アンデッドアンラック

アンデッドアンラック最新話ネタバレ82話速報!| アンディとビリーの戦いが決着!と同時に萎れていく桜…風子とスプリングが対峙する!

週刊少年ジャンプ連載「アンデッドアンラック」のネタバレまとめページです。アンデッドアンラックの最新話やキャラクターも紹介しているので、アンデッドアンラックの続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

週刊少年ジャンプ連載「アンデッドアンラック」の概要

異能×異能の異色バディ!!

死を覚悟した不運【アンラック】な少女の前に、現れたのは死を求める不死【アンデッド】…!?
悪辣!暴虐!真っ裸!前代未聞のピカレスク・ヒーロー、ジャンプに登場!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『アンデッドアンラック』を読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第81話 第82話(最新話) 第83話

前回81話のおさらい

  • アンディは風子が頂上に登り切るまでビリーの足止めをしようとしている
  • ビリーの今の能力は6つで、浮遊能力だと思っていた者は”不変”だった
  • 身体の前面を不動と不変に止められたアンディは止められた部分から身体を剥がし能力から逃れた

週刊少年ジャンプ2021年45号(10月11日発売)の『アンデッドアンラック』第82話!

アンデッドアンラック82話ネタバレ

アンデッドアンラック82話ネタバレ|否定者の可能性

「変わろうぜビリー」
「…何をだ」
「決まってんだろ、てめぇのその腐った目で視た否定者の可能性だ‼︎」
そう言うと剥がした体から血が吹き出し、血の膜によって目くらましをしたアンディはビルの中に隠れました。ビリーは”不均衡”で外側から中心に向かってビルや建物を順番になぎ倒していきます。
(成程な…外側から崩し確実に追い込むか、ここが潰されるのも時間の問題だな”不変”を使えるとわかった以上…)
もう一手もミスれないと外を伺いながらアンディは呟きます。
「”不均衡”で機動性を奪い”不停止”で攻撃、デメリットは”不死”で消し”不動”で拘束”不変”で確実に捕える…よく考えてある完璧だよビリー」
「だからだ、だからこそ俺はお前を否定する。否定能力ってのは心の成長と共に強くなる、くそったれな誤ちと共に押しつけられその過去と現在に向き合って強くなるんだ」
(お前はそれをわかってねぇ、見せてやるよ否定者の可能性ってやつを‼︎)
そう言いながら身体に残っている皮膚を剥がしていたアンディがビリーめがけてビルから飛び降りました。”不変”の空気がある限り貴様の攻撃は届かない、それどころか”不動”に止められるだけだというビリーの言葉の通りアンディの攻撃は通らずとまってしまい、勝負あったかと思われましたが、ビリーの目の前にいたのは血でできた抜け殻でした。
驚いているビリーの背後からやはり攻撃は通りませんでしたがアンディが斬りかかり、死影(デットシャドー)の説明を始めます。
「全身の皮膚を剥がし血の膜を作る‼︎奴の不動対象になった瞬間その膜を脱ぎ捨てて裏へ回る‼︎等身大のかさぶただ」
その説明を聞いたビリーは”不変”のバリアの前では無駄だと言いますが、背後からそれはただの目くらましだという声が聞こえます。
本命はこっちだという言葉と共にアンディの腕から大量の血が発射され”死道(デッドロード)”がビリーを襲い川へと押し込みました。川に押し込まれたことによりバリアの空気穴から水が中に流れ込み、このままバリアを張り続ければ窒息してしまうと考えたビリーは”不変”を解除して泳いで水面に上がりました。

アンデッドアンラック82話ネタバレ|強者

ビリーが水面に上がると同時にビリーの銃とアンディの指がお互いの顔に突きつけられます。ビリーの額に指を突きつけたままアンディが話し始めます。
「”不変”を解かず窒息しながら水中で闘うべきだった”不死(オレ)”ならそうする、お前はオレより再生が遅い。脳へのダメージは致命的な隙をさらすぜ」
ならばなぜ撃たないのかと問われたアンディはこれでわかったろと応えました。
「否定能力は能力者こそ最大限の力を引き出せる、向き合った時間や想いが解釈を広げ力になるんだよ」
それに対してビリーは自分も否定者だし異論はないと言いますがだがなと言葉が続けられます。
「全ての否定者が貴様のように強いわけではない、ある者はくじけある者は自ら命を絶つ。能力の優秀さに比例して能力者への苦痛は増してゆく」
「あがく必要などない…弱い否定者はただ生きて俺に使われていればいい。神に挑むのは強者だけでいいんだよ」
ビリーのその言葉に決戦の前にジュイスに言った自分の”恐らく死人が出る、UMAと違い向こうもこちらを攻略してくる。その対応は子供達には望めない”という言葉を思い出して同感だと返します。
「だがな、強いぜ俺達は。ウソだと思うならその眼で視るといい」
額から指を外したアンディのその言葉で2人が塔の頂上を見ると桜が頂上へ集まっていっています。スポイルやオータムと同じならこれはスプリングの本気の予兆と思われ、風子が頂上に着いたことをアンディは察します。そして”ならもう俺は用済みだ”という言葉と共に自分の首を切り落としました。
「さぁ一緒に花見と行こうぜ‼︎さっさと”不変”で包めよ‼︎」
切り落とした首のアンディが言いますがビリーは何のマネだと戸惑います。
「何ってこうでもしねーと証明できねーだろ、俺じゃお前を変えられねぇ。なら一緒に風子を視てくれよ」
「アイツならきっとお前を変えられる」
その時風子は頂上でスプリングの目の前に立っていたのでした。

83話へと続く

アンデッドアンラック82話ネタバレ考察

アンデッドアンラック82話の考察・感想|ビリーの本心

”神に挑むのは強者だけでいい”という言葉からビリーはタチアナを含め組織(ユニオン)のメンツにはこの闘いは重いと判断してこんな行動に出たのかもしれないなと思いました。なにか理由があるとは思っていましたがやはり裏切るべくして裏切ったと言うよりは組織の皆の事を考えた上でだったのだろうと予想されます。
風子とスプリングの闘いを見たビリーからジュイス達へ本心が語られる回があればいいなと思います。

アンデッドアンラック83話予想|風子VSスプリング

アンディとビリーの決着がついたことにより残るはスプリング戦だけとなりました。スプリングと風子は2人とも”運”にまつわる能力ですが、核の時のように丁半で決着ということはないと思われますし”運”が関係しつつどのような闘いになるのか楽しみです。風子についていったクローゼスも何かしら活躍すると予想されます。

アンデッドアンラック82話ネタバレまとめ

アンディVSビリー戦が決着しました。ようやくビリーの本心のようなものが少しこぼれ出ましたが、まだ頑なな考えが風子の戦いによってどう変わっていくのかが楽しみです。
アンディも能力をしっかり使いこなしていてやはりこの戦いに備えて皆成長しているんだなと思いました。これから1人で戦う風子の成長ぶりからも目が離せません。

アンデッドアンラック キャラ解説

アンデッドアンラックのネタバレ・解説一覧

7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 80話
10巻
81話 82話