ワールドトリガー

ワールドトリガー最新話212/213話ネタバレ! | 2日目に向けて…

毎月4日発売、集英社の月刊漫画雑誌ジャンプSQ.連載『ワールドトリガー』のネタバレまとめページです。『ワールドトリガー』の最新話やキャラクターも紹介しているので、『ワールドトリガー』の続きや結末を知りたい時はこの記事を参考にしてください。

ジャンプSQ連載『ワールドトリガー』の概要

その手に握るのは世界の引き金──

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション!!

この記事は、ネタバレが含まれています。アニメや単行本で、『ワールドトリガー』を読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第211話 第212/213話(最新話) 第214話

ジャンプSQ.10月号(9月4日発売)の『ワールドトリガー』第212/213話!

前回ジャンプSQ.9月号第211話のおさらい

  • 初日の成績は修・悠真・ヒュースのそれぞれが所属する隊が下位になる
  • 若村11番隊では共通課題の回答方法をヒュースが提案するものの若村は回答を保留
  • 1日目の成績表を見て気になった古寺は諏訪に電話をかけた

前回のネタバレはこちら

ワールドトリガー212/213話ネタバレ

ワールドトリガー212/213話ネタバレ|A級評価が気になる古寺

元の部隊のチームメイト以外であれば連絡が自由にできるので古寺は諏訪に電話をしました。
古寺が聞きたかったのは諏訪のA級評価の点数ですが、諏訪は回答を拒否。
なぜなら、諏訪のチームが最下位なので取引をしたいと思ったからでした。
図星だったからなのからなのか古寺は電話を切ろうとしますが、諏訪は点数を教えました。
続いて来馬5番隊にもA級評価の点数を聞きました。
古寺がA級評価の点数が気にな理由がありました。
それは、特別課題で意見を言い合う時間を短くしたから評価できなかった結果、自分以外の点数が一桁だったからでした。
そして、A級評価の得点が別でカウントして順位づけされているとしたら後々に影響することを心配していました。
その様子をモニター室で見ていた隊員が点数をつけました。
その後も古寺隊ではA級評価の話をした結果、明日いこ積極的に考えたことを言うことにしました。

ワールドトリガー212/213話ネタバレ|

ワールドトリガー ジャンプSQ10月号(212話・213話)若村11番隊の部屋割り問題

若村11番隊では部屋割りを始めました。
そこで、自分はカナダ人と嘘をついているヒュースは個室ではないと眠れないので1人部屋を希望します。
しかし、本当は近界民でツノがあるのでそれがバレないようにするためでした。
その結果、カプセルベッドを使用することになりました。

ワールドトリガー212/213話ネタバレ|就寝前の修と諏訪

諏訪と相部屋の修は今日の反省をしていました。
そんな彼と諏訪は明日から始まる戦闘シュミ演習についての話をします。
その訓練は部隊との1対1の総当たり戦です。

しかし、諏訪はその演習で使う駒について心配をしていました。
ちなみに、ルールでは駒の性能は隊員の戦力評価に準ずるものとありました。
なので、修のトリオン量の少なさが部隊の負担になると自身は思っていました。

しかし、諏訪が心配していたの別のことでした。
それは、ランク戦で使っていた数多くの戦術がコンピュータでは再現できない可能性があることです。

しかし、駒のデータが手な入らないとわかりません。
それでも、修が足を引っ張ったとしても諏訪にとっては計算の内なのでヘコまなくていいと諭します。

さらに、A級への印象をよくするためにアドバイスをしました。
それは、もっと意見を言ったほうがいいと言うことです。
アドバイスをもらった修は香取が気分を悪くしてしまうと思ったからです。

それに対して、諏訪は香取の機嫌がこの部隊が伸びるキーマンだと思っていたので問題ないと思っていました。
そして、修のトリオン切れ後の対応を評価して2人は就寝しました。

ワールドトリガー212/213話ネタバレ|2日目の朝

2日目になり修たちは起床。
食事を済ませてから香取は修のトリオンが回復が気になったのでそのことを聞きました。
そこで、パソコンの電源がつくか確認した結果動いたので9時から昨日といた課題を入力することにしました。
若村11番隊では課題の答え方について議論していました。
若村は考えた結果、カンニングが実はアウトだったこと懸念して普通通り回答することにしました。
諏訪7番隊では課題のファイルを香取が開いて回答を始めようとします。
しかし、その前にシワじゃ戦闘シュミ演習のデータのチェックをすることにしました。

ジャンプSQ.10月号(10月4日発売)の『ワールドトリガー』第214話!に続く

ワールドトリガー212/213話ネタバレ考察

ワールドトリガー212/213話ネタバレ考察・感想|A級評価を高めるには?

古寺が電話をしたのはやはりA級評価の点数の件でした。
どうやら隊長の点数が高いようです。
周りにも評価を高くするチャンスはコミュニケーションをいかに取るかなのかもしれないですね。

ワールドトリガー212/213話ネタバレ考察・感想|不利な戦闘シュミ演習の構成

戦闘シュミ演習ということで最後に諏訪隊のユニットが表示されました。
どうやら、各隊員2体×4人ヘルプユニット1名の計9名での試合を行うようです。
トリオン量が少ない修が2体いるというのは圧倒的不利に感じます。
ちなみに、トリガー構成はランク戦と同じということは修の構成にはワイヤーがあるということになりますが、使えるのかどうか気になりますね。

ワールドトリガー214話予想

戦闘シュミ演習のユニット構成を知ったことでまずはどういう戦術を取るか話をすることになると思います。
そして、1戦目が始まると思います。
部隊ごとの1対1なのでどういう対戦の組み合わせになるか気になりますね。

ワールドトリガー212/213話のネタバレと考察まとめ

古寺が諏訪に電話したのはA級評価の点数の件でした。
他にも来馬対にも聞いた結果A級評価の点数が今後に影響するかもしれないと思うようになります。
就寝前に諏訪は修にアドバイスをして就寝。
翌日、諏訪隊は課題を始める前に戦闘シュミ演習のデータチェックを始めました。
構成に対して隊員たちはどう思うのか楽しみです。

ワールドトリガーのネタバレ・解説一覧

24巻
206話 207話 208話 209話 210話
211話 212話 213話 214話