夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦 ネタバレ98話 | 辛三と殺香を尾行する弟たちと辛三の深い愛!

週刊少年ジャンプ2021年42号(9月19日発売)の『夜桜さんちの大作戦』第98話!
この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

この記事は、ネタバレが含まれている可能性があります。アニメや単行本で『ブラッククローバー』読んでいる方はご注意ください!

前回 今回 次回
第97話 第98話 第99話

前97話のおさらい

  • 太陽が取り込んだつぼみの血が呼び覚まされ「万花繚乱」が発動される
  • ”天照 乱”が繰り出され凶一郎の女神の巣の一部が破られる
  • そこで凶一郎のティータイムが終わった為太陽は銀級試験を合格となった

夜桜さんちの大作戦98話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦98話|辛三と殺香の外出

「オイあいつ…仕入れにでも来たか」
「武器を前に息を荒げてやがる、殺しの妄想で興奮しているらしい」
「あれが夜桜家の戦闘狂夜桜辛三…!」
武器屋で銃を見ている辛三の周りがざわめいています。
「辛三兄さん今日も絶好調に誤解されてる…」
双眼鏡を覗きながらそう言う太陽の隣では女子(殺香)といるだけでそんなにテンパるかと嫌五が笑い崩れており、更にその隣の七悪が笑いすぎだと突っ込んでいます。
ことの始まりは数時間前に辛三が改めて太陽の銀級合格を祝って、欠けた八重を直しがてら改良するから材料を買ってくると告げた事でした。
買い出しの手伝いを申し出る太陽に、これから行く「血飛沫商店街」はガラが悪いから多分死んじゃうのでそれは駄目だと辛三は断りました。
「その通りですわ太陽様」
そう現れた殺香は行き慣れている為、針のメンテナンスがてらお一人様セール等の人手として同行すると言い辛三と殺香を太陽は見送りました。
その瞬間太陽の服のフードを後ろに引いた嫌五は俺達も行くぞと尾行がバレにくいように縮んだ七悪と共に太陽に言います。
駄目だよたった今来るなって言われたと太陽が慌てますがバレなきゃ平気、面白いものが見れるぞと嫌五が言いました。

夜桜さんちの大作戦98話|パニック

「知っての通り兄貴は内気でヘタレだ、家族以外とはろくに話せないし外にも出たがらない」
「そんな兄貴が家族以外…しかもメイド(殺香)とはいえ異性と外出(デート)なんて大事件だ。多分今頃慣れない現状にやっと気づいて大パニックだ」
そう嫌五が言った通り、せっかくのセール買いまくりましょうとノリノリの殺香と対照的に辛三は銃を抱いて冷や汗をかき震えています。
買い物の間だけでもやり過ごせればと言った太陽に対して嫌五は
「いやもう限界だ、見ろ銃に夢中なフリして会話になるのを防いでる。家だと家族の延長で平気だったけど外で2人っきりはまだ無理って事だな」
と言っており、この毒玉付き針もステキと便利と思わないかと殺香に聞かれた辛三はハンドサインで「めっちゃイイネ似合ってる」と伝えます。その様子を見てかわいそうだから助けてやろうと嫌五は七悪の名前を呼びました。
”柔風”
七悪が出した風を浴びた辛三はこれでかなりリラックスできるはずだと嫌五は言います。
殺香に名前を呼ばれた辛三は我に帰り「えっ⁉︎あー うん良いと思う!ただ…」と続けた後にペラペラと武器についてとめどなく話し出します。
ウンチクを止めなきゃなと嫌五にビリビリってやれと言われた太陽は内心で辛三に謝りながら”梅雨止め”マヒ弾を打ちました。
なんだかわかってはいませんが辛三のウンチクは止まり、この調子で補助しつつテンパる兄貴を楽しもうと言っている嫌五の隣で七悪があっ…!と声をあげました。
「1円単位割り勘・超厚クーポン・バリバリサイフ‼︎」
「トリプルコンボだ‼︎」
と「1000€だから…一人当たり64831円くらいか、たしか50円引きクーポンが…」そう言いながらベリベリと財布を開く辛三を見て2人は盛り上がっています。
「あっ⁉︎でもあのさいふ10年前僕があげたプレゼント‼︎」
ですが七悪がサイフに気づき良いお兄ちゃん!よし不問(セーフ)!と盛り上がります。
その後も因縁をつけられたが話し合いで解決したかったらしい辛三を守って殺香が男達を針で熨したり、服を試着した殺香に似合うかと聞かれて「そうだな合金繊維で弾にも強い…」と褒める所がずれていたり、人混みがすごいためはぐれそうだと殺香に手を貸すように言い手を繋ぐのかと思いきや肩につかまらせて自分が走ったりと珍道中が続きました。

夜桜さんちの大作戦98話|辛三の愛

買い物を終えカフェに入り、お礼を言う辛三と自分も楽しかったと答える殺香の元にウエイトレスに変装した嫌五が
「お待たせいたしました、辛三様よりサプライズの”お憑かれ様パフェ返り血スペシャル”です!」
と特大のパフェを運びました。
「せっかくのデートだしこれくらいしても良いだろ」
そう嫌五は言いますが、そう言いつつ反応見て楽しみたいだけでしょと七悪に突っ込まれています。
「多分店員さんが間違ったんだ、俺こんな気の利いたことできないし」
「今日だってダメダメで度胸もないし、常識も…今日はこんな俺に付き合ってくれてありがとう」
そう言った辛三にそんなことありませんわと殺香が返します。
「辛三様が内向的なのは存じております、だからこそ太陽様六美様のために行動される様は尊い」
「殺香は太陽様と六美様に心酔して夜桜家に来ました、ゆえに辛三様のお二方への純粋な愛の力強さと深さがわかります。辛三様の愛は殺香のお墨付きです、自信をお持ちください」
辛三が殺香のその言葉にお礼を言い、それを見ながら嫌五が「なんかイイ感じじゃん?やっぱ俺のナイスアシストのおかげか」と言っていると辛三の姿が席からふっと消えました。
そして隠れていた3人の背後に立った辛三は
「…俺の愛にもっと自信を持っていいって…だから…お前達にも遠慮せず伝えようと思う」
と言い、3人の顔には汗が浮かびはじめます。
「薄々気配は感じてた、危ないから来ちゃダメって言ったのに唆かす方もそれに乗る方も良くないと思う。だから…」
辛三がそう続けている途中で「ごめんなさい辛三兄ちゃん、軽いノリで嫌がる太陽兄ちゃんを軽いノリで商店街に連れて来ました。主犯は僕と嫌五兄ちゃんです」と七悪が一言一句正確に告白し、3人とも正座をしていますが辛三は据わった目で
「皆が俺を思いやってくれたように俺も誠心誠意応えるよ、罰(愛)で」
と武器を握り締めます。
その夜、怖いから一緒に寝たいと二刃に3人が縋り付いているのを見てやり過ぎたかなと少し反省した辛三でした。

99話へ続く

夜桜さんちの大作戦98話ネタバレ考察

夜桜さんちの大作戦98話の考察・感想|愛

相変わらずヤバイ奴だと誤解されるが実はダメダメな辛三の回でした。
自信のない辛三に対してかけた殺香の言葉がとても素敵だなと思いましたが、やはり夜桜家の”愛”は凶一郎だけではなく皆やばいんだなと思いました。
試験の時も思いましたが、普段の優しい辛三とスイッチの入った辛三のギャップが天と地の差すぎてハラハラします。

夜桜さんちの大作戦99話予想|スパイデー

試験終了の際に宇佐が凶一郎と太陽の様子を離れた場所から写真に収め「予定通りおさえました」と言っていたことから、またしてもスパイデーに太陽か夜桜家のことが有る事無い事書かれるのではないかと予想されます。
皮下との接触を疑われていた所だけが気がかりですが、そこはスパイデーではなく宇佐単体で太陽に確かめにくるのではないかなと思います。

夜桜さんちの大作戦98話ネタバレまとめ

辛三と殺香のデート回というよりは珍道中回なお話でした。
人見知りでビビりだったり少しずれていたりしますが、七悪が10年前にあげた財布を使っていたり優しい兄な辛三と辛三の愛を肯定する殺香の2人の良い所が詰め込まれていました。3人があんなに震えるほどの辛三の”愛”もまた怖いなと思いました。

以上「夜桜さんちの大作戦 ネタバレ98話!辛三と殺香を尾行する弟たちと辛三の深い愛!」と題してお届けしました。

夜桜さんちの大作戦のネタバレ・解説一覧

10巻
80話 81話 82話 83話 84話
85話 86話 87話 88話
11巻
89話 90話 91話 92話 93話
94話 95話 96話 97話 98話
12巻
99話 100話 101話 102話