アンデッドアンラック

アンデッドアンラックネタバレ83話 | スプリングがフェーズ3に⁉︎十万人の命を背負って風子が立ちはだかる‼︎

週刊少年ジャンプ2021年46号(10月18日発売)の『アンデッドアンラック』第83話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『アンデッドアンラック』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第82話 第83話 第84話

前回82話のおさらい

  • アンディは自分の皮膚や血液を駆使してビリーを追い詰めていく
  • 全員がアンディの様に強いわけではない、神に挑むのは強者だけで良いとビリーは言う
  • アンディは自分ではお前を変えられないから風子の戦いを一緒に見てくれとビリーに伝え、自分の首を落とし”不変”で包ませた

アンデッドアンラックの最新話ネタバレはこちら

アンデッドアンラック83話ネタバレ

アンデッドアンラック83話のネタバレ|組織本部

組織(ユニオン)本部ではモニターにスプリングの桜が映っており、衛星からの攻撃などが全て無効化されている状況です。
「出雲風子頂上のスプリングへ接触!!」
モニターを見ていた人からその声が上がりミコは風子が単身でスプリングに接触している事に驚きます。他の皆はアンダーと交戦中、桜をどうにかしないと自分達ではサポートできない、桜はなるべく傷つけるなと命令が出ていて何も出来ないことを悟ったミコは
「結局命をかけんのはいつだって否定者だ…」
と辛そうな顔をします。

アンデッドアンラック83話のネタバレ|スプリング

「単騎とな それは勇気か愚かさか 器(ヒト)が理(われ)らをなめるなよ」
スプリングにそう言われた風子はお話をしに来たのだと言いました。
その様子をモニターで見ているミコとボウはUMAと話をしようとする風子に驚きます。不運の威力を上げるための好感度上げだと思われるもスプリングはフェーズ2の状態なので危険すぎると心配しながら成り行きを見守ります。
「私ずっと見てたんです、あなたのことを知ろうと思って」
「そしたらあなたはずーっとタワーの上にいて桜に変わってく人を見ながらずっとお酒を呑んでた。最初はそれを面白がってるのかと思ってた、でも夜になった時…なんだか…とても寂しそうだった」
「自分から人へ攻撃もしないしなんか話したい事があるんじゃないかってそう思ったの。クエスト対象のUMAである以上私達はあなたを倒さなきゃいけない、でもその前にお話ししたいなって」
風子がそう言うとスプリングは人がUMAと話したいだとと大笑いします。
傘や下駄などのスプリングが身につけているものは人が作ったものだからと言うとスプリングは何人もの名前の書かれた巻物を広げて風子に見せ、語り始めました。
「ワシに負け命取られた者達だ。江戸時代桜は不吉と嫌われた、散る花びらが死を意味すると縁起悪しと嫌われた。某が桜の鬼とばれたならワシを殺らんと斬りにきたのだ‼︎」
「それ故に桜に変えてやったのよ。策もなく近づくものは桜へと春桜を凶と言う者は…縁起勝負でのしてきた、だから主にも運で勝つ」
スプリングはダイスを風子の前に掲げます。
風子はスプリングが人を憎む理由も運の勝負にこだわる理由もわかったがこれだけは言わせて欲しいと言い、自分は桜が好きだと伝えます。
昔は戦などによって皆死に敏感だった為桜の儚さと結びつけてしまたのだろう、でも今の皆のイメージは出会いや門出などを感じさせてくれるのが桜と春だと思うと言う風子は歌やましかったと話を続けます。
「私は触れたものの運を否定する”不運”、中学までは頑張って行ってたけど…途中でやめちゃって高校も行かなかった。春になって引きこもってる部屋から外を見る時綺麗な桜と楽しそうに青春を送る人の姿がある。きっとあなたが知らない春を大好きな誰かがイメージを変えてくれたんだよ」
「桜は…春は‼︎出会いの季節だって‼︎だから…」
風子が話している最中スプリングに頭痛が走り、頭を抱えて苦しみ出します。そしてニゲロとうわ言の様に繰り返していたかと思うと、顔に歌舞伎の模様が入り見た目も変わったスプリングが見得のポーズを取り風子に向かって
「いや 賭けろ…‼︎ ここは桜の大賭場よ 天下分け目の三本勝負‼︎賭ける命は十万人‼︎」
と宣言しました。

アンデッドアンラック83話のネタバレ|フェーズ3

UMAはフェーズ2で完全体なのにも関わらずフェーズ3へと変化したスプリングにミコ達もどよめきます。
賭ける命は自分の命だけではダメなのかと風子が尋ねますが、まかりならんと一蹴されてしまいます。
「主勝てば 桜の命とワシの核(コア)負けたなら賭けた命は桜也」
「さぁ集え‼︎こやつの銭になる者よ‼︎念ぜはその身が銭となる‼︎」
スプリングのその言葉にミコはボウに十万は組織で足りるかと尋ね、ボウは全支部集めればお釣りがくると返し2人は笑いあっています。
先程のスプリングの逃げろと言う言葉で誰かを想える心があると確信した風子は自分の”不運”でスプリングに勝てると宣言し、組織の皆に呼びかけます。
「スプリングをもっと知るために、スプリングをもっと好きになるために‼︎私に‼︎命を貸して‼︎」
塔の頂上に全世界から組織の皆の命が集まり、小判に変化します。
「意気や良し いざ参ろうか1本目‼︎」
スプリングと風子の勝負が始まりました。

アンデッドアンラック83話ネタバレ考察

アンデッドアンラック83話の考察・感想|スプリングの過去

江戸時代のスプリングは小さく、人々に追われ傷つけられる鬼だったのに人間を憎しみながらこんなに強くなるほどずっと生きてきたのかと思うと同情してしまいそうになります。風子の言っていた通り人間の作っている傘や下駄を身につけているスプリングは心のどこかでは人間の事をまだ好いているのだろうと思います。
未知のフェーズ3へと変化したスプリングの力はどれほど強化されているのか気になるところです。

アンデッドアンラック83話の考察・感想|ユニオン

ミコの「結局命をかけんのはいつだって否定者だ…」と言う言葉から始まった今話の最後に否定者ではない組織の皆が命を賭けれる展開になったのはとても良いなと思いました。
形はそれぞれですが組織の皆が一丸となって最終戦に挑む展開に胸が熱くなりました。

アンデッドアンラック84話予想|3本勝負

スプリングとの対決は運VS不運の勝負なのでどちらに転んでもおかしくありません。一勝一敗で3本目の勝負に突入することになると予想されます。
風子の不運がどれほど蓄積できるかにかかっていると思われます。

アンデッドアンラック83話ネタバレまとめ

人間に虐げられ人間を憎んで生きてきたスプリングの心に風子の言葉は届くのでしょうか。いよいよ最終戦が始まり楽しみで仕方ないです。
フェーズ3に変化したスプリングがどうなるのかなど不安要素も多いですが、十万人の命を背負った風子も更に成長できるのだろうなと思いました。運VS不運のこれからの戦いから目が離せません。

アンデッドアンラック キャラ解説

アンデッドアンラックのネタバレ・解説一覧

7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 80話
10巻
81話 82話 83話 84話 85話
86話 87話 88話 89話