夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦 ネタバレ109話 | 嫌五の秘めた想いと美の秘訣!!

週刊少年ジャンプ2021年53号(12月06日発売)の『夜桜さんちの大作戦』第109話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第108話第109話第110話

前回108話のおさらい

  • 二ノ前日記を探す夜桜家一同だったが、あまりの屋敷の物の多さから大掃除をすることに
  • 兄妹達の私物を片付けるように六美が指示を出していく
  • 大分片付いてきた頃、アイがどこからか持ってきた太陽のうちわは六美の作ったものだった
  • 六美作の太陽グッズが発見されたが、六美と太陽の仲は深まっただけだった
  • 忘れられていた二ノ前日記はアイが発見した

夜桜さんちの大作戦109話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦109話|ニキビ

おはようと太陽が部屋のドアを開けると床に倒れて白くなっている嫌五が目に入ります。
机についていた六美と二刃は、ずっとその調子で話しかけても返事も返ってこず、気まぐれな子だからすぐにケロッと元気になるだろうと説明します。
いつも飄々としている嫌五の珍しい姿に驚いた太陽が嫌五の傍に寄ると、頬にニキビがあるのを見つけそれを呟いた瞬間
「ゔお゛お゛お゛お゛お゛あ゛あ゛あ゛!!言うなそれ以上っ…オレの顔にニッ…ニキッ…」
と嫌五が叫びながら起き上がり太陽に掴みかかります。それを見た二刃はなるほどニキビかと合点がいった様子で、太陽が落ち込んでいたのはニキビのせいなのかと尋ねるも”そんな事で”という顔をやめろと再び叫ばれます。
「週間スパイ企画”あざとかっこかわいいS(スパイ)ランキング”&”瞳にドキッとするSランキング”3年連続1位!!まさにオレ夜桜嫌五は夜桜家の顔だ!!肌質髪質はもちろん、毛先指先までケアは怠らず老若男女を問わず虜にしてきたスパイ界の美たる俺の顔に!ニキビだなんてっ…!!」
そう捲し立てた嫌五はいっそこれ以上美を損なう前に綺麗なまま散りたいとまで言い出し、太陽はそんなに思いつめなくても…と慰めます。自分磨きを叱っ利する嫌五がニキビなんて確かに珍しいなと心当たりを聞きますが嫌五は黙り込みます。
「…確かに思いつめてもしゃーねえ!美容生活を1から見直す!!嫌五肌ケア大作戦だ!!いくぞ太陽!!」
急に動いた嫌五に掴まれた太陽はなぜ自分までと驚きますが、男の美容はトレンドだから乗り遅れるなという言葉と共に引きずられていきました。

夜桜さんちの大作戦109話|肌ケア大作戦

「まずはスキンケアの基本からだ!!低刺激石鹸、泡で洗顔、保湿クリーム、ローション、アミノ酸ヒアルロン酸で優しく肌を完全防御!!」
「さらに運動で燃焼、発汗で代謝、老廃物をデトックスし!!アロマとパックで良質な睡眠を確保!!内から美が整うって寸法だ!!」
嫌五に付き合いつつも半信半疑な太陽でしたが、次の日鏡を見てみると肌がツヤツヤになっていました。けれど隣では嫌五のニキビがそのままだった為発狂しています。
「…というワケで医療機器改造してみたよ。ビタミン、コラーゲン、セラミドで外皮をケアできる。湯加減いかが?」
カプセルに入った2人に尋ねるのは七悪です。部屋には七悪の他に辛三と四怨もおり、こっちは”二ノ前日記”で忙しいのにとため息をつかれています。
四怨が二ノ前御前のゆかりの地に絞ってソメイニンの検出精度を上げたいと言い、七悪が横で光度と赤外線のセンサーの検出感覚を縮めれば…とアドバイスしている後ろでは酸素が足りておらずカプセルの中で溺れる2人と焦る辛三がいました。
3日後、太陽の肌はとてもツヤツヤになったにも関わらず、嫌五のニキビはまだ治っていないようです。心配する太陽に大丈夫だと言った嫌五のスマホには”肌トラブルを瞬時に解決する魔法の薬”のネット広告が表示されており、スパイ一家3男が詐欺広告に踊らされていると太陽は引いています。
アイもイライラするとしっぽがゴワゴワすると言い、それを聞いて太陽は確かに心は大事と言うしやはり何か心配事かストレスがあるのかと尋ねますが、甘いぜと返答が返ってきました。ですが
「俺は楽しい事しかしない男、我が辞書に”悩み”や”ストレス”は存在しない…!」
と真っ白になった見るからにストレスまみれの嫌五が親指を立てます。そしてとにかく任務のない今のうちに肌ケアと休息のルーティーンだと走り去ってしまいました。

夜桜さんちの大作戦109話|ニキビの原因

夜、爪の手入れをしながらいつもならリラックスしてウトウトするのに全然寝れないと嫌五は1人ため息をついています。鏡を覗き込み、ニキビもまだ治らないし本当にどうしちゃったのだろうかと呟いていると、ハーブティーを持ってきたと言いながら二刃が急に鏡の中に現れ嫌五は山姥と悲鳴を上げました。
頭にたんこぶを作った嫌五はハーブティーのお礼に爪をキレイにしようかと二刃に問いかけます。そして爪の手入れを始めて暫くすると二刃はごめんねと謝りました。
「そのニキビあたしが負けたせいだね」
何だそりゃと誤魔化そうとする嫌五の言葉を遮り、二刃は話し続けます。
「あんたは家族に何かあると肌荒れする、父さん達が消えたあの日もそうだった。突然のことで皆が沈む中、あんただけはいつも通りふざけたりいたずらばかりしていた」
いつも家族で1番おちゃらけているのが嫌五だったから、皆を励ますために道化を演じていたのだろうと昔のことを思い出しながら二刃は話していました。
それを聞いてそんな大した話では無いと笑い飛ばし、1番大変なのは前線に出る二刃達であり自分は後方でのらりくらり気楽にやっているだけだと嫌五は言いますが、
「あんたは戦闘特化じゃないことへの劣等感もあるんだよね、だから自分の体のケアに全力を尽くすんだ。見てくれの為じゃない、変装の土台の為自分の特技で皆を支える為。あんな無様にやられたあたしを想って自分を追い詰めちゃったんだろ、心配かけてごめんね」
でももう大丈夫だと二刃は言います。
「あたしはもう二度と負けないし家族が壊れるようなことももう二度と起こらない、だから自分を追い詰めないで。心と体に優しくしてあげて。…そしてたまにでいいから姉ちゃんに素顔を見せて頂戴な、いくら化けるのが得意なあんたでも家族(あたしたち)は化かせないんだから」
二刃が嫌五の前髪を掬うとその目からは涙が溢れており、嫌五は二刃にお礼を言うのでした。
「フフ…フフフ…夜桜家の美の化身夜桜嫌五ここに完全復活…!」
次の朝、ニキビが完全に治った嫌五はいつも通りのハイテンションに戻っていました。
何が効いたのかなと聞く六美に二刃は
「フフ…さあね、あの気まぐれっ子の気持ちはわかんないよ…」
と幸せそうな顔をしていたのですが、その途中で嫌五が肌自慢に加えて、歳を重ねた二刃には眩しすぎるかなと煽りながら顔を擦り付けるものですから二刃はキレて合気で吹き飛ばしてしまったのでした。

110話へ続く

夜桜さんちの大作戦109話ネタバレ考察

夜桜さんちの大作戦109話の考察・感想|メイン回

兄妹達それぞれのメイン回が本編の合間合間で挟まれています。今回は嫌五の回であり、素顔も登場するとても良い回でした。
四怨の回に続き、二刃が兄妹達の事をとても大事に思っていて日頃からよく見ているという事が伝わってきます。
残る七悪のメイン回も楽しみです。

夜桜さんちの大作戦110話予想|夜桜製糸場

次回は百を見つけるべく夜桜製糸場へ潜入する回になります。
ニノ前御前に引き続き兄妹にそっくりな歴代当主が登場する場合、糸が関係しているのは凶一郎です。
ですが”二”刃と”二”代目の様に名前の凶”一”郎と初代がリンクしていた場合は他の兄妹に糸が関係あるか、百しか登場しない事になると予想されます。

夜桜さんちの大作戦109話ネタバレまとめ

嫌五がメインの回でした。いつも飄々としていておちゃらけている嫌五の本心や葛藤が知れて良かったです。そして二刃の長女としての安心感は絶大だなと感じました。
次回は再び本編が動き出すようなので、もう1つの夜桜家の誰かの登場を心待ちにしています。

夜桜さんちの大作戦のネタバレ・解説一覧