーズのネタバレ・解説一覧