アンデッドアンラック

アンデッドアンラックネタバレ84話 | 命がけでスプリングのことを知った風子が選んだのは独楽⁉︎2人の3本勝負が始まる!

週刊少年ジャンプ2021年47号(10月25日発売)の『アンデッドアンラック』第84話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『アンデッドアンラック』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第83話 第84話 第85話

前回83話のおさらい

  • スプリングの元にたどり着いた風子は何か話したいことがあるのではないかと問う
  • 江戸時代に桜は忌み嫌われており、桜の鬼のスプリングは迫害されていた
  • スプリングの話を聞いた風子は自分は桜が好きだと語り、それを聞いていたスプリングに頭痛が走る
  • 逃げろとうわごとのように繰り返していたスプリングはフェーズ3へと変化した
  • 10万人の命を賭けた3本勝負が始まり、世界中の組織の人々の命が小判へと変化した

アンデッドアンラックの最新話ネタバレはこちら

アンデッドアンラック84話ネタバレ

アンデッドアンラック84話ネタバレ|UMAと人

「天下分け目の3本勝負‼︎勝てば命の総取りよぉ‼︎」
そう言ってポーズを構えたスプリングをまっすぐ見上げながら
「よーするに3本勝負に勝てば桜や小判になった人は元に戻って、あなたの核(コア)ももらえるんだね」
と風子は確認をとりました。
その通りと風子の質問を肯定したスプリングは背負っていたつづらを下ろし蓋を開けました。
「勝負はこれで決める、日の本でたんまり集めた古代遺物(からくり)よ、これから選び勝負する‼︎たぎるのぉ…」
つづらの中にはでんでん太鼓や福笑い、だるま落としなど様々な物がたくさん入っています。そしてスプリングのその言葉と同時に空の雲行きが怪しくなっていき、雷を纏った黒く厚い雲が空を覆いました。
「人との勝負は何百年(いつ)ぶりか…何故こんな昂るものをやめていた?気づきをくれた神に感謝よ」
スプリングがそう言うと空から落雷が風子の近くに落ちてきました。落雷は桜の木に変えられた”人”に直撃し、木を燃やします。
それを見た風子は桜は元に戻す人々なので雷雲は引っ込めるようにスプリングに訴えかけますが知らんと一蹴されてしまいます。
「その春雷も春風も全てキサマの不運也(なり)」
突風が風子に襲い掛かり、飛ばされた風子は木に激突します。
(何なのこの風…‼︎あきらかに私に向かって吹き出した…‼︎)
どうして急にスプリングは攻撃的になったのだと呟く風子に答えたのは首に巻いていたクローゼスでした。神の洗脳だと言ったクローゼスに風子はよくわからず聞き返します。
「課題(クエスト)UMAであったにも関わらず人に興味を持ち力を抑えていた、だから神に強制的に力を引き出され我を忘れてる。俺達ぁ人を苦しめる為に神に作られたんだぜ?人に興味を持つ方が悪ぃんだよ」
そう説明するクローゼスも自分達に味方しているのではと風子が疑問を投げかけますが、自分の場合はルールを逆手にとられて利用されているだけなのでスプリングとは違うのだと答えが返ってきます。
「UMAと人は相容れないんだよ」
そう言ったクローゼスに風子は違うと力強く否定します。
「私も同じだった、あなたの桜が不吉だと嫌われたように私も疫病神って嫌われてて…誰とも遊べなかった」
1人で教室にいた風子に先生が優しく声をかけて遊びに誘ってくれた時のことを思い出しています。
「人の好意を受け取るのだって怖かった‼︎残った唯一のおじいちゃんも死んじゃって…好きな漫画も終わって…死のうと思った‼︎でも‼︎」
向かい風に逆らいながら風子はスプリングの元へ一歩一歩進んで行きます。
「カカ‼︎ワシに触れ不運で殺るか?小童が‼︎ 無駄な事、この空間は部外者の妨害行為を否定する」
空からアンディの首を抱えたビリーがスプリングに向かって銃を発射しますが、言葉通りスプリングに届く手前で弾丸が止まってしまいました。

アンデッドアンラック84話ネタバレ|スプリングのこと

その間も風子はスプリングに向かって一歩一歩進んでおり、無駄なのがわからないのかと言われながらもつづらまで辿り着く事ができました。
「〜ッ 私は出会えた‼︎人の気も知らないでずかずか私の心に入ってきて私を知ろうとしてくれたアンディに!」
(アンディが…命がけで私を知ってくれたように私もスプリングを知るんだ‼︎)
そう言って風子はつづらの中に飛び降りると古代遺物(アーティファクト)に触れます。
その様子を見ていたビリーはなんのマネだと尋ね、アンディはあの中には大量の古代遺物があると答えます。
「キサマも知っているハズだ、古代遺物に触れると大量の記憶が流れ込む‼︎脳が焼き切れ死ぬぞ‼︎」
ビリーの叫び声など知らず風子は次々に古代遺物を手に取っていきます。
(違う、これも…どこかにあるハズ…人を想うきっかけをくれた…誰かとの大事な記憶…)
そしてある古代遺物を手に持った風子の脳内には「独楽を持って人を追いかけるスプリング」「桜鬼が出たと恐怖する人々」「人里離れた洞窟の入り口で1人独楽を回すスプリング」「スプリングの前に独楽を持って現れた鎧の男」「夜になるまで鎧の男と独楽をして遊ぶスプリング」の記憶が流れ込んできました。
「自殺行為だ、どういうつもりか知らんが訓練もなしにアーティファクトの情報量に耐えようなど」
そう話しながら地上に降りたビリーにアンディは信じろと伝えます。
「あえが風子の闘い方なんだ、相手を知り好きになって相手を死に至らせる。この世で1番優しい者に宿った1番残酷な能力、それに向き合い生きてるアイツがここで死ぬわきゃねーんだよ」
アンディのその言葉通りつづらから出てきた風子はスプリングに向かって
「これ!この独楽で遊ぼうよ‼︎そしたらあなたをもっと好きになれる」
と独楽を差し出したのでした。

アンデッドアンラック84話ネタバレ考察

アンデッドアンラック84話ネタバレ考察|神

人々を急に”否定者”にするだけではなくUMAは人間を苦しめるものとしか神が思っておらず、本当に人間を苦しめて楽しんでいるんだなとぞっとしたと同時に怒りが湧いたのでアンディに思い切り殴られてほしいなと思いました。

アンデッドアンラック84話ネタバレ考察|一心

桜鬼だと忌み嫌われていたスプリングを見るたびに悲しくなります。今回の過去の描写も独楽を持って人々を追いかけているスプリングはただ一緒に遊びたかっただけなのだろうなと思うと心苦しいです。
そしてスプリングに声をかけてきた人間がいて良かったなと思ったのですが、鎧の男が一心と瓜二つなのが気になりました。前回の巻物に一心の名があったことから死亡しているものと思われますが、組織にいる一心は一体何なのかという謎が生まれました。
他対象だと思われていた”不壊”は自己対象の能力でもあり一心は1度死んでいる人間であると予想されます。頑なに鎧を脱がないのも中身を見たら死人だと分かってしまう為だと思われます。

アンデッドアンラック85話予想|独楽勝負

内容が独楽に決まった為、勝負が始まると思われます。
純粋な遊び方としては長く回し続けていられた方が勝利ですが、風子に不利な風が吹かせられたりとその遊び方だと少しフェアではないような気がするので一体どんな勝負になるのか楽しみです。

アンデッドアンラック84話ネタバレまとめ

スプリングの過去に一心が出てきたり、風子が古代遺物の記憶に耐えたりと驚く事が多い回でした。風子は神によって強制的に力を引き出されているスプリングを正気に戻す事ができるのか独楽勝負に期待です。

アンデッドアンラック キャラ解説

アンデッドアンラックのネタバレ・解説一覧

7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 80話
10巻
81話 82話 83話 84話 85話
86話 87話 88話 89話