夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦 ネタバレ95話 | 最終試験官 夜桜凶一郎!!

週刊少年ジャンプ2021年39号(8月30日発売)の『夜桜さんちの大作戦』第95話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回今回次回
第94話第95話第96話

前回94話のおさらい

  • 二刃が点てたお茶に隠された秘密を見破った太陽
  • 二刃は二次試験を突破しそうな太陽を見て、幼い頃の太陽を思い出す
  • 時を重ねるにつれて太陽は六美の支えとなった
  • 二刃は太陽が夜桜を照らす存在だと感じている
  • 二次試験突破
  • 最終試験会場へと進む

夜桜さんちの大作戦95話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦95話|最終試験内容

暗闇の中で最終試験官・夜桜凶一郎は優雅にお茶を飲んでいた。

最終試験は面接。
一次・二次を通過した逸材にこれ以上課すことはなく、あとは軽い質問と対話で十分だと受験者に伝える。
凶一郎のティータイムが終われば面接終了。

凶一郎が仕掛けた「糸モールス」で各々に直接語りかけることが可能なようです。
どうやら個人情報保護のため糸モールスにしているらしい。

夜桜さんちの大作戦95話|外道な最終試験官

最終試験まで難なく通過してきた宇佐が「どうしてウチが…毛糸のパンツ(ウサギ柄)履いてるって知って…!?」と言いながら落下する。

糸モールスは心拍の同様でほつれてしまうほどに脆(もろ)い。
凶一郎は一流のスパイたるもの多少の言葉で動揺しないと語り、隠したい秘密や忘れたい過去を問いかけ、多くの受験者は落下してしまう。

凶一郎は「羞恥や恐怖の叫びは茶によく合う 至福だ」と満足そうな表情でティータイムを楽しんでいた。
まさに外道。

夜桜さんちの大作戦95話|太陽への質問

太陽がどんな質問をされるのかと怯えていたら、凶一郎から「なぜ夜桜つぼみを信じる?」と問われる。
その質問に動揺した太陽は落下しかける。

凶一郎は太陽につぼみが干渉していることも、太陽がつぼみを利用しようとしていることも気づいていた。
そして太陽が挑める相手ではないと忠告をする。

太陽は凶一郎の忠告に対して、六美をつけ狙う”何か”を暴くチャンスなんだと訴えかける。
それに対して凶一郎は「死すら許されず全ての情報を搾り取られたら?」と問いかける。

太陽は凶一郎の問いかけに対して「その時は凶一郎兄さんが手を下してください 兄さんの糸なら喜んで受け入れます 六美を想う気持ちは同じはずです…!」と覚悟を決めた表情で伝える。

太陽の答えに対して凶一郎は「論外だ お前は弱すぎる」と一蹴する。
そして太陽に「お前は六美を守るためにその作戦を考えたのだろうがお前”達”を守っているのはこの俺だ 弱者であるお前が合格することは決してない」ことを肝に銘じるように伝える。

夜桜さんちの大作戦95話|太陽vs凶一郎

凶一郎の残酷な忠告に動揺した太陽は落下しそうになった瞬間、意を決して「迅雷」を凶一郎に放つ。
凶一郎は涼しい顔をしながら「霧繭」で迅雷を防ぐ。

凶一郎は「試験を放棄する気か?」と太陽に問いかける。
太陽は下の池に落ちなければいいのなら凶一郎の座っている椅子を奪ってもいいってことですよね?と攻撃を仕掛けた意図を伝える。

太陽は「幕電」で残った糸を静電気で集め、それを伝って生き延びる。

その様子を別室で見ていた二刃は「家族なんだ 遠慮なくぶつかり合えばいい 太陽と六美が結婚した時のように さあ兄弟ゲンカの始まりだ」とつぶやく。

96話へ続く

夜桜さんちの大作戦95話ネタバレ考察

夜桜さんちの大作戦95話の考察・感想|納得の最終試験内容

スパイ試験の要点は「心・技・体」の3つ。
一次の辛三が「体」で、二次の二刃が「技」なので凶一郎は「心」となります。

そして今回の95話で最終試験内容が面接であることが明かされました。
凶一郎がも語っていましたが、技と体を通過した優秀な受験者には面接で十分だと思います。

糸モールスを使うことで周りを気にすることなく面接できるので話もスムーズに進みます。
受験者の羞恥や恐怖の叫びを聞きながらお茶を楽しめる凶一郎は最高に外道だと思い、笑ってしまいました。

夜桜さんちの大作戦95話の考察・感想|長男の覚悟

今回特に印象に残ったのは凶一郎と太陽の面接です。

太陽が銀級試験を受けにきた理由や六美に対する想いを知ったうえで「お前”達”を守っているのはこの俺だ 弱者であるお前が合格することは決してない」と伝える凶一郎のセリフと表情がとても印象に残りました。
冷たいように思えるかもしれませんが、この発言から長男としての覚悟を感じました。

夜桜さんちの大作戦95話の考察・感想|最終試験の突破口は…?

ここからは最終試験の突破口はあるのか考えてみたいと思います。
今の太陽では凶一郎と1対1で戦っても勝てないと思います。
やはり鍵となるのは「心」。

太陽は面接の中で「敵の懐に入り、失敗した時は凶一郎兄さんが手をくだしてください」と答えていました。
それを聞いた凶一郎は「論外だ お前は弱すぎる」と一蹴。

太陽は自分の命をぞんざいに扱っているような気がしました。
凶一郎は最終試験を通して”生きようとする意思”を太陽に伝え、それが伝わった時に最終試験の突破口が見えてきそうな気がします。

夜桜さんちの大作戦95話ネタバレまとめ

最新話速報として夜桜さんちの大作戦95話のネタバレを紹介してきました。

夜桜さんちの大作戦95話では、最終試験が開幕しました。

最終試験の内容は面接。

太陽と凶一郎のどちらの意見も正しい。だからこそ太陽は凶一郎を乗り越えるしかない。

今後の夜桜さんちの大作戦の展開も気になりますね。

以上「夜桜さんちの大作戦 最新話ネタバレ95話! 最終試験官 夜桜凶一郎!!」と題してお届けしました。

夜桜さんちの大作戦のネタバレ・解説一覧